スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の空に投げる

日曜日にアメフトのOB戦がありました。
公式戦を棄権してから急遽きまったスペシャルイベント。
しかもOBが予想以上に集まり、めちゃくちゃ楽しかった。

結果は13-12で現役チームの勝ち。
天気も雲一つ無い快晴でスポーツするのに丁度良い気温で最高だった。
やっぱアメフトは楽しいです。



さて、秋も終わりが近づき冬がやってきますね。

今の頭の中は就活4割、学校3割、自分の将来とか2割、その他1割くらい。就活と自分の将来は表裏一体なので、まぁ半分以上はそれ系のことを考えてます。

とりあえず自分の能力とこの環境を考えると当然すんなり就職出来るとは思っていない。
元々弱気ではないけど強気でもないから、いざ本選考が始まってしまうと弱気が強くなってくる。自分が選考に通ることを確信できない。
やっぱどこまでも自分は凡人だという事実に苦しんでしまう。加えて変人であって、一つ間違うとどこからも必要とされないなんてことに陥ってしまう可能性がある。
とまぁこんなことを書いてる時点で普通の人は「あぁこいつは通らねぇな」という印象をもち、実際そうなってしまうもんです。
わかっていても弱気がある事実は変わらないから書いてしまう自分に少し諦めの境地です。まぁずっと前からですけど。



自分がこういう弱気をもってしまう原因には凡人である自覚をもっているのともう一つ「似ている」自覚が持てないというのがある。結論から言うと、俺は面白い人材ではあるかもしれないが、一緒に働くとなると別、という人材なのではないだろうか。

ある人がその企業の文化に合致するか、とか、ある人ともう一人は相性がいいかとかを決めるのは、あの人がある人とかある集団が似ているかどうかだ、という話を聞いて随分納得したことがある。

自分はあまりに変で、これまでの時間の過ごし方は偏執的だったのではないかという思いがある。歯科というマイノリティで、さらに超マイノリティな時間を過ごしたという事実からは他のマジョリティな人間と自分と「似ている」部分が少ないというimplicationが得られる。(てしまう。)
元々日本でただ一人の人間になるつもりで時間を過ごしてきたんだから当然っちゃ当然なんだけど、こういうジレンマがあるとは思っていなかった。差別化を図れば図るほどニッチになってしまうということか。非凡な価値を築く人間になるか、非凡なほど価値のない人間になってしまうか。
日本でただ一人の凡人ではないと信じてないとやってらんないね。



まぁ、そんなこんなで今後毎週入る選考を控えながらも他のオプションを考えてしまう日々です。
基本淡々とやるべきことをして、自分でどうにもならないことは運を天に任せるスタンスなんでそれを維持しないとなぁと。

不器用を 言い訳しつつも 騙すのは
今か先かを 聞く秋空

なんて。

まぁ、なるようになるでしょう。
スポンサーサイト

秋といえば

柿

柿、牡蠣。

どっちも大好きです。
特に牡蠣、と柿。
オイスターバー行きたい。


さて、近況ですが、いよいよ投資銀行業界の本選考が始まりました。
先週末初戦がありました。
とりあえず通過して安心してるとこです。
選考過程にあるのはまだこの1社で、他の会社はまだ書類選考され中です。
米系のGってとことかMってとこも始まったんだけど、エントリーシート出すのが遅くて、ちょっと出遅れてます。で、まぁいきなり後悔してる、と。
この万全の準備をできないところが弱点だな。
エントリーシートにまじめに書いたら落とされるレベル。
でもこの部分も俺自身であることも事実。
例えば面接にむけてあらかじめ自分を作って臨むのには抵抗がある。何聞かれてもいいように考えの整理はしておくけど、あくまで面接の時に面接官と会話して、その中で自分の素を出したいと思うわけです。
若干この部分については潔癖なところがあって、自分に嘘をつくの嫌いはです。だからこそ自分の興味に従って行動できたと思うし、いろんなものを吸収できたんだと思う。
まぁどこまでも俺は俺ってことですな。落ちたらしょーないってことで。
てか最近学校でも俺が就活するってのが周りにも認知されすぎて若干やりづらいです。実際に内定とるのって難しいんだって、まったく。

