スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅平 連携




月曜から二泊三日で行って来ました。jazz研合宿in菅平。


合宿では合宿用にバンドを作って二日目の夜にライブをしたんだけど、出演4バンド全てに出てたから、一日目と二日目は練習とセッションとライブでほぼつぶれてしまった。楽しかったから良し。ペンションには食堂兼スタジオに楽器・機材完備しててjazzやるにも申し分なかったし、飯はうまいし、空気もうまいわでかなり気分よかった。
三日目は草津で、白根山に行って温泉入った。
白根山に着いた時にはガスで10m先も見えない状態だったんだけど、観光スポットである湯釜や付近の池に行った時にはピンポイントでガスが晴れて結構感動的だった。


菅平も草津もええとこやね。
また行きたい。


で昨日(30日)の午後は日本学術会議のシンポジウムに行ってきた。
http://www.lhweb.jp/ca/scj/
錚々たるメンバー。ただ辻哲夫事務次官がこれなくて官房総括審議官がきてた。まぁ今日(31日)退任なんだからそんな暇ないよなぁ。しかも後任が他省出身者なんだからなおさらだろう。
しかし、事務次官が他省出身者で大臣も門外漢となると、省の幹部とそのスタッフの温度差が結構でてきそう。官僚も事務次官ポストをとられて意気消沈だろうに。

シンポジウム自体は非常に有意義なものだったと思う。
今日は眠いし、明日も朝から大事な予定があるんで詳しいことは明日あたり書くけど、冷静に専門家としての立場から医療の全体像を俯瞰していて、さすがだなと思った。
同時に自分の立場から離れて歯科全体のことを俯瞰し、それを意見として発する歯科医師や他職種の人間がどれだけいるのだろうか、と思って少し医科がうらやましく思った。
今回の会議でも医療と言う枠組みで物事は考えられているけどおそらく歯科については蚊帳の外だった。歯科の事がでてくるのは医師の需給について「歯科医は過剰」といった当たりにしか出てこなかった。
医科-歯科連携という言葉はよく目にし耳にする言葉だけど、それが現場レベルの極めて狭い意味にしか捉えられていないなら問題だろう。歯科が医療のことを考え、どのような位置づけを行い、それらをビジョンを持って発信していかないといつまでも社会的なプレゼンスは上がらない。
いろいろと歯科の先生にインタビューをしているんだけど、いろいろな文脈で、歯科が先生方が望むようには認知され、評価されていないんだろうなということがわかった。
どうすれば歯科が社会的に認知され評価されるのか、といったことを考えると、厚労省に責任を押し付けたってどうにもならないことだろうし、8020云々で歯の大切さを訴えたところでその影響は微々たるものだろう。医師と同様の扱いをして欲しいのなら、それだけ社会的に必要な存在であり、同時に責任を負う覚悟があることを示さないといけない。

医療の中で歯科がどのように位置づけられるか、俺はヘルスケアの尖兵として歯科や歯科診療所に社会的に大きな価値があると思ってるんだけど、今回の研究ではそこまで踏み込むことができなかった。この中身についてはまた気が向いたら日記にでも書こうかなと思う。



今回の内閣改造はおそらく成功だったんだろうけど、政治的には非常に不安定な状態が続くんだろうなぁ。
何は無くとも政権交代、民主党。
俺は正直今の民主党はくだらない政党だと思ってるんだけど、自民党にも不祥事があったのは事実だから仕方ない部分もあるんだろうなぁ。まぁ政治に正しい選択なんてないからなんとも言えないけど。解散のない参院の選挙は3年後。

夏休みはあと一ヶ月。
スポンサーサイト

一皮剥けまし

正確には「一皮剥け中」。

なんで日記が二週間弱も途絶えていたかというと、それは苦しんでいたからなのであります。

原因は日焼け。


とりあえず香川は満喫できました。
神社巡りもしたし、幼稚園から中学までの幼馴染とも飲めたし、高校の補習科(浪人クラス)の友達とも飲めたし、高校の先輩後輩とも飲めたし。飲んでばっかだな。香川出るまでの各層の人と会えたのはよかった。
神社めぐりは一日目に加えて有名どころでは滝宮天満宮、金刀比羅宮、大麻神社に行き、それプラスちょっとしたきっかけで十河城跡という史跡にも行ってきました。
あと市内でグループ診療やってる歯科の事務長さんにいろいろと話聞いたりもしました。

