スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日歯連事件から

村岡に無罪「元事務局長の証言信用できぬ」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=19239&media_id=9

なぜか敬体で読みにくいけど、日歯連事件をまとめた過去日記。
http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-404.html
http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-403.html
http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-402.html
あんまりまとまってないな。

結局日歯が馬鹿だったんだろうな。
日歯の会長も事件後2人目。
今度の会長はこれまでとはちょっと異色らしいから少し期待している。
歯科医師会が元々まともな組織なら俺も苦労して官僚とか目指す必要はないんだけどなぁ。
少なくとも現状でいい方向に進んでなどいないんだから、歯科医師会はもっと独自に勉強して人材を育成することを考えろよ、と思う。

いくら医師会の真似してシンクタンクつくっても、それは所詮ただのハコであって中身が伴わなきゃ何にもならない。
とりあえず今は中身となる人材が医科にはいても歯科にはいないんだから、その育成を考えることの方が重要ではないかと思う。
ところが前に見たシンクタンク構想では、大部分を大学の社会歯科学の助手レベルの人間で構成するとあった。
それじゃ歯科の分野内で人材の付け替えをしてるだけだろ、と。

なぜ歯科がここまで軽視されてるかといったら、別にシンクタンクがなかったからでも、会長が馬鹿だったからでもなく、歯科が圧倒的に孤立しているからと思う。人材の面でも学問の面でも。
孤立してるから自分達がどれだけ時代遅れで馬鹿なのかわかってない。
歯科に必要なのは橋渡しをする人間。


あー、頭痛い。
新しい会長に期待します。
スポンサーサイト

あれれ

インターンは順調でございます。
現場を知るってのはやっぱいいね。

ただ、今かなり混乱中。
というのも昨日約4年ぶりの友達と2年ぶりくらいの友達と時々遊ぶ友達と遊んでたせいで生活リズムがくるってしまった。

どこで寝たのかどこが起きてたのかよくわからないまま、朝を向かえ、すぐにインターンに出発。
んで昼に用事があったのでちょっと抜けさせてもらって家に帰って、少し時間があったので仮眠。
んでさめてすぐに永田町にもどり、そこから7:30くらいまでインターン。終了後、突然わけがわからなくなった。

というのも昨日今日と起きてる時間と寝てる時間の境目が相当あやふやで、寝ている時間に見た夢がまた永田町関連の夢だったから、なんかすべて混乱してわけがわからなくなった。


あー、気分悪い。
まぁ一眠りしっかり寝れば元に戻ってるだろうけど、今はとりあえずわけがわからない。

環境を変えすぎたんだろうなぁ。
インターン始めて生活が変わって、そこにさらにめちゃ久しぶりの友達と会ってたっぷり遊んで、寝ているのか起きてるのかわからないまま朝をむかえて、またインターンに行って、帰って仮眠とったら永田町の夢みて、起きてまたインターンに戻って、終わったところでふと気分が悪くなり「あれ、俺って何してんだろ」状態になった。

とりあえず熟睡することが必要だな。
経験的にしっかり寝れば直るんだけど、気分悪いなぁ。



あああああ

フル回転

一日フル回転だった。
10月とかはいろいろ重なるからフル回転になることあるけど、最近はごぶさただったので結構疲れた。

内容を書いて思わぬところで誰かに不利益を与えるのは嫌なので内容は書かないけど、今日の行動。中身で学んだことは自分で咀嚼して理解して自分の意見にしてからまた今度書きます。

まず8:00から厚生労働部門会議、終わってすぐに税制調査会勉強会、それが終わって11:00からは医療制度改革チームの勉強会、それが12:30に終わって午前中が終わり。
もちろん会議室の隅っこで議員が議論したり勉強したりするのを聞いてるだけなんだけど、それまでの過程とかは全く知らないからもらった資料を読んで議員が言ってることを理解するのでいっぱいいっぱいだった。

その後一旦家に帰り、つかの間の休息の後、平井にある教習所にいって学科と技能一つずつ消化して、またすぐに永田町に戻った。

その後は事務所で軽く雑用やった後にライブドア問題関連から出発した金融サービス市場の改革についての会議に出させてもらった。
これは議員だけでなくて、立教の教授をはじめマスコミ各社とか銀行の人とかいろいろ参加して、いろいろと意見交換をしてた。
それが9:30すぎくらいに終わって今さっき帰ってきたとこ。

