スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

β CAPM

あー、最近忙しいなぁ。
9月で何もなかった日は5日しかない。
一応夏休みのはずなんだけどなぁ・・・。

とりあえず気になったニュース。

----------以下引用----------
「地域活性化ファンド創設へ=住民らが出資、税制面で優遇-国土交通省」
9月22日7時2分配信 時事通信

国土交通省は22日、地域の銀行や住民などがまちづくりのために出資する「地域活性化ファンド」制度を来年度、創設する方針を決めた。人口減少や商店街の空き店舗化などに悩む地方都市の活性化と土地の有効活用が狙いで、ファンド設立を税制面から支援する。同省は来年の通常国会に関連法案を提出する。
----------引用終わり----------

最近金融に興味をもってるってのは日記に書いてると思うけど、ちょうどこのニュースのようなことも考えてた。


俺は歯科の中規模診療所というのが歯科業界の構造改革のキーになると思ってる。メリットとしては、資本生産性の向上、個々の歯科医師の専門性向上、再教育・相互監視体制の構築、信用力の向上、組織との連携強化、歯科医師の開業リスクの低減などなど。
一つの仮説です。

仮にこれが良いものだとすると、これを実現するにはどうすればよいか。

社会を動かす力には政府の力とそれ以外の力(主に市場)がある。勝手に政策系・市場系って呼んでる。
で、今は政策系よりも市場系の方がよりすばやくより適切に力を発揮すると思っている。病床数と金利の相関を指摘した論文を読んで政策系の社会から市場系の社会に興味をもったからかもしれない。

具体的には金融の力。
現在歯科医院に資金を供給するには銀行などの間接金融が主体だけど、直接金融を導入すれば良いのではないかと思っている。J-REITのようなスキームを歯科に特化すれば(する必要はないかもしれない)中規模診療所も推進できるのではないか。もしくはPFIか。

中規模診療所というものを外したとしても直接金融というのはやる価値があると思う。これが上記のニュースに関連する。

歯科医院が資金調達をするには株式がないから借金しかない。
そこにファンドが入れるのではないか。そのファンドがどうやって儲けるかというと、不良債権の買取か新規融資か。

だれがそのファンドに出資するかといえば地方公共団体や地域企業・住民だろう。
歯科医師が足りない地域にはお金が集まり、その地で開業する誘因になる。また、出資すれば地域住民も歯科への参加が高まるかもしれない。また、人気の高い歯科医院の支援をすることで、患者が診療を受けることなくその医院を支援することができるかもしれない。

また、歯科医師の多い地域でも、経営努力をしない歯科医師というのは多くいるだろうから、そういった歯科医院の再生にも活躍の場があるかもしれない。そういった場合もっと多くの投資対象者が考えられるだろうと思う。

一応書くと、経営というのは決して「金儲けの学問」ではないと思う。経営は組織運営の学問であり、特に一般企業で発展してるから営利のイメージが強いかもしれないけど、組織構築や人事、そして財務を効率よくそして正当に行うためのもので、それが金儲けのためとなるか否かはそれを使う人によると思う。


具体的に医療ファンドや地域ファンドどういった企業があるのかと、詳しそうな人に聞いたり本を読んだりしたところ、医療機関の金融面からの支援などは三菱商事系のライフタイムパートナーズという会社がある。PBI教室の本にファウンダーの村山浩氏の講演が載ってた。割と雑誌でもインタビューされてたから知っている人も多いかもしれない。ただ、これは例によって病院中心。
もう一つはジェイ・ウィル・パートナーズという会社。ゴールドマンサックス出身の人が作った地域再生ファンド。決して外国人の資金は受け付けないらしい。


この分野は規制との関係が非常に深いから、今後の規制緩和の方向により大きく可能性の広がる分野だろう。国自体医療の面倒を全て見ることができるほど体力はないので、規制強化の方には進まないと思う。



はい、全部頭の中でたらたら考えてる話です。
この辺の可能性を研究体験実習の時間を使ってやるつもりだったけど、その前の中規模診療所ってところがなぜ必要なのかというところがなかったので、その社会的意義などを考えることが出来る研究になった。
一応発表は今週末だから、内容や展開などはその後に書くことにする。