で、最終日の前の日(金曜日)に高松市の沖にある女木島(フェリーで20分)にいって泳いできたわけですよ。朝10時半くらいから12時半くらいまで。

結果上半身、正確には普段シャツに隠れている部分火傷ですわ。
その日の夕方には痛くなり始めて、次の日には服を着るのにも一苦労、動くだけで痛い。
んで月曜日から研究室行く予定だったんだけどお休みし、あまりに痛いので皮膚科に行ってステロイド剤もらって家で寝てました。
んで火曜日からまた予定がいろいろ詰まってたので日常生活に復帰するも、その晩には日焼け部分全体に水疱。日焼けがひどい部分はまだまだ痛いし、水疱だらけで気持ち悪いしで散々。
痛みはようやく木曜日くらいに収まってきて、その後皮が剥け始め現在に至るわけです。

ただ、水疱ができて一日くらいで軽い気持ちで薄皮を剥ぎ取ってしまった部分は肌荒れがやばい。


まったく、散々です。もう日焼けはもうこりごりだわ。


写真
高松市民もほとんど知らない、史跡「十河城跡」

写真
写真
金毘羅山

写真
大麻神社
この大麻神社は金毘羅山のすぐ近くにあるんだけど、なんでも日本武尊(やまとたける)の妃の弟橘媛(おとたちばなひめ)はこの大麻神社の神主の穂積氏忍山宿弥(ほづみのうじおしやまのすくね)の娘として讃岐に生まれたらしい。
弟橘媛といえば日本武尊の東征の際に身を賭して海を鎮めたことでちょっと有名。意外なところに香川出身の有名人がいたもんです。

写真
女木島
桃太郎伝説の鬼が島とされ、山の頂上付近に洞窟なんかがあります。でいろいろと香川県の神社に関連してしらべてると桃太郎伝説と竹取物語が繋がるような話があって面白かったんだけど、それはまたこんど。

写真
松岡

写真
うどん市場

写真
大円

写真
一鶴
香川県民には割りとお馴染みの骨付き鳥の店。これがうまいんだわ。ちょっと前に横浜に進出してます。




この一週間、いろいろと書きたいこともあった気がするけど忘れたので思い出したらまた書きます。
明日からジャズ研合宿で菅平まで行ってきます。

うどん国

香川に帰ってきました。

その前に、羽田でJALから一万円もらいました。

というのも当初乗る予定だった便に乗れず、その次の便(3時間後)への振り替えに協力したから。なんでもこの時期は席数よりも多くチケットを売るらしい。
3時間で一万円ならおいしいね。

あと名古屋上空に来た時、地上で花火しよんも見えてなおラッキー。飛行機から花火見たんは二回目です。


で無事帰り、今回はうどん屋行く前に家に帰り、荷物を置いてからうどん屋へ。例によって夜のうどん屋「鶴丸」と「五右衛門」に行ってきました。



めちゃうまー!!!!

写真写真

すいません、東京での讃岐うどんの味に慣れてた俺が馬鹿でした。
うますぎ。たぶん喰いながら顔はわらっとったと思う。

で、やっぱ香川帰って来たなぁ、とここで実感するわけですわ。
いたるところにうどん屋あるし、それぞれのうどん屋の中を見るとそれぞれで客がうどん喰いよるしで、やっぱここは香川で、かつうどんの国なんやなと。



そんなこんなでこの日は終わって、次の日はさっそく神社参りしてきました。

まずは塩釜神社。俺が育った高松市の福岡町ってとこにある神社です。

写真

小さい神社やけど、小学校ん時はこの神社の御輿を引いてました。一週間とちょっと前に神社に興味持ち出してずっと気になってた神社。
当然無人の小さな神社やけど、手入れはされているようで少しうれしかったです。