明日はまた会議とかに出させてもらおうかなって思ってるから今日の分の資料とかよく読んで理解しておきたいけど、正直気力が残ってないや。


時間とお金がほしいなぁ。遊ぶためじゃなくて勉強のためにね。

とりあえず疲れをためちゃだめだと思うからさっさと寝ることにする。

永田町インターン

今日から参議院議員桜井充議員の元でインターンとして勉強させてもらうことになった。

桜井充は医科歯科出身の医師で民主党の議員。
政策は多岐にわたってて、その一つに歯科医療が含まれている。
歯科医療に関するブックレットがあったので取り寄せてみると、本当に歯科に関して詳しくて、実際に歯科医療を変えるために効果的な方法を用いて働いていることがわかって、この人のところで勉強しようと思っていた。

目的は机上の勉強では知ることの出来ない実際の現場を知ること。
現状の社会の調査・分析方法や政策立案方法、そしてそこにどのような過程があり力関係があるのか、を勉強しようと思う。

今日早速いろいろ見させてもらった。
とりあえず初めてってことで桜井さんの政策秘書さんに国会内も案内してもらった。
議院運営委員会理事会室とか参議院副議長室とか本会議場とか中央広間の柱のアンモナイトとかいろいろ。昼飯は議事堂内の食堂で、国会と議員会館を結ぶ地下道も通った。
仕事内容も簡単に教えてもらった。
早速明日から会議にも出させてもらう予定。めちゃ楽しみ。

確実にいろんなところから知識と経験を得て将来に活かせるよう時間を積み重ねていきたいと思う。

もしかして

俺ってすごいんちゃう?って思った瞬間。

麺通団のダシの味が変わってることに気付いた時。

麺通団通を名乗らせていただきます。
なんて限定的な。


今日は朝飯のイカ墨スパゲッティがおいしかったので二日分勉強しました。しかも探してた本が新宿の紀伊国屋であっさり見つかってちょっと気分がいいです。
ただ読みたい本が多すぎて多すぎるので、もっと時間と気力が欲しいもんです。
小説とかならまだしも、さすがに密度の濃い本が多いので長時間集中力を持続させるのが難しい。

あぁ、本を買ったら自動的にその本の知識が頭に流れてくれればどんなに素敵だろうと思うよ。


明日はちょっと楽しみな日。

なんてこった


チ ャ リ が ぶ っ 壊 れ た 。

ほぼ毎日乗ってるといっても過言ではない俺の愛車の後輪を支える部分のシャフトの溶接が破断した。(のが多い)
一年の頃に長く使おうと思ってかったプジョーのチャリ、結局2年と1ヵ月の命でした・・・。

つい2週間前に後輪交換するのに8000円使ったばっかりやったのに・・・。

俺の行動力の半分はチャリでできてるのでめちゃめちゃショックです。泣きたいわ。

しかも今は財政状況がいっぱいいっぱいやから新しいやつ買えんが。


あ~~

No Name Horses !! at BLUE NOTE TOKYO

めちゃめちゃ最高!!!!!!!!
ホンマすごかった。
あれはヤバイ。

たぶんjazzが好きとかきらいとか関係なく誰もが感動できるステージやったと思う。
テンション上がりすぎて、ライブ中なんど叫びそうになったことか。

はぁ、幸せやぁ~~。

極上の音楽を聴いて、終わったら地上に出て余韻を楽しんで、ゆっくり家に帰ってきました。


小曽根さんをblue noteで聞くのはもう5回目。
これからも毎年聞きに行くんだろうな、と思います。

で先のスケジュールを見ると5月末にMichel Camiloがくるやないの!!!!
即予約しました。
んで今見たらその次の週にGary Burtonがfeaturing Pat Methenyで演るやないの!!!!ドラムはAntonio Sanchez。
さすがに2週連続で予約できるかはわからんけど絶対行きたいなぁ。
やばい、金ためとかな!!!

東京帰ってきました

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=16746&media_id=2

で、結局言うんかい!
本気で辞めて欲しいよ。

今日はBLUE NOTE行ってきます。
楽しみ~。

高高吹奏注目

http://mixi.jp/view_community.pl?id=741212

高高吹奏のコミュが誕生してます。
代と名前と楽器書いて申請だしてくれたら参加できるんやって。
参加してナー。

高高定演

昨日は母校高高の吹奏楽部の第31回定期演奏会でした。
50周年という節目もあり、今回は一応香川県で一番大きなホールでした。

中2のころから見てて、今年卒後4年目やから、もう9回連続で見てることになる。
今年は念願の客席で演奏を聞くことができました。
というのも高一高二は演奏者やったし、高三から去年まではずっと裏方やってたから客席で聞いたのはまだ3回目。

今年の感想。
演奏会の演出は毎年こってるものになってて、今年もいろんな新しいことをしたたんやけど、ぶっちゃけ演奏レベルは下がってたな、と。
特にperは悲しくなってしまいました。
頼むからperの人間が裏打ちをまともに叩けないなんて勘弁してくれと。正直教えようがない。直すには地道な練習の積み重ねしかないし。
ま、他にもいろいろ気づいたことはあったけどそれは直接本人らに言うことにします。

