スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーあ、結局

徹夜。

生化学実習のレポート、今日が期限やったのにやり始めたのは午前0時。
我ながらもう、アホとしか言いようがないね。
トランスポーター見てしもた。
アメリカじゃない空気がなんかいいね。刑事さんがいい味だしてた。

はぁ。
正直3時間くらいで終わるかな、と思ってたんやけど、思いのほか時間かかってしもた。

てか今日の午前中テストやん。
まぁ全然たいしたことないやつやから大丈夫やろうけど。
それより午後も実習だから寝れん。
逆に考えると強制的に寝れない環境の方が自分にとってはいいんだろね。


生活リズム崩れすぎですから。
最近夜眠れんくてストレスたまり中。
ホルモンバランスが崩れたか、ただ疲れてないだけか。
とりあえず今日の夜ぐっすり眠れることだきゃあ間違いない。
スポンサーサイト

いつテ実s

ようやく一週間終わった。
てかありえんくらい忙しかったわ。

順番に書いていこうかなと。

まず先週の日曜は桜井議員の歯科ネットワークのお手伝い。
いわゆる政治資金パーティってやつです。
歯科医師会長は残念ながらきてなかったけど、前日本歯科医学会の会長が来賓できてたのでしっかり話を聞いてきた。

まぁ話の内容は桜井議員が日ごろ言ってることと同じだから新しく知ったことってのはあまりないんだけどね。


歯科医師会と歯科医学会は形の上では歯科医師会の下に歯科医学会があるんだけど、これまで研究的な内容は日本歯科医学会、臨床的な内容は日本歯科医師会という住み分けがあり、ほとんど独立した組織になっていた。
で、日本歯科医学会は研究者を中心として、社会の中の歯科医療というものから遠ざかっていき、日本歯科医師会は開業医のための組織となり、研究を遠ざかって診療報酬の点数が最大の目標となる組織になったんだろう。

自分でいろいろと調べてても思うんだけど、臨床の統計データが少ない。主張していることに対しての裏づけとなるデータがない。個人立の診療所が圧倒的に多いということが影響してるんだろう。でもそれを理由にするなら何のための歯科医師会かわからない。
これまで、厚生労働省は数字がないと動かない、と知りつつそのデータを集めることはあまりしなかった。「データは集めたけどほったらかし」なんてこともあったようだ。
中医協の場ですら自分達でデータを準備することがなかったと聞いてかなり驚いた。
で最近やっと中医協の場において中身のある主張をするための対策チームのようなものができたそうだ。遅いっつーの。


諸外国は歯科医師会というのは形の上でも内容においても歯科における物事を包括して取り扱う組織で、社会的なものから政研究的なものまで扱う組織であり、日本もそういう方向を目指すべきだ、ということを言っていた。

俺はそれじゃ足りないと思う。
歯科医療がどうあるべきか、を主点にして考えるのは歯科医師としてもちろん大事。だけど、歯科というのは人間の健康を司る医療の一部なんだから医療がどうあるべきか、ということを考えなければならないだろう。
現在で医師会と歯科医師会との間の交流はほとんどない。なんでも仲が良くないらしい。
だけど現在の社会制度を見ても、そもそも医療を考えるのであれば医科だ歯科だだなんていってられない。日本の医療がどうあるべきか、ということをお互いが知恵を持ち合って考えていかなければならないと思う。
てか、建前の患者の健康を考えるっていうのであればお互いに全く別々に活動してたらやりづらいだろうに。

でも正直歯科医師自分達の重要性に気付いてない部分があるってのと、医師から見て歯科ってのは「歯の工事」的なイメージがあってお互いに近づくってのは時間がかかるんだろうなぁと思う。


で、最近桜井議員が歯科についてかなり積極的に働いてて、俺が解決したい問題を全部解決しちゃうんじゃないかって心配してるんよね。
まぁそれにこしたことはないからいいんだけど。
最近疲れたまってます。

地球すごー

http://www.youtube.com/watch?v=3JHdYBet_4Q

なんかすごい感動!