その後は母方の家の近くの神社と、讃岐の国一ノ宮だった田村神社と、父方の家(家自体はもうない)の近くの神社をそれぞれ参りました。

で、普段は気にしないけど、やっぱいたるところに小さな神社や祠があるんよね。小さな丘みたいな山があって、ありそうやな、と思ったらやっぱりあったり。

写真写真

祀ってる神様を書いてるとこもあるけど、何も書いてないところも多かった。名もなき神ってことになるんかいな。

そんな感じで瀬戸内海側である高松の中心部から讃岐山脈の方向である高松南部の田園地帯に向かってチャリで田舎道を走りました。
天気良すぎ。
写真



その後、高校時代からのうどんjazz友であるしげると待ち合わせて、11日にリニューアルオープンした池上うどんへ。


うまー!!

写真


前は開店時間が超変則的だったし、人気になりすぎてたから足が遠のいてて、久しぶりに食べたんだけど、the讃岐うどんて感じですわ。
そんなに個性的な強い味ではないけど、うまいしコシがある。
家からは遠いけど空港に行く道から近いから今後使うかもな。


さてこの池上うどん。ストーリーがあるのでまとめてみた。

このうどん屋は元々70過ぎた瑠美ばあちゃん(池上瑠美子)が1人できりもりしてた小さな製麺所だった。建物も小さな小屋のようなもの。だけど製麺所に食べにくる人が増えてから、食品衛生責任者資格をとって正式に店でうどんを出し始めると、その後雑誌で紹介されたり、さらに全国ネットのテレビに出演したりで爆発的に人気になっていった。
しかし、元々はそれほどのお客さんを捌けるような店でもないし、そういう場所でもなかった。うどんを食べにきた人は店の近くのマ○ナカというスーパーの駐車場や傍を流れる香東川の土手に車を止めていた。そのうちマル○カや土手に路駐することで行政から圧力がかかり、地主さんに立ち退きを命じられてしまうのだった。
しかし、ここまで人気になったうどん。当然周りがほおっておくはずもなく、池上うどんを製品化している製麺所が主導して新たに製麺所を作るのであった。

とまぁまとめるとこんな感じかなと。
後半のソースはネットです。まぁ、そりゃ70半ばのばあちゃんが1人で新たに土地かって建物たててうどん屋続けようとはおもわんわなぁ。


近年俺の好きなうどん屋が相次いで閉めたり、うどんブームにのった有名店の味が落ちた話を聞いたりして、やっぱ変わらないものってのは貴重なんやなと思った。こう考えると映画「UDON」も捨てたもんやないな。



その後高校時代にお世話になり大学に入ってからもちょくちょくお世話になってるSWJOの演奏を見て、夕日でも見るかと思い高松港へ。

写真
写真


気がつくと日が沈むまで40分くらい座ってたんやけど、まったく退屈せんかった。瀬戸内海ええとこやなぁ。


その後、高校時代の友人3人とうどん食って飲み。
久しぶりに息が出来んようになるまで笑ったわ。
で2時くらいに解散。


いやぁ~長い一日だった。

日記も長くなったから終わり。

朝青龍10日にも謝罪会見、帰国は否定

yahooニュースみてて、思わずわろてしもた。

いないいないばぁ~~~~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000034-nks-fight
(見れない場合は→http://www.nikkansports.com/sports/sumo/p-sp-tp3-20070810-239501.html

ところで朝青龍って心の病なんか、それとも腰の病なんかよくわからんようになってるなぁ。



最近生活リズムが2日単位です。
夜3時ごろ就寝→9時前起床(ちょっと眠い)→夜1時ごろ就寝→9時前起床(すっきり)→夜3時ごろ→

明日から来週いっぱい研究室休んで香川帰ります。
今んとこ順調でございます。

うどん喰いたい。

夏は夜、と夕暮れ


昨日は上野の国立博物館に行って『足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展 』を見てきました。