で、先週PBIの木村教授と話して投資銀行・戦略コンサル行きな的なことを言われ、金融についてもっと勉強しようと思い、とりあえずファイナンスについて本格的に勉強始めた。
まだ初めの方だけど、ファイナンスというものが常にリスクとリターンの関係にあり、企業価値の算定からポートフォリオの組み方までリスクマネジメントと非常に関係の深い学問だということに少し驚いた。リスクとリターンさえ適切に設定できれば金融商品となるということがわかった。
3冊くらい買っただけでまだ読んでない本があるんだけど、その本の題が「金融工学とリクスマネジメント」。ファイナンスを勉強した後こっちに移るのがちょっと楽しみ。



はぁ、9月11日から10月15日まで、毎日何かしらの予定が入ってる。
この時期は余裕がなくなるんだよなぁ。
貴重な自由時間を大事にしようかなと思う。
スポンサーサイト

何事も

なんか最近毎日楽しいです。

木曜日は昼からスウェーデン大使館でシンポジウムに行きました。。
Snus(スウェーデン製湿性嗅ぎタバコ)に関するシンポジウムで、今アドバイザーをしてもらってる先生がやってる関係で俺も勉強させてもらってます。
まぁこれについてはゆくゆく書こうと思う。

でこの日のメインイベント(俺の中での)はこの後のレセプション@ホテルオークラ。
いやぁ、ビスケットみたいなのの上にフォアグラとかキャビアとかのったのを食べまくりました。うま~。

もちろんいろいろな方と話して収穫もありました。
俺の考えてることに関して意見を下さる方や、助言を下さる方もいて有益な時間を過ごすことが出来た。

あと、これまでPBI関連で何回かレセプションは経験してるけど、歯科医師と出会ったのは今回が始めて。
ちなみに2人いてそのうち1人は元歯科保健課長の人でした。
気に入ってもらえたけど、特に有能とかユニークな考えをもってるとかじゃなさそうだったので、このまま連絡をとるとかはなさそう。
失礼を承知の上で個人の感想を正直に書くと、厚労省の幹部であり歯科分野の現場のトップである歯科保健課長までやった人とは感じなかった。悪い意味で。
実際の仕事を見たわけでは決してないから、当然何の広がりもない感想だけど。

とりあえず、こういった場で自分が英語を話せないばっかりに、日本語を話せない人と話すことができない、というのは損だと感じた。
英語な~。
俺にとっては鬼門。だけど通らねば先に進めない鬼門。



んでもって次の日は研究室が行ってる研究に関して、外部から人を呼んだ検討会。前述にSnusに関するものです。
ここで出会った東大病院の医師の先生にメーリングリストに招待された。そのメーリスの目的は
「医科と歯科の医療者が、互いの専門分野だけでなく、専門外の立場の視点からも意見を交わし、見識を高めあい、ネットワークを構築することによって、各々のクライアントに新しい価値を提供すること。」
なんともすばらしい。
メーリス招待状に詳しい紹介があったんだけど、ニュートラルな立場から歯科の役割や立場を考えて行こうとしているらしい。
しっかりと議論できる場が欲しかったからかなりうれしいです。これから楽しみ。



んで今日。
人生で初めて神輿担いできました。根津神社の祭で神輿は千駄木の神輿。
アドバイザーの先生に誘われてで、初めは多少心理的に抵抗もあったんだけど、何事も経験と思い担ぐことにしました。
半纏は借りたけど、足袋と帯は昼のうちに浅草で買ってきました。

いやぁ、神輿って結構きついんやね。
汗めっちゃかいたし、肩がいたい。たぶん明日は筋肉痛だな。
しかし、楽しかった!
神輿担ぎ手の華ともいうべき鼻棒もかつぎました。
やっぱ東京にきたからには体験しとかなね。来年の湯島天神例大祭でも担ぎたいな。



何事も動かなくちゃ得られないし、動いたらそれだけ得るものがあるなぁと感じた3日間。

さて、明日は先輩の結婚式。
超お世話になった先輩やから楽しみ~。

けーざい

今日は研究をまとめたものを教授にプレゼンしてきた。
ちょっと前から気付いてたけど、今回の研究体験実習の成果物はつまらないものになりそう。
気付いてるんなら直せよって話だけど、いかんせん情報が少なすぎて直せない。
社会的な問題に対する提言を行うことを目標に研究を行ってきたんだけど、提言の根拠となる一つ一つの仮説について、どうしても論理的な傷が目立ってしまう。
まぁ3ヶ月程度の時間で調査方法も限られる中、仕方のないことではあるんだけど、プレゼンを聞く人はつまらないだろうなぁと思う。
特に理系の研究者を相手にするから「明確に言えないなら言うな」と言われそう。95%確実でなくとも、ある程度の観測で仮説を立てながら研究を進めなければいけない理由をうまく述べることがプレゼンのポイントかなぁ。
とりあえず9月末の発表会用にプレゼンを再構築しなくちゃいけないなぁ、と。