今日はいろいろあったけど明日書こうかな、と。

ブルーテスト

ブルーノート行ってきた!
ミシェル・カミロのライブ。

なんていうか、やっぱりすごかった。
あの演奏を表すような言葉がないのがすごくもどかしいんだけど、とにかく目の前の音に酔いしれたよ。

んで来週は
ゲイリー・バートン(vib)
パット・メセニー(g)
スティーヴ・スワロー(b)
& アントニオ・サンチェス(ds)
めちゃくそ行きたい!!!最強やん!!!
ただし、やっぱり高い!!!チャージ13600円はないよ。

スチューデントナイトっての使うと半額だけど、立ち見だから使ったことはないんだけど、使うことになるかも。
サラダ食べたいし。


って今日はテストだった・・・。
昨日ライブ後テスト勉強するつもりだったのに寝てしまった。
早く学校いってやるしかないか・・・。

煙草グルタミン快

梅雨っぽくなってきたなぁ。

来週のテストのために多少あせって勉強してます。


で、全く関係ないけど、総合課題演習というもので煙草について調べたんで書こうかな、と。せっかくやからね。知識は広めた方がいい。


まず、たばことは。
ナス科の一年草だとかそういうのはおいといて、煙草の煙に含まれる主な有害物質はニコチンと一酸化炭素。
一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結合し心肺機能を弱め、ニコチンは中枢神経に作用し、中毒作用を引き起こす他、末梢において血管収縮作用を引き起こす。他にも4000を超える化学物質の中に43種類の発がん性物質が含まれていることがわかっている。


たばこの煙の健康に対する影響としては、大人に対しては肺がん、肺気腫、心疾患、喘息の誘発から目や喉、鼻の炎症等、子供に対しては、乳幼児突然死症候群から、ぜんそく、呼吸器疾患、中耳炎等、胎児に対しては未熟児、流産、死産等の疾患を引き起こす。
さらに、ビタミンC欠乏による体臭の発生や免疫機能の低下、胎児に対しては時期によって奇形や学習能力の低下など様々な影響がある。

歯科分野での影響は毛細血管が収縮することにより歯茎の免疫機能が低下し歯周病を誘発、歯や歯茎への着色、味覚の変化などがある。


喫煙は現在世界で2番目に大きな死の要因であり、毎年500万人の人がタバコによる害で死んでいる。現在の状態のままであれば2020年には毎年1000万人の死者が出るようになる。

喫煙は、労働者の生産性を下げ、生産人口を減らしたり、タバコが引き起こす病気の治療費から予防などの公衆衛生的なコストまであわせて世界で2000億ドルの経済損失があり、日本では4兆円の経済損失があると言われている。
最貧国では家庭消費の10%がタバコに使われており、それが栄養失調や識字率の低下などを招いている。


たばこに対する取り組みとして世界的に認められているのは
・タバコ広告の禁止
・タバコ税値上げ
・禁煙環境
・パッケージの変更
などがある。WHOは保健分野初の多国間条約としてFCTC(Framework Convention on Tobacco Control)を策定し、現在125カ国が締約している。日本は2004年に受諾(締約)。


ただ、日本は世界的にみるとたばこに対して寛容な方であり、たばこに係る経済的な負担は喫煙者ではなく国民に対してかかっているといえる。
これはたばこが日本の政策に使われたことに関係しているんだろうけど、これはまた別ん時に。


日本では今年度からニコチン依存症に対する治療が保険で認められるようになった。

ただし、これが認められているのは医師のみ。
歯科では
?あらゆる年齢層に接することができる
?定期的な歯科健診で繰り返し介入できる
?口腔保健指導と喫煙に関連があるので指導に介入を組み入れやすい
?実際に着色等の影響を患者自身が確認できるので動機の面で効果的である
?全身的症状が現れる前に介入することができる
等をあげて禁煙指導に歯科も加えるように主張している。


でちなみにこれはすごくミクロな話なんだけど、医学部歯学部において、諸外国の学生は教育課程を経るにしたがって喫煙者は減っていくんだけど、日本では増えていくんだってさ。
心当たりが何人も・・・。
まぁ、説得力はなくなるわな。



で、最後に。
たばこは本人の健康に対して影響を与えることは確かなんだけど、禁煙がQOLに与える効果というのは証明されていない。
要するに禁煙は「本人の健康」にはいいけど「本人」にとって良いかどうかはわからないってこと。
まぁ、どっちにしろ周囲にも悪影響を与えるものなんだから喫煙者に禁煙してほしいのは変わらないけどね。