で定演終了後、撤収の手伝いをしてOB会、OB会2次会へ。
この2次会では毎年バーでセッション大会が開かれてます。
OBにはプロもいるから、普段はお金はらわなきゃ聞けない音もすぐそばで聞ける最高の場です。なによりその場にいる人間全員が音楽と楽器で繋がってるってのはすばらしいことやと思います。
今年はドラムがなかったのでずっと聞き役だったのがちょっと残念。

その後2次会がおわったらネオとしげると一緒にぶらぶらしながら白木屋へ。
まぁ思い出話から恋愛話までいろいろと話しました。

んで白木屋閉店時間で追い出され少し歩いたあと解散。
家帰って日記書いて即寝ました。

今日は定年になる先生のもとに行こうかと思ってたんだけど、一緒に行く予定だったサゴがいけなくなり、雨も降ってたのでひたすら寝てました。

6時くらいにおきて軽く食べてまた寝て11時ごろ再び目覚めたんで今日は18時間くらい寝てることになるな。

せっかくいい生活リズムだったのにパーだわ。

今帰ってきた

うはぁ。

とりあえず眠いぞ。
どうしようもなく眠いので素直に寝ます。

かー

UDON・udn

口直しに普通の話題。


「踊る大捜査線 THE MOVIE2」で日本の実写映画の興収記録を打ち立てたフジテレビの亀山千広プロデューサー(49)と本広克行監督(40)の“最強コンビ”の最新作が13日、明らかになった。タイトルは「UDON」で、監督の故郷、香川の県民食「うどん」がテーマ。「交渉人 真下正義」のユースケ・サンタマリア(35)が主演する。亀山氏は「観終わった後『うどん食いてーっ』と言わせます!!」と“あつあつ”だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060314-00000033-sanspo-ent


これは!!!
超楽しみ。
全国の人にさぬきうどんの味を知って欲しいなぁ。

今日もうどん食ってきます。
そして今日は定期演奏会本番の日。
楽しみ~。その後のOB会も楽しみ~。

危なっかし医

ノートパソコンを使えないせいで、勉強は全くノータッチで毎日のんびり好きなよーに過ごしてます。

そんで暇なんでいろいろmixiのコミュニティとか見てみると、まぁ世の中いろんな人がいるもんです。

とりあえず心境に変化を与えたのは歯学部コミュ。
そこに「夢および野望」というコミュニティがあるんだけど、なんかそれみてると、歯科医療を良くするとか、歯科の役割を主張するとかのために頑張るのが馬鹿らしくなってきたりします。

「歯医者になること自体に興味はない」とか「免許とれたら学会には絶対行かない」とか、とりあえず大部分の人はデフォルトで儲けることが野望に含まれているらしく、歯科医療以外のところで俗に言うセレブな生活を夢見ている方が多い。
そりゃそこに書いてる人個人について俺は何も知らないわけだし、儲けたいと思うことが直接悪いとは思わない。俺だってお金は欲しい。
でも書き込みを読んでると、書いた人達は本当に自分のことしか考えていないような気がして恐ろしい。

医療は政府により免許や保険で保護されてる。
なぜかというと、医療の質の低下は直接的にも間接的にも国民に不利益をもたらすから。
そのために免許制度をつくり、一定の人に医療の一部である「歯科医療」が任されている。その人達に望まれることは「国民の歯科保健の向上」に寄与することだと思う。
儲け重視がなぜ危なっかしいのかというと、医療行為の構造のためだと思う。
(広い意味で)医者は患者の身体をあずかり、その身体を操作することによって報酬を得ている。特に歯科医療の場合はより侵襲的な外科治療が中心であり、誤った治療は身体に害を及ぼすことに結びつきやすい。
さらに医療では医者患者間に「情報の非対称」が存在する。
どういうことかというと、普段の生活において自分に害を与えそうなものに対しては「常識」が働き、害を未然に防ぐことができる。
しかし医療においては患者にはその常識がない。それは専門的知識において歯科医師優越状態にあるということ。
だから医師に最もらしいことを言われれば、患者は医者を信じ、お金を払い、体をあずけてしまう。

もし、医者が儲けようと思い、患者より自分を優先してしまったらそれこそ悲惨。無駄な治療、間違った治療、治療とはいえない治療が発生することになる。それは患者の生を傷つけている。医の倫理が重いのはそれが生の重さ、命の重さと同等だからだ。
現実には治療にきた患者を恫喝する歯医者や、根拠の全くない高価な治療法を行う歯医者、説明もせず同意もなく勝手に削る歯医者などはざらにいる。
そういう歯医者にかぎり、大きく儲けて自分のことを成功者と自負していたりする。