と、それはおいといて、プレゼンが終わった後に教授と俺の将来について聞かれ、いろいろと相談してみた。

政治家という可能性も捨ててはいないけど、現在の興味は市場の世界。特に金融。
教授には、普段なかなか情報を得ることができない、この分野のベンチャー企業の様子について聞こうと思ってたんだけど、教授からは「金融に関係して何かしたいのならまずトップを狙いなさい」と言われた。要するに投資銀行。

初めの一歩というのは大事。まず一番優れた集団の中で仕事をすることは、この世界で知る上でもその後のキャリアパスにも良いだろうということ。視野を広げるという点で同時に戦略コンサルタントもすすめられた。
確かにこれまでいろいろなセミナーやシンポジウムを聞きに行ったけど、投資銀行出身の人や戦略コンサル出身の人は確かに活躍してるし、世の中をよく見てると思う。
こういった人達と共通のフォーマットをもつことは確かに有益だろう。


具体的にはゴールドマン・サックスやマッキンゼー・アンド・カンパニーという会社が二つの業界の代表的な企業になる。
もちろん自分の能力を高める上でも、こういった企業は魅力的だし、世間的にも超高給取りの代表企業と認知されてるから興味はもってたけど、実際に行きなよと言われるとは思ってなかった。

マッキンゼーはヘルスケアグループをもってて医師なども採用してるし、ゴールドマンサックスも医療のファンドをもってるそうだ。
入れるかどうかはおいといて、可能性を1ランクあげて検討してみようかと思う。

ちなみに教授はスタンフォードのMBAもっててJPモルガンで企業買収に携わってたこともある人で、アドバイザーの先生はマッキンゼー出身。今思えばなんつー環境だ・・・。




あと、安部首相やめましたね。
なんだかんだの議論はまた今度にして、タイトルを「けーざい」にしてしまったので、それに関係したことをちょっと考えてみた。
今回の安部首相の辞任理由は「局面を打開するため」だったように思う。これはテロ対策特別措置法に関連したものととられているけど、これは参院の第一党が民主党になったことが原因だ。

今回はテロ特措法だったけど、参議院が国会運営のネックになるという意味で、これは政府・与党の国会運営全般にかかることだろう。さらに、地盤というものをもたない新人が増えたということは相対的に業界団体の発言力が増すことを意味する。特に民主党の場合、最大の支持母体は自治労であったり連合であったりするので、自民党のいわゆる改革路線とは相容れないことになるだろう。
改革路線とは何か。
積極的に規制緩和や市場原理取り入れをはかり、小さな政府を目指すというもの。

これが阻害されるということは、政府の財政構造改革も遅れることになる。つまり、過剰な累積債務はインフレリスクを高めることになり、長期金利の上昇を招く。
アメリカは金利を下げようとしてるから、日米間の金利差は縮まり、さらに金利高から日本へ資本が集まるから円高を招く。
景気には悪そう。
ただ、資産価値の上昇は消費を刺激するから結局どうなるんだろう?

まだ勉強が足りないから価値判断できないなぁ。
今後金利が上がることは間違いなさそうだけど、そんなことは景気を見てたら誰だってわかるんだよなぁ。
とりあえずお金を借りる時は長期固定金利で、国債を買うときは短期で。不動産や株はまだ上がりそう。

価値のない価値判断だなぁ。
もうちょっと気の利いたことを書けるようにもっと勉強しろってこったな。

げーさい

昨日の夕方ぶらぶらと上野公園を回ってたら芸大が藝術祭(学祭)をやってるのを発見し、今日行ってきました。

とりあえず前日にチェックしてたjazzライブへ。
第一ホールってとこであったんだけど、行ってみると200人くらいお客さん入ってた。
やっぱすげーなー、と思いながらステージを見ると、尺八カルテットでした。ピアノ・ベース・ドラム+尺八。
アイデアとしてはよく聞くけど、実際に見て聞くのは初めて。
てことで期待しながら聞いてました。



うーん、いまいちだった。
やっぱswingって大事ですわ。あまり生き生きと躍動感のある演奏ではなかったと思う。ドラムは一年生らしかったんだけど、そこがやっぱイマイチでなんともむずがゆかった。
ただ、途中に一曲だけグランドピアノ連弾でやったのがあって、それは結構よかった。長かったけど。
でも残念なことに曲ごとにお客さんが減ってたなぁ。
まぁバンドリーダーも、お客さんの需要に答えず自分の好きなように自分がやりたいようにやってます、的なことを言ってたんでまぁいっか。