ちなみに俺はタバコはすいません。

新聞鳥

今日は別な内容書くつもりだったけど、発見してしまったので変更。

以下yahooより。
どちらも元となった題材は同じです。


「小学校低学年の25%「お金が一番大切」」

 小学校低学年の4人に1人が「お金が一番大切」と考え、「お金持ちはかっこいい」と考えていることが、金融広報中央委員会(事務局・日本銀行)が17日公表した調査結果で分かった。
 調査は、全国の児童・生徒8万7447人を対象に初めて実施した。「お金が一番大切」との考えについては、中高生、小学生ではいずれも否定的な意見が多数派だったが、高校生の30・1%、中学生の26・6%、小学校低学年で25・2%がそれぞれ、「お金が大事」であると回答した。
 “ヒルズ族”などが話題になる中で、中高生の5人に1人は「お金持ちはかっこいい」と考えていることも分かった。
 そうした“あこがれ”を裏付けるように、「お金をたくさんためたい」と考えている割合は、小学校低学年で74・4%なのに対し、中学生は88・9%、高校生は90・4%と、学年が上がるほど高まっている。
(読売新聞)


<子どもお金調査>お金よりも大事なもの、8割が「ある」

 日銀などでつくる金融広報中央委員会が17日発表した「子どものくらしとお金に関する調査」で、「お金よりも大事なものがあるか」との問いに小中高校生の約8割が「そう思う」と答えた。「勝ち組」「ヒルズ族」などと、成功者がもてはやされる風潮が広まるが、同委は「子供の金銭意識は予想以上に堅実だ」と分析している。
 ライブドア事件を挟んだ昨年12月~今年3月、全国の小中高校506校、8万7447人を調査した。「お金持ちはかっこいい」との問いに「そう思う」と答えた割合は小学校低学年と高校生が2割強と、回答者の中で最も高かった。しかし、小学校高学年は同じ質問に約7割が「そう思わない」と答え、最も否定的だった。その一方で、中高生の6割以上は「お金をもうけられることはすばらしい」と答えた。
 また、1カ月の小遣いの額は、小学校高学年で平均1122円、中学生2738円、高校生5590円だった。【赤間清広】
(毎日新聞)


ネットの力ってすごいと思う。
ほんの10年前15年前くらいだったらこんなに簡単に比べることもできなかったしね。
もしイデオロギーだとか思想だとかに対する免疫のないままバイアスのかかった情報を浴びてたなら、自分にとって本当に必要な情報と判断というものを得られなかったかもしれない。

もちろんそんなのはほんのささいなもので、情報収集の容易さは本当に比べ物にならないだろうと思う。以前は本か知ってる人に聞くしかなかったんだもんなぁ。
そういうところで、一つ世代が違う人と比べれば若い時期に圧倒的に多くの情報を得ることが出来るわけだ。情報が行き交えばもちろん知識は増えるし、それに対する判断力も養われるはず。
環境的に圧倒的に高いポテンシャルを持ってるんだから、インターネットを使いながら育った世代はこれまでとはまた違った社会を築くんではないかと思う。
インターネットのある環境ということではなく、個々の人間の能力とか性向が変わるんではないかという意味。


政治意識論で、ジェネレーションギャップというものに「ライフサイクル変化」というものと「世代間変化」というものがある。
ライフサイクル変化とはいつの時代でも若いうちは宗教心が薄く、歳をとると敬虔な気持ちが強くなる、みたいにいつの時代でも同じようなパターンでジェネレーションギャップが表れるもののこと。1900年だろうが1950年だろうが2000年だろうが老人は「最近の若者は軟弱になった」というもののこと。
世代間変化とは思春期や青年期を特定の時代に過ごした人は、その意識の中にその時代の影響が思想の中に残るというもの。例えば、第二次世界大戦直後に思春期や青年期を過ごした世代には旧社会党支持が多かったらしい。ビートたけしによるとその時代に「左翼っぽいことを言うことが賢いという価値観があって少し歪んだ教育がなされていた」時代。