そういう人間や、そういう人間になる危険性をもった予備軍を見ると、'本当に'自分のやる気を削がれる。
そういう人間がはびこる社会だからこそ、ここに飛び込んできたんだけど、でもやっぱりそういう人間のために自分を犠牲にする困難な道より自分に現実的に利益をもたらす楽な道もあるわけだから困難な道を放棄したくなる時もある。
そこにあるのは自己の尊厳による合理性。困難の中で自分の能力を生かすことが自分を活かし、自分を活かすことは結果的に最も満足に生きることに繋がるだろうという究極の合理判断。
だけどそれは究極だからこそ危なっかしい。
現実のもっとわかりやすい欲はいっぱいある。それに対する誘惑も常にある。だからこそ気力がいる。気力を削がれるのは俺にとって俺の進路にとって死活問題だ。

矛盾してるな。
気力を削がれる方向を望みつつそれを否定しようとしている。


あ~、爆発だ。
書ききれなくなったから終わり。

寒い

3月やのに最低0℃てどういうことやねん!
いいかげん暖こうなってほしいなぁ。

とりあえず夢日記。

なんかとりあえず突撃してた。
銃撃戦やったんやけど、相手は弾当たっても倒れんし、ミサイルぶっ放してもふっとばんし、で無敵だったので逃げた。
その次は落とし穴。
なんでもその落とし穴は暗号をとくと飛び込んでも落ちないらしい。
20文字くらいの暗号やったんやけど、その20文字の暗号それぞれに4文字の暗号が隠れとってやる気なくしたけんぼーっと次々と穴に落ちていく人を見てた。
あの落とし穴深かったなぁ~。
その次はどっかの家。
飯くれ~って言うたら風呂に入れられた。
わけがわからん。


久し振りに夢みたなぁ。
とりあえず快晴!
またうどん食ってきます。

日記

今日はいろいろと遊びました。

まずは机でひたすらリズムトレーニング。
その後、マラカスを極めようと思ってひたすらマラカスを振り、やっぱコンガでしょうと思い、手の感覚がなくなるまで叩き、ティンバレスがあるやん!と思い中学校の時に叩いてたリズムを叩いたりしてた。

まぁ挙動不審やったな、うん。

で合奏が始まってからは打楽器に片耳傾けながら本を読み、昼飯は森製麺。
ぜんぜん味かわってないなぁ。
可もなく不可もなく。まぁふつうにうまい系。

その後PA関係の分かる人がいなかったのでかるくPA関連の仕事をして先輩と後輩と語ってたら学校閉める時間になってしまった。

いいね、なんか楽やわ。

とりあえず昨日の日記


前の日記で書いたようにどたばたして乗車。
10:00発
10:30ごろ 順調に眠くなる

目が覚める。
4:00くらいかなぁと思って時計を見て0:20とあったので「なんで?」と思い、ショックを受ける。
最近眠りが浅いんよなぁ・・・。
場所としては浜松ちょっと手前あたり。

そっから外の景色見ながらいろんなこと考えてました。

・帰った後どこに食べにいこうかなぁ
もちろんうどんやというのが大前提。
・定演
今回は高校の吹奏楽の定期演奏会があるので帰省してます。
先日今年ステージマネージャーをする後輩から相談の電話みたいなのがあったのでいろいろと心配してみる。でも今年こそは客席で演奏を聞く予定。卒後4回目の定演やけどいつも裏方仕事をまかされてしまう。
・i-podのCM
Wynton Marsalisかっこええなぁ。
この人は正月に演奏したリンカーンセンターの芸術監督でもあります。
・雨
そういえば帰省する時に雨ふったことなかったなぁ、と。
都会の雨は嫌いやけど、川に降る雨はいつまでみても飽きません。
・戦国時代
列車から見える土地も昔は武将が群雄割拠してた土地なんだなぁ、と。それにしても今のように情報もなく、システムも整えられていなかった戦国時代にそれぞれの武将は指揮系統としてのラインと参謀組織としてのスタッフを整え、食糧武器弾薬の補給などのマネジメントと敵と戦の情報収集のマーケティングなどすべてやっていたと考えると、ものすごい能力の持ち主だったんだなぁなんて考えてた。
・3人
チームを作るのに3人はいろんな面で合理的だなという話。
マネジメントシステムのこと考えてた・
・電気エネルギー
おそらく現在使われている電気エネルギーの総和はすさまじいものなんだろうけど、発電所のエネルギー効率なんて50%を切るんだから、ものすごい規模のエネルギーが浪費されてるんだなぁ、と。
・目
最近悪くなった気がする。
・メトロ
地下鉄とか山手線とかの発車時刻表示ってぶっちゃけいらなくね?
・阪神大震災
このころには神戸を通ってた。
・宗教の構造
人間てよくわからないもので何のために生きているのかとか、そもそも自分たちの存在は何なのかとかを考えるのは完全に個人の思考できる範疇外だと思う。いくら考えたってわかるわけがない。だから人間は不安定であり、その不安定さに存在意義を見出すのが宗教だろうな、と。そこに自分を定義づけるわけだ。答えがないところに答えができるわけだからそれを支持する人も多いだろう。
宗教対宗教の争いはよく「神対悪魔」の争いではなく「神対神」の争いだから悲劇であるといわれるけど、まさにその通りで、そもそも答えのないものに対して答えの争いをしてしまうわけだ。
まさにその争いこそ答えはない。
なんてね。
・思考のはじまりと終わり
もし洞窟とかの壁画が人類最古の遺産なのだとしたら、そこが思考のはじまりだったんだろうなぁ、と。
自分たちが食料とするものを思い、再び食することに憧れてそれを記したんではないかなぁ、と考えた。
主に原始仏教の世界で思考の世界に入り世を捨てる人たちは、その思考が終わることをどこかに描いていたんじゃないかなと思った。