ん~、やっぱ素晴らしいなぁ。
絵も彫刻も仏像も。

仏教も高い精神性をもち、高僧になるとその世界の中で極めているということだから、それを絵や彫刻で表現するとなると当然それだけの不文の表現力が必要になるんだろうけど、どの絵もすばらしく空気を纏った絵・彫刻ばかりだった。
残念ながら俺は書はわからないんだけど、わかる人がみたらあれらもすばらしかったんだろうなぁと思う。

で、土曜日神社回って神道な日で、日曜日は禅で仏教だったわけだ。
少なからず「火の鳥」の影響をうけて先入観があったかもしれないけど、でも昨日の展示をみて「威圧感」というのは何回か感じたんだよな。
仏教が政治に使われていたのはおそらく議論のないところだとは思うんだけど、それは単に偶然選ばれたのか、それとも当然の帰結だったのか。


神道と仏教の違いを情緒的にだけど考えてみると、その違いは排他性にあるんではないかと思う。

仏教は本質的に潔癖さがあるのではないかと思う。
四苦八苦から解脱し悟りを開くという目標があり、八正道や三法印としてその道筋がしめされている。目標は究極であり、信者はそれを目指すものとされる。
つまり、究極の境地を目指すために法に縛られ、その到達の度合いにより教えるものと教えられるものが生まれる。
それらはもちろん良いものであったかもしれないけれど、統一された法を作り、精神的に縛ることができるという点において政治を行う権力と結びつきやすかったのだろう。力が強くても富を蓄えていても精神的な究極を求める点で誰にでも影響を受ける機会があったともいえるかも。
ただ法がしめされているだけに教えに柔軟性を持ちえなく、排他的にならざるを得ない。ただその排他性こそが攻撃性の源泉となり、強い宗教になったんだろうと思う。
人の内面を教え、邪魔なものを排除する仏教。

神道はどうか。
神道の本質は未知であり自然ではないか。
古代の人間にとってまさしく自然は未知であった。巨大な自然は恵みもあれば災いもある。その気まぐれな未知をなんとか自分達の望むようにコントロールしようとして生まれたのが神道ではないかと思う。自然は敬う対象であり、共生する相手でもあった。その長い共生によりその土地ごとの多様な神々が生まれたんだろう。海難が多いなら海の神様ができるし、土砂災害が多いなら山の神様ができるんだろう。未知なものを鎮めるために神を祀る。
ただ、自然はこちらから会いにいくものではない。いたって気まぐれであり、誰がどんな生活をしていようがくる時にはくる。
ゆえに神道では布教もなく排他的でもありえない。他国からの移住民が彼らの土地の神を新しく祀ってもそれ自体が信仰に影響を与えることはない。人間にはどうしようもないから人間を攻撃したってしょうがないんだろう。
ただそこにあり、未知を畏れることから生まれた神道。


でちょっと思ったのが、日本人の他国の文化をなんでもかんでもとりこんでしまう習性は神道に由来するところが大きいんじゃないかと。
未知なものを排除するのではなく、未知なものを認める。

と思ったけど嘘やね。鎖国とかしてるし。どっちかっつーと、最先端文化は常に外国からもたらされていたってことの方がこの習性に影響してるんんだろう。



なんて。


で実は博物館自体は40分ほどで急いでまわって、すぐさま東大本郷キャンパスへ。
高校ん時の友達に誘われて草野球してきました。
建築学専攻対化学システム工学専攻、だったかな。俺は助っ人。
試合する前、研究室に行ってそいつの同級生とかとも話したんだけど、さすが専門家って感じやった。新潟に行って建物の被害状況みてどのような衝撃が、とかどういう力が、とか分析してた。The理系。
研究費が余りまくってるらしく(以下自粛。


で草野球はどうだったかというと、
17点差で迎えた最終回裏、突然空が暗くなり、風が出てきて、グランドには砂埃が渦をまき、「地獄甲子園か?」と思わせる雰囲気の中、怒涛の反撃が始まり、と思ったらすぐ終わって結局18-7でぼろ負けしました。残念。