蛙も大変



学校はというと、通称ポリクリといわれる各診療科の見学。
見学といってもこれまでとは違い、実際の患者さんの治療計画を立ててます。矯正治療の計画たてたり、手術の患者さんの麻酔計画立てたりしてます。その計画が本当に使われます。
で来年の1月からはいよいよ実習開始。
虫歯がある人は準備運動しといてください。
大きい虫歯がある人は神経まで到達する虫歯にしといてくださると俺にとってはありがたいです。

空



そういえば最近チャリが壊れていっています。
半年くらい前に後輪の泥よけがぶち壊れて、ここ2週間でカゴの支柱とギアワイヤーがぶち切れた。金ないってのにまったく。
まぁ雨ざらしにしてる俺が悪いんですけど。



とりあえず、最近は金融について考えることも医療について考えることも多く、楽しいです。この分野で思う存分仕事ができるよう、自分の思い描いているキャリアを歩めたらなぁと思うばかりです。あとは神頼みか面接官頼みかな。
とりあえず、この両分野に興味をもった過去の自分に感謝。

三越、三囲、三井、三輪、三ッ、三柱

『売りは「コシ」の良さ 讃岐うどんネクタイ』

うどんの柄が描かれたネクタイ
 高松市の高松三越オリジナル「讃岐うどんネクタイ」が新たな名物として注目されている。柄は「かけ」「ざる」「ぶっかけ」の3種類。1本5040円。
 5年前、讃岐弁をプリントしたネクタイを発売したところ「うどん柄はないの?」と問い合わせが相次いだのがきっかけ。県外への土産にする人が多いようだ。
 売れ行きも発売半年で170本と上々。広報担当者は「丈夫な糸を使い、締め心地にもコシがあります。太く長いヒットを」とさらなる売り上げの「伸び」を期待する。
http://www.asahi.com/travel/news/OSK200811080082.html


今日も香川は平和なようです。
それにしても商店街やお役所がこういうのを作るのならともかく、三越が作るとは。

ちなみに高松三越は、旧三越では店舗売り上げで日本橋、名古屋、銀座、福岡、札幌、仙台、千葉、池袋に継ぐ第9位の規模であり、大阪→日本橋→神戸→新宿→銀座→高松と、第6番目の店舗という地方都市としては名門の店舗です。



ついでに三越関連でもう一つ。
浅草から隅田川を越えて少し北に行った向島の地に三囲神社という神社があります。

三囲神社

この神社は三井家の氏神であり、境内社に三井家の先祖を祀った摂社があります。
そして拝殿の少し手前には下のようなものが。

三囲神社2

三越のマークですね。
ちなみに三越の本店にもこの神社の分祀があるそうです。


あと、この神社で特筆すべきことがもう一つ。
本殿の裏にこういったものありました。

三囲神社 鳥居

鳥居の中でもレア中のレア、三柱鳥居です。
一番有名なのは京都にある木嶋坐天照御霊神社、通称木嶋神社or蚕の社にある三柱鳥居ですが、おそらく日本に10基もないと思われます。
ちなみにこの三柱鳥居も京都から移設したものだそうな。



ついでにもう一つ。
この三囲神社から南に100mほどいったところにある公園の一角に牛嶋神社というのがあります。

牛嶋神社

この鳥居は三ッ鳥居とか三輪鳥居とかいって、これも激レア鳥居です。
代表的なのは京都の三輪山をご神体とする日本最古の神社、大神(おおみわ)神社の三ッ鳥居です。この大神神社の三ッ鳥居は普通見ることは出来ないので摂社の檜原神社の三ッ鳥居がよく写真などに使われています。

神社界(?)を代表する激レアが2つならんで見ることができるとは、かなり貴重な場所です。神社参拝erにおすすめのスポットです。

ちなみに大神神社の一の鳥居のそばの神社にも三ッ鳥居があったので、何か関係するのかもしれません。どちらも自然歴を形作っている鳥居とされているので、まぁ似たような人が考えたのでしょう。