まぁいろいろと考えていたわけですよ。
そんなこんなで瀬戸大橋を渡り高松に到着。
結局ほとんど起きてたわ。

んでお目当てのうどんやに行くがまだ開いてなくて、近くにうまいうどんやがなかったのであきらめて家に帰った。
そこで軽く寝て、昼前に家を出発。
松家に行き食べる。写真は松家のうどん。

うますぎる・・・。
食べたことない人はこの麺の味とだしの味の強烈しゃわかんないだろうなぁ、とちょっと優越感に浸る。

その後学校に行き、吹奏楽へ。
民族楽器の製作を依頼されてそれを作って後輩と話して早めに帰宅。

その後すし食いにいってたらふく食べた。
はまちうまー!

んで家帰ったらさすがに眠くて一時間しないうちに寝ました。

あ~あ

もうボケとるわ、俺。

昨日はせっかくはよに準備したのに途中で財布を忘れとることに気づいて家に取りに帰ったら、結局発車時刻5分前やん。

んで家ついたと思ったら、myパソコンのプラグもって帰るんわすれとんに気づいた。

だめだめやん。


結構大事なメール出して返信まってたのにチェックできんやんけ。


とりあえずうどん食ってきます。

めんどくさがり

今日は念のため進級発表みにいってきました。
まぁ当然通ってたけど。
結局一年間で学校にいったのは2・3回だな。授業はうけてないし、レポートもだしてない。

理不尽なことを完全に納得することはできないけど、でもこの一年なくてはならないものになったことも事実。
複雑やなぁ。
でも春からようやく授業復帰か。
ちょっと楽しみ。


で、これからちょっと行動の仕方を変えようかなと思います。

基本的にはめんどくさがりなんでいつも時間ぎりぎりで行動してしまいます。もちろん他人との時間は別物なんで早めに行動するけど。
でもほんまに時間を逆算してぎりぎりで行動するんで、駅員が若者でいつもなら2分以内に買える切符を買うのに5分以上かかると教習所に遅刻するし、浜松町駅でポイント故障があり、モノレールが5分遅れると飛行機に乗り遅れたりします。

そりゃ待つだけの時間は減るけど、でもなんだかんだで結構損してるなと。


ということで22:00発の寝台列車に乗るのにもう準備を始めようかと思います。
普段なら御徒町まで10分東京駅まで7分とみて片道20分弱、準備に5分強とみて余裕をもっても21:20から準備するのが相場なのに超異例です。


明日の朝はうどんの国にいるはず。
うど~ん♪
あ、よだれ出てきた。

国会行ってきた

予算委員会を傍聴してきました。以下敬称略
初国会。
テレビでみるんそのまんまの部屋でした。
って当たり前か。
生小泉生与謝野生竹中生中川。あと生ヤジ。


今回なぜ行ったかというと、桜井充という国会議員が質問するというので、前々からこの先生には興味を持っていたので見に行ってきました。
民主党なんだけど俺の印象はすごく優秀な人。(別に民主党がどうとかいうつもりはありません)
なぜ興味をもったかというと、現在国会議員の中で最も歯科に興味をもってくれて活動しているからです。
ちなみに医師で大学の先輩に当たります。

まぁもちろん今回の質疑で歯科に関係することはなかったのだけど、ライブドアに関係した法改正の話から税制改正の話、有限責任中間法人の話といろいろと質問してました。

とりあえずこのへんについて詳しい知識はないのでそれを考察することはできませんでしたが、国会の空気を知ることができたし、傍聴が終わった後秘書さんとも軽く話したりしたので良い経験になりました。


とりあえず思い立ったらすぐに行動にうつせる東京ってやっぱ便利ですね。
わりとチャリでどこにでも行けるのも便利。

あと行動力の源にもなったうどん部文化にも感謝。

なんてか

寒いわ!!!