おそらく今の20代以下の人たちとそれ以上の人たちでは新たな世代間変化が生まれるのではないかと思う。

長いな。

ぴったり日々

うーん、部屋が荒れてるなぁ。
日々の学校と勉強以外の部分が疎かになってるなぁ。

とりあえず生活リズムが崩れてしまったのが苦痛でしょうがない。授業も居眠りしてしまうようになったり、学校が終わってから何もできなかったり。
やっぱ日々のリズムと勢いみたいなのがあるから一度崩れたら立て直すのが大変なんだよなぁ。


で、さっきTVタックル見た。
なんで韓国とか中国ってあんなに腹立つんだろう。
いや、わかりきってるんだけどさ。

とりあえず枡添議員は頭のいい人。
おかしなことを言ってるのを聞いたことがないし、発言内容もすごく的確でわかりやすい。
ちょっと頭にとどめています。


明日は火曜日です。

あほ俺

せっかく苦労して0時前に寝るようにしたのになんでこんな時間に起きてるのさ。
まったく。

明日明後日が心配だ。
くそったれめ。


最近季節が変わったのを感じる。
というのもまた湯島聖堂からあの香りが漂ってきてるから。
何の木のものなんかすごい気になって、一昨日初めて湯島聖堂に入ってみました。

孔子、でかっ!!!!


はい、結局雰囲気だけ愉しんで素通りしました。
やっぱ木々の中って気持ちいいね。


明日は勉強集中日。

熟睡工事

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=34619&media_id=4

実際のところがどうなんかは知らないけど、とりあえず相関関係があることと因果関係があることとは別なんよね。
以下、この記事の情報のみからちょっと想像。

天下りOBの親睦団体ってことは結構大きいんじゃないかな、と思う。さらに元官僚が再就職先として選ぶ会社はある程度以上の規模の会社だろう。さらにある程度経験のある分野を選びたいとも当然だろう。
何がいいたいか、というと官僚が国立大の工事を請け負う会社に天下りするのか、官僚が天下った会社が国立大の工事を請け負うのか、そもそも天下りと受注率に相関関係があるのかすらこのデータではわからないってこと。

実際のところがどうなのかは知らないけどね。
何か不自然であれば叩くべきだと思うけど、叩くのなら十分なデータを揃えろってこと。
最近の「天下り→悪」って考えには馴染めません。



さて、とうとう昨日ドリエル使ってみました。

熟睡!!

ええ感じやったわ。
でも今日一日集中力はUPした気がするけど、なんとなく体は脱力してた気がする。
とりあえず寝付けない人にはおすすめやわ。


今日学年混合セミナーとやらで来た講師は、なんとなくLEONとか読んでそうなおっちゃんでした。胸元に眼鏡かけてた。
あんな人も大学におるんや、とちょっと目鱗。

ま く ら

昨日(一昨日)とことん眠れなくて、ストレスが急激にたまってるのを感じたため、今日はロフトで新しい枕を買ってきた。
あと、どうしても生活リズムを元に戻したいからドリエルも買ってみた。
あまり必要ないとこで薬飲むのは嫌だけど、やっぱ気持ちいい日々を送るには多少はええよね、という妥協。


で、さんざん備えたにも関わらず、結局昨日は午後8時過ぎには自然就寝。で3時くらいに目が覚めた。


もうめちゃめちゃやな。
せっかく買った枕すら使ってないわ。
まぁ、久しぶりにしっかり寝れたからOK。

ん、今夢を見たことを思い出した。
どうやら遠い旅行に行くために宇宙船にのせられるらしい、ということと、あとひたすらグロいので自主規制する内容の夢。
勘弁やわ。

さて、今日はどうなることやら。

65点

ゴールデンウィークの点数。
生活リズムが狂ったのが大誤算だったわ。油断した。

ま、いいや。

5月はいろいろあるんで楽しみ。
あといつのまにか随分気温あがってきてるね。

ってか蚊にかまれた!!!!

さっそく蚊取り線香焚いてます。
べつに耳元で羽音をたてず、かまれても痒くないんならほっとくんだけど、そうじゃないからほっとけない。


明日から学校か。
これから夏休みまでは休みなしだっけ。
ふぅ。

海猿の命

あー、涙でそうやー。出んかったけど。
ええ映画やなぁ。

突っ込みどころはおいといて単純に愉しみました。


ふと考えると、命を救う仕事と命を賭ける仕事、どちらの方が仕事として覚悟がいるのかっつーと明らかに命を賭ける仕事だろうね。どちらの方が訓練を必要するのかといえば分野が違うとはいえ、かなり張ってるだろうな。で、どちらの方が世間に評価され、待遇がいいのかっつーと、火を見るより明らかに命を救う仕事なんだな。

なぜ?

