スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左曲がり

時間がほしい。もっと時間がほしいなぁ、と最近思う。
ようするに拘束されたくない。

映画シリーズ。
「セブン」と「ハゲタカ」と「ライフイズビューティフル」を見た。

「セブン」はグッドウィルハンティングを同じく見たけど途中で寝てしまっていたのでもう一度。
おもしろかった。

「ハゲタカ」は真山仁作の小説が原作のNHKドラマで、ちょっと前に映画も公開された。
内容はビジネスもの。邦銀出身で外資ファンドマネージャーとなって日本に帰ってきた主人公と、邦銀時代の上司、そして主人公が邦銀の行員だったころに貸し渋りして倒産した町工場の娘であるマスコミ記者が主な登場人物。

ハゲタカファンドって容赦ないっていう描写から、そうでもないぜって展開なんだけど、そのそうでもないぜの部分がファンド代表である主人公の特殊な事情によるものというストーリーだったのでちょっと違和感。面白かったけど、これ系の作品なら映画「ウォール街」のが面白かったように思う。

日本でもっとも有名な"ハゲタカ"ファンドは旧リップルウッドで、その原因となったディールは破綻した旧長期信用銀行を買収した2000年のディール。これに関して「セイビング・ザ・サン」という実に面白い本があるのでおすすめ。

「ライフイズビューティフル」はクラスメイトがすすめてくれた映画。
ありがちなアメリカのラブストーリー映画かと思ってたけど、とんでもない。全く違ってた。
舞台はイタリア。ユダヤ系イタリア人である主人公が一人の女性に恋をし、やがてできた愛する子供を守る話。はじめは平和で素朴な町だが戦争がすすみ舞台はユダヤ人強制収容所に移るのだが、主人公の変わらぬ愛に感動。

「ニューシネマパラダイス」もすごく感動した映画なんだけど、それと似た温かさがあります。イタリア映画の特徴なんだろうか。
この2つしか見てないけど。
おすすめです。






さて、前回かけなかったネタ。
政治ネタです。

なぜ民主党がマスコミの応援をうけるのかとか、日本がなぜ資本主義なのに左寄りなのかってことに関係しそうな話。
去年書いた話と少しかぶるが、すごく密接に関係してると思う。
(参考:アジアってめんどくさい「http://mixi.jp/view_diary.pl?id=873231754&owner_id=271459」)


戦後の話。
GHQは2つのことを行った。追放と検閲。
この2つにより今に至る戦後社会の歪みがでたと考えている、という話。


追放は一般に公職追放と言われるが、その範囲は政治家や政治団体だけでなく、報道機関や民間企業の役員までもがその対象になった。どうじに財閥解体もすすめた。
もう一つは検閲。その範囲は新聞や書籍はもちろんテレビ・ラジオやパンフレット・配布文書にまでいたっていた。内容は戦前の連合国の政策や東京裁判、占領政策の批判、アメリカが憲法を起案したこと、満州での日本人の取り扱い、検閲されていることなどを含むことを規制し、一般人は検閲をされていることすら知らなかった。これにより戦争に対する罪悪感と旧来の日本への嫌悪を埋め込むことで日本を無力化しようとするものであった。
ちなみにポツダム宣言10条に「言論、宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は確立されること。」とあるのでこれに明確に違反している。
どちらも約7年続いた。

目的は日本が再軍備し、アメリカに戦争をふっかけないようにすることと、敗戦国に対する懲罰だったと見られている。

効果はどうだったか。

政治家の追放は自由な政治活動を萎縮させた。また昭和二十二年の選挙で社会党が絶対多数を握ることになった。財閥解体や役員追放は企業経営と日本経済に大きなダメージを与え、労働組合の勢力が増す原因にもなった。
検閲は、情報を発信する側にとっては思考範囲を制限するようになる自己検閲がすすみ、一般人にとっては報道されるものにそって思想体系が組み替えられ、思想改造が進んでいった。このころGHQの主導権を握っていた民政局はニューディーラーという計画経済をすすめる共産主義に近い考え方をもっており、そのために伝統的な価値や愛国心を壊して日本を組み替えようとしていた。そのために戦後の極貧の経済状況と合わせて共産主義が一気に勢力を増していった。


ここで重要なのはこの時代の主役だ。
企業では労組が力を持ち、教育や報道機関では共産主義よりの教育・報道がされていた。つまりこの時代を主導していたこれらの集団が、それらを自らの使命と置き換えて、現在までその血脈が続いていると俺は考える。


で、この検閲が行われた期間である1947年から1949年にかけてベビーブームが訪れ、団塊の世代が誕生する。
政治意識論で世代間変化というものがある。思春期や青年期を特定の時代に過ごした人は、その意識の中にその時代の影響が思想の中に残るというものだ。これに従うと団塊の世代の親はこの時代の影響を強く受けている。