その後1時間少ししてビッグバンドの演奏があるというのでそれまでぶらぶらしてみることに。
写真


いやぁ、藝術祭いいねぇ。
めちゃめちゃ気に入りました。
なんかぶらぶらしてたらサンバ始まるし、ステージ行ったらわけのわからない大音量のライブしながらそのバックで同時進行でグラフィティ描いてたりするし、道端で三味線と鼓、唄で舞やってたし、その10mはなれたところでは声楽の歌やってた。
この多彩さ!
てかこいつらプロだわ。一つ一つほんとに好きでやってるのが伝わってくるし、レベルも高い!
そりゃ自分の好きなことを極めて厳しい選抜を通ってきた人間の集まりだからそうなるのも当然かもしれない。
数寄に生きてる感じだった。

でその後のビッグバンドもかなりレベル高かった。

演奏者はめちゃくちゃ楽しそうだったし、客席もめちゃくちゃ盛り上がった。うらやますぃ。ビッグバンドやりたいわぁ。


で今回の発見は藝術祭がめちゃおもしろいことと、サンバが楽しいこと。
写真
この写真の時は15人くらいでやってたんだけど(でも十分楽しかった)、後になると30人くらいが叩いて踊って飛び跳ねてめちゃ楽しそうだった。
根っからの"打!"な人間にはあのサンバのリズムが溢れる感じがたまらんのです。
これからサンバ演奏情報もチェックすることにしよう。




おまけ
金曜日にとった夕焼け
写真
写真

どーも不精

今日はちょっとしたきっかけでレアな体験した。一部の人にゃレアじゃないかもしれないけど。
接待受けてきました。

たまに噂にきくDrに対する製薬会社の人の接待にもぐりこませてもらった感じ。
魚いっぱい食べた。当然その会社の薬についても勉強させてもらいました。



いろいろと考えることや書きたいことはあるんだけど、最近さぼりぎみです。このあいだのシンポジウムのレビューも何回か書こうと思ったんだけど、まとめるのがめんどくさくなってしまって毎回挫折してた。
以前はそういう日記でも2時間3時間かけて書いてたんだけど、最近はそういう気力がないかも。
ちっとばかり余裕が足りないんだろなぁ。

---以下単なる個人的記録---

自分で勉強するのと他人から教えられるのだと、他人から教えられる方がずっと楽だと思う。
これって何でなんだろう。

社会の多様性ってのはその大部分が人間活動でできてると思う。人間てのは一人一人違うし、それぞれが自律分散協調的に社会を作ってるからだと思う。東大の人がどう思ってるかは知らないけど、自律分散協調系という言葉は好きです。
社会を知るってどういうことだろう。社会って何だ。
社会という言葉がないなら、自分の目に見えないよくわからないものについて考えたりしないだろう。
自分の周りの目に見えるものを観察する。これは間違いない。
そのうち一人一人違う人間の共通項を見つけ出す。例えば顔腕足意外の部分の露出はあまりないとか、1人で大声出しながら道を歩く人はいない、とか。さらに会話する時には交互にしゃべるとか、みんなお金はほしいとか。
いろいろな値をとっているものに近似曲線を引いたものが社会ではないか。
厳密に実際の社会(値)ではなく、その近似線を観察することが社会をみることではないか。
社会を知るとはなんぞや。
その近似曲線を知ることだろう。ただクロスセクションに観察した場合においても値の数や値の種類によって近似曲線の引き方なんて無数にある。現実はさらに時間が加わるのに。
社会てのは個人の上位にあるのではなく、あくまで並列的なのではないかというのが仮説。
一つの概念にある社会像は人間を実数と虚数で表し、実数部分で近似曲線を引いたもので、虚数部分は隠されて表に出ない。観察の中にある社会は実像は映さない。
社会人とはなんぞ。
この近似曲線を足場として生きる人間か。非社会人はだいたい近似曲線ではなく点(親)を足場にする。近似曲線は大体点と点の間を通ってて不安定そうに見えるけど、日本の場合近似曲線の信頼性が高いからこの近似曲線に加わる点が多く、安定している。

眠くなってきたんでやめた。
頭ん中にうかんでくるものを書いただけなので読んだってチンプンカンプンでしょう。個人言語。


台風めんどいなぁ。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。