命を救う仕事は人間の恒常的であり根本的な苦しみである病を取り除く。
命を賭ける仕事は緊急的であり一時的な危険を取り除く。

昔は勇敢な狩人は英雄であり発言力をもってたことを考えると、社会環境の変化というのがあるんだろうなぁ。
自分の利益に直接的にどのような影響を与えるのか、また、長い時間にどれだけの役割を果たすのかなんだろうな。

国際政治において冷戦時は防衛こそがハイ・ポリティックスであり、経済はロー・ポリティックスであったように。
危険が冷戦時ほど身近でなくなった現在では覇権国も自国の経済を守るために必死だ。

財という面で見れば、健康は自らの財、安全は公共の財。
健康は自分で得るものであり、安全は社会に与えられるもの。
自分との関係でいえば健康の方がはるかに近い。


うーん。
結局はやっぱ知識がものをいう社会ってことなんだろうな。

poor sleep

生活リズムずれ中。
朝になって眠くなって昼起きてる。
困る。
睡眠のスイッチとかあったら便利やのになぁ。


今日は亀田の日だったらしいです。
でも見たけど、相手に格下を選びすぎてて面白みは感じませんでした。あれはひどい。

で密度の薄い2時間を過ごして(晩飯作ったりしながらだったからいいけど)続いてpride。
これはかなり面白かった。
てかTBSとフジで演出のレベルが違うかったのも影響してるかもしれん。
そういえば筋肉落ちたなぁ。ちっとは鍛えるか。


今日は新玉で料理しました。
うまー!
辛みがなくて水分も多くてかなりおいしくできました。
当分は新玉を使った料理になりそうです。

chakuwiki

http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E9%A6%99%E5%B7%9D
なんか発見した。
めちゃおもろい。ほんまか!ていうのもあるけど面白いのでOK。


ちょっと前から新玉売ってるね。
料理欲も湧いてくるんやけど、キャベツが高い!!!
玉も小さくて汚いのに高い!!!
そんな料理のレパートリーもってるわけやないから困るわぁ。

最近中華料理屋で食う野菜炒めのうまさに気付き、野菜炒めにこってるんやけど、なかなかうまくならん。
やっぱ中華鍋の方がいいんやろうなぁ。
うーむ、シンプルな料理は難しい。

ええ天気やわ

ほんまに。

今日の昼飯はちょっと久しぶりに御徒町の讃岐うどん屋「かがり火」へ。

やっぱりうまー!

麺通団はどっちかっつーと高松っぽい味やけどかがり火は西讃の味。麺の形や味からだしの味まで違う。だけどどっちも讃岐うどん。どっちも東京にあるんが最高やわ。

んでその後上野の国立博物館へ。
お目当ては「最澄と天台の国宝」。

絵も好きやけど、仏像がかなり好きなんよ。
火の鳥でも「鳳凰編」が一番好きやし。
あと最澄といえば、香川県のエース空海のライバルやん。
これは行かないかん、と思っていってきました。


結果。
やっぱよかったです。
仏像も書も工芸品もいっぱいあってよかったです。
やっぱ芸術よなぁ。
表情から胴体にいたるまで完成品やもんなぁ。
人の表情とはちょっと違うくて、でもすごく迫力をもってるんだよなぁ。
ただ、今回は人が多すぎてゆっくり見れんかったんが残念やった。
上野公園も国立博物館もすごい人でした。


その後、なんだか調子がよかったのでサンマルクカフェでいつもの倍量勉強しました。

いまやってるのは主に財政学。
でいきなりIS-LM曲線とかでてきてわからなかったから経済学の勉強も始めました。
経済学ともなるとこれまでと全然違う。
かなり数学的な割合が高くなってくる感じ。
かなり幅も奥も深いと思うんで時間かけて少しずつ理解していこうかと思う。
とりあえず今は財政学がかなりおもしろく感じてるので当分は同時平行で勉強していきます。