この後、冷戦の激化やGHQ民政局実力者の失脚、日本で政権をとった社会党の失政などでGHQや国内政治は変換点を迎えることになる。冷戦下で日本は産業や地理で役割を果たすことになる。
ただ、拘束がなくなっただけであり、一定の思想に偏ったマスコミや教育、共産主義と結びついた労組、検閲下の言語空間で育った子供が急に変わるわけではなかったと思われる。




まとめると、
今の日本のマスコミと日教組の偏向、労組の大きな力、そして国民全体としてのリベラルな傾向はGHQの戦後政策が発端である。
検閲はマスコミと教育者を通じ、日本人の思想体系を変え、追放は保守的な政治活動を萎縮させ、労組の拡大を助けた。
この時代の影響を強く受けた世代の子供が団塊の世代であり、その後の日本で大きな影響力をもった。
となる。



もちろん悪いことばかりではないと思う。
労組が強かったからこそ労働者への分配が行われ、先進国ではかなり格差の小さい国になったというのもあると思う。また、同じ理由で終身雇用が守られ、技術の蓄積がされた面もあるかと思う。

ただ本来中立であるべき教育や報道が偏るのはいただけない。
情報が歪められては慎重な判断もくそもなくなってしまう。





この選挙でも、っていうかずっと前からマスコミは露骨に偏ってて、その甲斐あって民主党が第一党になるのは確実だろうけど、なんとかならないものか、と思ってこんな日記を書いてしまった。
そうなってしまうのはしょうがないとして、今後はせめて政治的なこと、政策的なことに関する議論を喚起するような報道になってほしいもんです。
スポンサーサイト

すでに俺は暴れ鬼です

---------------
「教授ミスで歯学部8人留年、どう弁償…鹿児島大」
(読売新聞 - 08月28日 00:27)

 鹿児島大は27日、2005、08年度の歯学部卒業試験で採点ミスがあり、男子学生8人を誤って不合格とし、留年させていたと発表した。
 8人は歯科医師の国家試験を受験できず、新たな学費を負担するなどの被害を受けており、同大は8人の卒業をさかのぼって認めるとともに、金銭補償も検討している。
 発表によると、試験はマークシート方式で行われ、05年度は68人、08年度は60人が受けたが、両年度の採点を担当した男性教授(58)のミスで05年度は本来合格していた3人が、08年度は5人が不合格とされた。
 08年度の試験では、教授がパソコンで学生の答案と解答を照合した際、別の問題の解答で採点するなどしていた。
 08年度の試験で不合格とされた学生が「納得できない」と、問題と自分の解答を開示するよう要求。開示された解答を自己採点した結果、ミスが判明した。

---------------

俺っておとなしすぎたんかいな。まぁ当時は最善はつくしたのでしゃーないですな。
たぶん金銭補償ってむずかしいよね。


---------------
「日本郵政の会長に西岡氏 横山氏らは三井住友銀に復帰へ」
(日本経済新聞 - 8月27日 23:01)

 日本郵政は27日の取締役会で、新たに設けた会長ポストに西岡喬・三菱重工業相談役(73)を選出した。西岡氏は2006年1月から社外取締役を務めており、同社業務への理解も深く適任と判断したもよう。佐藤勉総務相も了承したという。
---------------

西川喬ってうちの高校のOBですがな。
接点は皆無ですが、なんかうれしいもんです。




さて、「タクシードライバー」見ました。
主演はデ・ニーロ、キーとなる少女に当時13歳のジョディー・フォスター。
海兵隊上がりの孤独なタクシードライバーが自らの考えを少しずつ暴走させてしまう話。
地味な映画かと思ったらなかなか作り込まれてるし、映画らしい映画だと思う。カミュの「異邦人」のような映画。
ラストはイマイチうまいとは感じなかったけど、なかなか面白かったです。

映画はてんで知識はないのだけど、なかなか面白いもんです。
このタクシードライバーは1976年の作。ちょっと昔の映画だから、無駄な派手さがなく、その分俳優の演技やメッセージに労力が注ぎ込まれてるのかなぁ、などと思った。
おすすめ映画募集中。



さて、ネタは明日にとっておきます。
最近笑いの文化人講座(香川のローカル本)を読み返してます。
タイトルはその中の回文。
スデニオレハアバレオニデス

深く漬け物

jazz研合宿も終わり、学校が始まりました。
うへー。


「シカゴ」と「グッドウィルハンティング」見ました。
シカゴはミュージカル型の映画。ミュージカルを見る習慣は持ち合わせてないのでイマイチ。
グッドウィルハンティングは高校の時途中で寝てしまった映画。
良い映画ですね。
よくできてる映画だけど、所詮天才がどうのという話なので共感はできまへん。