もう3月半ばやん!!

さて、明日はどうするか悩み中。

ff12おもしろそうやなぁ。
まぁもうちょっとゆとりが出てから買おうかと思う。

とりあえず教習所の期限が4月末なのだがまだ技能が10時限ほど残ってる。学科はまったくとってない。


めんどくさいんだよなぁ。

歯科医療を変えるために 3

とりあえずシリーズラストかな。

合理性論理性の話でいいたかったことは、いくら論理的で正当な主張でも、社会全体の、そして行政庁自身の合理性になじまなければ受け入れられることはあまりないだろうということ。

社会の中で一番有名な合理的システムといえば政治家-官僚-業界団体の「鉄の三角同盟」と言われているものだと思う。
業界は自分達の利益を守るために政治連盟をつくり政治家に献金したり圧力をかけたりする。政治家は活動資金を得るかわりにその業界のために議員連盟をつくり活動をする。官僚は円滑に行政を執行し、天下り先などを確保するためにこの二者に協力する。
これが三角同盟の基本形。

この関係により国のシステムを限られた少数によって管理することになる。
しかしこれは国民全体の利益を守らなければいけない、との観点から許されざることであるはず。
ではなぜこのような関係が存在しているのか。

それは合理的であることが必ずしも悪いことではないからだと思う。
牧歌的な少数の不変的社会ならまだしも、ここまで複雑化した社会だと、常に合理的なシステムを作ろうとしなければ社会自体がそのスピードについていけなくなってしまう。
その中でこの関係は合理的であり、社会に対するすばやい対応や適応を可能にさせている。
さらに特定の利益集団には、必ずカウンターパートとなる利益集団があり、その微妙な関係において社会が成立していることから極端に特定集団に対して傾かないようバランスが保たれている。


つまり、現在、あるシステムや構造があるのならば、それは必ず合理的な判断の積み重ねによってできているものであり、簡単に「間違っているから変える」ということはできないということ。

つまり、俺が「歯科医療を変える」には、現在の医療制度・歯科医療制度にどのような問題と解決策があるのかを考えるのはもちろんのこと、現在の問題点がどのような合理的判断によって作られてきたものであるかを知り、その合理性を上回る合理性を作るにはどうしなければならないかということを考えなければならない。

どんなにすばらしい着眼点と解決策を持っていても、現在の合理性を上回る合理性がなければ社会を動かすことは出来ない。

ある問題点に対しその問題点を発生させる黒幕がいるのならその部下を糾弾しても意味がない。現実では「黒幕」がいるようなわかりやすい構造をしていないからややこしい。

例をあげると、「現在の歯科医師は多すぎるから歯学部の定員は減らすべきだ。だから私立歯学部も分校はすべて閉鎖し、定員も減らそう」といっても、減らされる側の歯学部からしてみると私立だから国に何かを言われるいわれもないし、自分達が閉鎖するとOBの数が減り日本歯科医師会への影響力も薄くなるし、学費収入も少なくなるから、過剰ということがわかっていても分校の閉鎖なんかしないし定員も大きくは減らさない。

「現在の歯科の保険点数は不当に低いから点数をあげよう」といっても、その2(http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-300.html)で上げたように様々な点で点数を上げるような合理性が働かないようにできているので点数は上がらない。


歯科の抱える様々な問題に関して単純な解決策ではなく、複合多層的に合理性を含んだ本質的解決策を考えなければならない。

ただ一つ確かなことは、この解決策を考えるのには膨大な量と質の勉強と広い視野での綿密な分析が必要であり、俺はまだまだそんなことができる域には達していないということ。

今出来ることは「歯科医療」または広く「医療」という一つの社会を構成する様々なものを勉強し、問題点を構成した合理性を知るために現状を知ること。
あと現状を解決するための自分のキャリアプランニングもしなければならない。「歯科医療を変える道」なんてものは存在しないので自分で道を作らなければならない。