で、実は香川県の加麻良神社にも三ッ鳥居があってびっくりしました。

加麻良神社

ぴかぴかすぎて最近とってつけた疑惑もわいてしまいますが、この神社は大神神社の御祭神、大物主大神、大己貴神、少彦名神にちなんだ由緒があり(御祭神も大己貴神と少彦名神)、少彦名神が流れ着いたという石室もあるのでたぶん真っ当なものだと、期待をこめて、思っています。



そんなこんなでもう4時。
何してんだか。


-----訂正-----
本文の大神神社は京都ではなく奈良です。

エントリーシート考

アメフトのシーズンが終わり、jazz研も平常運転に戻り、臨床実習も慣れてきて、気を遣うのは就活だけになってきました。

といいつつ一番初めに出た結果は書類&webテスト落ちという最悪この上ない結果という。
完全になめてたね。がんばらねば。
見切り発車は良くないってことがわかりました。
(この次の結果は無事通過。その他はまだ結果出てない)


さて、第一志望である投資銀行業界のエントリーシートを準備しているわけですが、なかなか難しい。
自分の長所はなんだろうか。
いろいろ思いつくが(傲慢)、簡潔に自分を宣伝するに適したもの、という制約がつくとなかなか迷うものである。
目標さえあれば自転車で100km以上を移動することも何の苦もなくこなせる行動力か、それとも自分の無知をさらけ出して教えを請うことのできる鈍感さか、はたまた香川とうどん、そして日本を愛す郷土愛か。
思いつくものに、投資銀行業界のエントリーシートに合いそうなもの、というスクリーニングにかけて残ったものを再び足してみると、自分とは全く違った人間像が現れたりする。
逆にに短所はなんだろうか。こちらは長所とは比較にならないほど多くのものが出てきてしまう。馬鹿正直に書いてしまうとそれこそとってくれる企業などなくなってしまうだろう。

まぁ単純に考えれば、相手は400字であなたの全てを教えてくださいという意味で課題を出しているのではないのだろうけど、なかなか悩ましいものだ。
簡潔に相手の要求に応えつつ自分を表現するという作業なわけだけど、まだこれだ、というものが出来上がらない。

こういう時にある程度見切り発車して物事を進めるのも長所の一つだと思っていたが、それが短所の一つでもあったことが先日証明されてしまった。
また、納得するまで深掘りできるのも長所の一つだと考えているが、今度は時間とのtrade-offが出てくる。(本エントリーは早くしないと選考枠が埋まってしまう)


とりあえず一番自分に特徴的なのは囚われないことかなと。
いろいろな人を見るとこの部分は人と違うのかなと思う。
自分が何を欲しててそのために何ができるのかを考えて、使えるリソースを使って行動することができる。(と思っている)
ここで何に囚われないのかというと、自分のプライドとか相手の権威とか過去の実績とか常識とか。
当然長所も短所も含まれる。囚われない分、行動に一番生産的だと思う方法を取れるが、無謀なリスクをとってしまうかもしれない。(今)


また、本質を見抜いて行動しなければ、いくら行動しても意味がないばかりか、間違った考えに陥ってしまうかもしれない。
予定だけ埋めて悦に入っていては何もしないのとほとんど変わらないし、上っ面だけ格好良さそうなことを選んでいては結局何も結果がついてこないことに成りかねない。




で、結局今自分がしなければいけないことは何かというと、行動することではなく、エントリーシートを書くこと。
書くことも好きだが、お題を与えられて書くというのはどうやら苦手らしい。そういえば楽譜に囚われるのが嫌でjazzに興味が移ったって話を前に書いたなぁ。
なんか俺って一歩間違えれば世捨て人とかになりそう。




エントリーシートの内容を受験希望者に任せるという太っ腹な企業はないのだろうか、
なんて妄想をしてしまうテスト前の夜でした。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。