充実~

国家の品格読んだ

前に「さおだけや・・・」を買って読んで後悔してからメジャーセールス系の新書から遠ざかってたんだけど買ってみた。

日本文化大好きな人間としてはなるほどと思う部分が多かった。というより考え方に一本筋が通っているので読んでて心地いい。

お茶を飲むのを茶道にして、花を生けるのは茶道で、字を書くのまで書道にしてしまう芸術的感性をもつ日本人。格闘技まで武道だ。
本当に美しいのは一週間もない桜を日本中に植え、季節の変わり目には自然を愉しむ。

いいねぇ。
「古池や 蛙飛び込む 水の音」
って外国の人は蛙の大群がドバドバ飛び込んでいるのを想像するらしい。初めてこれ読んだのは小学生の時だけど、ドバドバの発想は微塵もなかったことを考えると、やっぱ考え方がどっかに染み付いてんのかねぇ。


とりあえず考えさせられたのは教養をもったエリートになりたいなぁ、と思ったこと。誤解を恐れずに言うならね。
スペシャリストよりも専門的知識を持ったジェネラリストになりたい。
お金も欲しいけど、それ以上に学問と芸術を愉しむ人になりたい。
努力に裏づけされた自分を率直に評価して、誇りをもって生きたいと思う。


学校にも親が金持ちなことを自慢したがる人がいたりするけど、とりあえず「だからどうした」といいたくなる。
その人自身が何か特別なものを持ってないんならただの人だわ。


だいぶずれたけどこの本読んでみようかなと思った人はblogで買ってください。(宣伝)

国際政治の中身

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=31698&media_id=2

ちょっと前にも書いたダルフールの話題。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=122280220&owner_id=271459

そしてyahooニュースより

「スーダン避難民の食料配給、健康必要量の半分に」

 【ジュネーブ=渡辺覚】世界食糧計画(WFP)は1日、紛争が続くスーダン西部ダルフール地方で、避難民約300万人の食料配給量を半分に減らす非常措置に踏み切った。
 極度の資金不足に陥ったためで、WFPのモリス事務局長は「苦渋の決断」と強調、国際社会に改めて支援を呼びかけている。
 非常措置により、配給は「人間が健康な生活に最低限必要な量」とされる現行の1人当たり2100キロ・カロリーから、1050キロ・カロリーまで半減する。収穫期に入る9月までの約4か月間、措置を続ける見通しという。
 WFPは今年、スーダンでの支援事業に7億4600万ドル(約850億円)の資金援助を国際社会に要請したが、現在までに受け取ったのは2億3800万ドル(約270億円)にとどまっている。
(読売新聞)


例え政治的意図があろうとも支援を行うことには現場にとってものすごく意味のあるものだろうな。
国際的な地位を高めていくことはすごく重要。
アメリカは日本の発展を語る上で決して欠かせない国だけど、いい影響ばかりでないのも事実。現在の財政赤字だって、オイルショック後の内需低迷・輸出超過の傾向にあった日本に内需拡大の圧力をかけ、日米構造協議における430兆円(その後630兆円に拡大)の公共事業拡大の約束をさせたアメリカの存在も一つの原因になっている。
現在も年次対日要望書なるもので日本の政策に影響を与えている。
・2004年 http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html
・2005年 http://tokyo.usembassy.gov/pdfs/wwwfj-regref20051207.pdf
※2005年のものはPDF

とりあえず常任理事国入りというのは現在の国際的に最高の権威をもつ安全保障理事会の拒否権を持つことだから、国際的な影響力というのは天と地の差がある。もちろんアメリカの影響力を相対的に低くすることも出来る。
ただ、当然影響力をもつからにはそのコストも支払わなければいけない。資金や技術面での国際的貢献は申し分ないと思うけど中国との関係や自衛隊の問題等を整理しなくちゃならなくなってくる。

日本の外交はよくだめだだめだと言われるけど、うまくやっていけるのか心配にもなる。確かに中朝韓に対して二流三流なんだろうな。他の地域ではおどろくほど評判がいいらしいが、やりっぱなしという批判も聞いたことがあるので詳しくはわからない。


政治はおもしろいけど難しい。対象が人だけに。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。