ふぅ。

とりあえずその1から3まで、一年を終えるにあたっての歯科に関しての分析や考えの総括でした。

全くやっかいな道を選んだもんだ。

合理性と論理性

いろいろ考えてたことをちょっと書く。

俺は論理的であることをすごく重要視してる。
なぜなら、論理的な思考プロセスを経ると情報のうち冗長部を排除し、本当に必要なことや正当なことなどがわかるから。

だけど、現実に常に論理的であることはできないし、あまりそうなりたくもない。
では普段どのような思考プロセスになっているのか。

どんな人でも普段は合理的判断の繰り返しの中で生きている。
これはそうあろうとしているのではなく、多くの場合無意識だと思う。
例えば、3日後に一つだけテストがあるという場合、そのテストに対し勉強するかしないかという判断において多くの人は勉強しないことを選択するんじゃないかなと思う。
あまり論理的思考には向かないけどあえてそれっぽく考えるなら、勉強しないよりした方がいいし、先に延ばす理由などないからするべきであるという答えがでてくる。

俺の場合、3日後のテストのために自由時間を削っての勉強という'苦痛'よりも自由時間を自分の好きなように使うことの方が良いと判断している、と思う。
で、その繰り返しの結果前日の夜や当日の早朝に後悔することになる。

この場合後悔するくらいならもっと前から勉強しろよ、ということになる。つまり見かけは合理的には見えない。だけど、その中では絶えず自分の中で選択肢を天秤にかけている。

この判断に影響を与えるのは単純に損得の問題もあるが、同じ条件ならすべての人がその通りに行動するわけでもなく、その日の気分などでも変わりやすい。
例えばそのテストに合格しなければ小学校からやり直しになるのなら勉強するだろうし、明日遠足ならば楽しみで勉強どころではないだろう。

合理的なことと論理的なことの違いは、まず論理的思考は習得しなければ使えないけど合理的思考は生まれた時から持っている。
また、論理性は普遍なもの(法則や規範など)が基準であり、物事のあるべき姿をとらえ、人的な不確かなものを排除する理想的性質にあるのに対し、合理性はその基準自体が不明確であり、その時々の価値判断や時間を越えた政治的判断にも影響される現実的性質をもつ。

もちろん合理的であり論理的でもあることはあるのだけれど、現実にはこの2つを満たすことはなかなかない。観察する立場に立ってみると、多く場合合理的ではあるが論理的ではなかったり論理的であっても合理的ではなかったりする。
実際には論理的選択肢を取る以上その中に合理的判断があったものと考える。


集団において、これはさらに複雑になり、個人としての論理的判断と合理的判断に加え、集団としての論理的判断、合理的判断が加わる。
ただ集団において、その集団が論理的ではあるが合理的ではないという選択肢をとることはほぼないといっていいんじゃないかと思う。

例えば行政の場合、理想である状態を目指しつつも常に現実との妥協点を模索しながら実現可能な政策をとっていく必要がある。ここで高いレベルの判断力と倫理が求められる。
例えば行政は特定の集団を不当に特別扱いしてはならないという規範がある。つまりこれが論理。
しかし特別扱いをすることによって、自分達の省の影響力が増し判断者の評価が上がったり、直接判断者自身の利益に跳ね返ってくる場合、その現実利益の衡量による合理的判断により不正を働いてしまったりする。


長くなったのでまた次回。
今日はゴッドファーザーパート?後編とパート?を見ました。
良かったです。

ちょっとばかり休憩だ

この一週間ほとんど勉強してない。

おそらく総括みたいなこと考えてたので気が緩んだんだろうな。
とりあえず一年間あせりのようなものがあってほとんど遊ばなかったのでちょっと休憩。


ということで何も考えずぼやぼや毎日過ごしてます。
GOD FATHERを三作とも借りてきて見てたりする。今はpart?の前編が終わったとこ。

んで日曜日はひらけんとふっきーと鍋をした。
とりあえず一番だしとだし醤油で味を調えたオーソドックスな鍋。うまかった。
そしてオールで桃鉄。ま、最後には二人は半分寝てたけど。

そういえばポーションも飲まねば。
ひたすらまずいらしいけど。

とうとうFFX?でるよなー。
当然買いたいけど、買うと何十時間もの時間がふっとぶからなぁ。そこまで余裕をもてる自信はない。


明日明後日は新入生の入学手続きの日。
jazz研の勧誘にいってきます。

一年間の総括

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=10192231&owner_id=271459
↑去年の誕生日の次の日に書いた日記。

まぁ去年の誕生日には今年がこうなることは全く予想してなかったんだけど、去年の誕生日に思ってたことを実行できたと思う。


今年は本当に激動の一年だった。
留年決定の時はとにかく理不尽なことに苦しんだ。
でもとにかく現実は現実であるし、やりたいことがあったので丸一年を与えられたことを歓迎する気持ちも少しあったので何とか4月までに気持ちを切り替えることができたのがまず一歩。
高校の定期演奏会の手伝いの中で大きな力をもらったことも大きかったと思う。