その夜ぐっすり寝れたのは言うまでもない。



ちなみに写真は今日国会図書館行った帰りに皇居の二重橋のあたりをとったものです。目をこらせば伏見櫓が見えるはず。
暑かった日の夕方は妙に心地いい。

やっぱ夏は暑い方がええわ。
家帰ったら冷房つけてるけど。

うどん喰いたい。

めぐってきました。

今週の火曜日くらい、アドバイザーの先生と雑談をしてて、先生の趣味が神社巡りだと知りました。日本中かなりまわってるらしい。

神社巡りの面白さとは。
まず、北海道と沖縄をのぞくと街中や田舎を問わずどこにでもある。
次に、それらは地域の生活や文化に深く根付いていて、神社をめぐることでその土地の文化にも触れることができる。
あと、日本において最も古い文化であり、非常に長い歴史をもっている。
等々、いろいろと洗脳されてしまいました。

確かに神社はおもしろそうだ。
日本中のいたるところにあるのは間違いない。ビルの屋上にもあるし山奥の誰もこないようなところにもある。
そしてそれらは非常に多様性に富んでいる。呼び方もいろいろだし、鳥居の形やご神体と呼ばれるもの、神社の特徴も様々なものがある。その神社の祭りも土地によって違う。
なのに神社には流派のようなものもないし、そもそも布教すらしない。
元々は自然崇拝だから、本殿がない神社だってある。

いろいろと面白そうな話もある。
熱田神宮のご神体は剣で天叢雲剣(草薙の剣)だそうだが、本当にあるのかどうかは謎で宮司とか天皇しか確認できないらしい。
天叢雲剣って。神話の話に出てくる剣が受け継がれていることもすごいし、それが本当にあるのかわからないってのもミステリーでおもしろい。

奈良の大神神社の神体は三輪山。この神社には本殿がなく、拝殿の先の三つ鳥居(鳥居が三つくっついた形)より先は禁足地となっている。
自然信仰は最も原始的な宗教の形なんだろうけど、ここでも現代までこれが脈々と受け継がれてる。鎮守の森どころか山一つが結界で禁足地ってことはその古代の姿が残ってるわけだ。大神神社のご祭神(大物主大神というらしい)が守ってきたともいえるかも。

ほかにも出雲大社と熊野大社の餅の話とか御輿を担ぐ時の掛け声のかけ方とか、ちょっと調べると神社に関連しておもしろそうな話がでてきた。興味でてきた。

ちなみにその先生のお勧めは和歌山の紀ノ川沿いらしい。古い神社が多く、神社独特の空気があるらしい。

で、まわってもようと思い、東京には比較的新しい神社しかなくて、由緒あるのは蒲田のひえ(稗に草冠)田神社くらいだが、なんでも東京十社というのもあるらしい。



ということで今日東京十社めぐりしてきました。
東京十社http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%8D%81%E7%A4%BE

北から王子神社→白山神社→根津神社→神田明神→亀戸天神→富岡天満宮→日枝神社→赤坂氷川神社→芝大神宮→品川神社の順に巡りました。

12時半くらいに出発して、品川神社に着いたのが6時すぎでした。
一番好きなのは赤坂氷川神社ですわ。古くていい感じ。ご神木の銀杏も立派だった。

ホントは王子神社行く前に十条まで行ってじゅうじょうの讃岐うどん屋「すみた」と根津の讃岐うどん屋「根の津」に行ったんやけどどちらも行列してて時間かかりそうやったから諦めました。
こっちの讃岐うどん屋は大抵客の開店が恐ろしく悪いんよなぁ。残念。


さっきgoogleMAPで大体の距離しらべたら6~70km走ってました。高校のとき、うどん屋巡りした時にはとてもおよばんけど、結構走ったわ。割と暑かったんで手足が製塩マシーンになってました。

アルバムに写真があるんで興味あればどうぞ。芝大神宮だけ写真とるん忘れてた。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=3205890


とりあえずええ運動になりました。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。