春はバイト漬け。麺通団と部活に体を使い、歯科についてもいろいろ情報収集してた。その中で医学系学生団体に参加したりもした。

夏からは思考の始まり。8月の学生団体のイベントに参加して他学部からの歯科の興味の薄さに失望しつつも、今出来ることと今後の目標の具体的方法について考えた。
そこで今ある問題のうち、解決のために出来ることは情報提供することにより患者の選択力を拡大することだと結論付け、その考えを進めてNPO法人計画に至った。まぁこの計画は現在でもまだいろいろな困難を抱えてるんだけど絶対に実現させたい。

秋は部活、NPO計画、勉強といろいろと重なって大変だった。
その中で将来の歯科を変えるための思考を深め、歯学部教授と話をして国?という選択肢ができた。
そして法律や政治学等を勉強をすすめるうちに、より歯科に対して巨視的に見ることができるようになった。

そして年末はNYへ行き一生で二度とないほどの経験をし、一月からは勉強に集中し、思考はだんだん収束へ向かい、今にいたる。
その収束してきた思考を書いてるのが「歯科医療を変えるために」って題の日記です。あとちょっと書く予定。


行動において常に先は見てない。今現在を少しでも理想に向かわせる努力してきたと思う。奇遇にも政策過程論でも同じ考え方があり、インクレメンタリズム(漸増主義)というらしい。

今年の初めには、この一年を留年で失った一年とするのではなく、留年しない場合よりも多くのものを吸収し、この一年が将来に大きく働くような一年にしようと思ってた。
その通りの一年になったと思う。
一年前と比べて外見は何も変わってないけど、自分自身は比べ物にならないくらい成長したと思う。
俺にとって高二の一年間とこの一年間は絶対に欠かすことのできないものになりそう。


あと、俺の中でこの「成功」にmixiというのは欠かせない。
どんどん流れる時間の中で、その日々に起こったことや考えたことを記すことで現在の自分の位置を把握することができた。
遠くにいる友達にも励まされた。
mixiに誘ってくださったよーすけ先輩、ありがとうございます。コメントくれた皆さんもありがとうございます。


とりあえずあまりに特殊な一年だったから総括してみたけど、少なくとも休憩所なんてものはないので、このまま得たものを力にしつつ、精一杯がんばりつづけていこうかと思う。

この先どうなるんだろう?
わかんないけど、とにかく今をより良くしていこうと思う。



どうも最近これ系の日記が多くてやだなぁ。ま、いいか。

誕生日ですたい

雨コンチキショー!!

ということで軽く過去の誕生日について調べてみます。

    天気 最高/最低    事件
2006年 雨  10/ 8
2005年 晴れ  9/ 0  くろしお鉄道事故
2004年 曇り  9/ 4  
2003年 晴れ 16/ 7  
2002年 曇り 15/ 6
2001年 曇り 12/ 3
2000年 晴れ 15/-1  神戸テレクラ放火事件
1999年 晴れ 17/ 6
1998年 快晴 13/ 2
1997年 曇り 13/ 1
1996年 晴れ 11/ 2
1995年 晴れ 10/ 2
1994年 晴れ 12/ 4
1993年 晴れ  8/ 1
1992年 曇り 11/ 6
1991年 晴れ 11/ 0
1990年 雨  10/ 8
1989年 晴れ 12/ 0
1988年    14/ 6
1987年     7/-1
1986年     7/-2
1985年     9/ 4
1984年    10/-2  俺誕生

晴11曇5雨2不明5 平均最高11℃ 最低3℃
あー、めんどくさかった。おそらくこれまでで雨は2回目。

3月2日生まれはミハイル・ゴルバチョフ、カレン・カーペンター、ボン・ジョビ、ヒース・ヒーリング、島崎和歌子、松本智津夫などなど。


まだまだ若造だな。
精進精進。

霞ヶ関ツアー

今日は人事院主催の国?法律・経済・行政職志望者の業務説明会に行ってきました。
俺がいってきたのはもちろん厚労省だけ。

5人くらいのグループにわかれて、割と若目の女の人(だけど係長)からその人の仕事内容とか聞いた後、省内の仕事場も見せてもらいました。
中には入れなかったけど政務官室とか大臣室も軽く案内してもらいました。

仕事場はもう本・書類の山ですごかったです。事務次官の机は比較にならないくらいすごい混沌とした状態らしい。
でもそれぞれの分野でその部屋が日本を動かしてると思うとなんかすげーと思いました。(陳腐な表現)

その後また別の人が担当になってまたいろいろと仕事内容を教えてくれました。
今度は質疑応答の時間が割りとあったのでいろいろと知りたいこと聞いてきました。


今は言葉にしないけど、なんかちょっと心に燃料入った気がする。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。