今日歯学部オープンキャンパスの質問受け係になりました。
7月末の学校全体のオープンキャンパスの時も歯学部の質問受け係になったので2回目。
当たり障りのないコメントでつまらない時間を垂れ流さすことは避けられたと思う。聞き手がどう感じたかは別にして。




最近バイタリティが戻りつつあります。
夏休みの効果か。
この夏休みはひたすら“なんとなく”過ごしました。
気の向くままに冗長に時間を過ごしてたら、そのうち時間が惜しくなってきて自然といろいろな意欲が湧いてきました。うれしい。




解決法が導き出せるならそれを実行すればいいし、解決法がないならどうしようもない。その中間はない。
難しい問題はだいたい人と人の間、もしくは自分の中の問題であって、それらはだいたいコミュニケーションをとることで解決出来る。
これが自分なりの悩む必要のない問題解決法。
解決法が導き出せる問題は論理の問題。積み木を積み上げてできたものが解決法だ。
解決法がないのならばそれは問題ではない。条件だ。
ただ、できた解決法を実行できるか、条件を納得できるかはまた別の話。

すべきことがあるのは楽だ。それをすればいいから。
した方がいいことがあるのは勇気がいる。だいたいしない方が楽だから。
なにもすることがないのはつらい。時間が流れていくから。
ただ、すべきことは実は全てした方がいいことだし、した方がいいことは全てすべきことなのかもしれない。この揺らぎが自分の中の難しい問題。日々ぶち当たる。理性で説得するのが解決法。

人と人が意思疎通することって難しい。なぜなら意思疎通したことを完全に確かめることはできないから。だいたいの人はたぶん内心をもっていてそれを直接表に出すことは少ない。あるのに見つけられないそれが人と人の難しい問題。解決法は腹をわること。


現実は条件だからそれに振り回されることはないはずなんだけど、未だに投資銀行行きたかったなぁなどと溜息をつく自分もいる。
挫折はなれているので直接の問題にはならなかったが、それが影響してバイタリティが落ちていたとなると弊害がでていたことになる。
まだまだ未熟モンですわ。自分くらい修められるようにならなければ。
人間って奥深いですね。






春はあけぼの、夏はつけもの、秋はくだもの、冬は鍋もの。
最近朝方夕方は秋っぽい様子ですが、秋を感じるのはもうちょっとかかりそうな気もします。
秋は好きな季節だけに待ち遠しいです。

joho

ロードオブザリングの残り2作を見終えた。
いやぁ、大作ですわ。
サム強すぎ。

小さい頃に「ホビットの冒険」を読んだことがあったので似たような場所とか出てくるのかと思ってたんだけど、全然そんなことはなかった。
ファンタジーものは他にナルニア国ものがたりと冒険シリーズを読んだ事があるけどどれもイギリス産だなぁ。中でもナルニア国ものがたりは結構はまった思い出があります。銀のいすにでてくる挿絵の大蛇は今でも思い出せる。
実家に帰った時にでも読み直してみようかなと思う。




さて、民主党がまたアホなことしてますね。

---------------
『民主、日の丸を切り貼りして党旗作成 HPから削除』

民主党が今月8日に鹿児島県内で開いた総選挙への決起集会で、日の丸の国旗2枚を切り貼りしてつなぎ合わせ、民主党の党旗のように掲げていたことが17日、わかった。 この日開かれた党首討論会で、麻生首相が指摘し、民主党の鳩山代表を追及。鳩山代表は「大変申し訳ない」「われわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけなかった」などと釈明した。集会で問題の旗が掲げられた様子は民主党のホームページにも掲載されていたが、同日削除された。
 麻生首相は党首討論で、民主党が日の丸の旗を切り刻んで上下につなぎあわせていたと支援者から報告があったと説明。「日本の国旗を切り刻むという行為がどういうことなのか。許し難い行為」と指摘すると、鳩山代表は「民主党のマークは確かに国旗を切り刻んで作れるかもしれないが、そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば、大変申し訳ない」とした上で、「それは国旗ではなくて、ある意味でわれわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけない話だったと思っている」と述べた。
---------------

国旗を切り貼りする発想もアホやし、それに対する鳩山議員の反応もアホ。
一時は勉強させてもらったから恩はあるが、基本的に嫌いです。
てか日教組と自治労が主要な支持団体で、かつそれらにおもねった政策ばかりな点で終わってる。在日外国人参政権も反対だし、学校無償化も農家所得保障も反対。

民主党代表代行の輿石議員は山梨県教組出身だが今年初め「教育の政治的中立はありえない」と言っている。ボケが。
前回の参院選の時に大きな争点となった社保庁の労組出身の相原議員が民主比例トップの得票を得て当選したのも記憶に新しい。公務員の団体行動を解禁するそうだが、自治労が影響力をもつかぎり公共の福祉にはつながらないだろ。
政治に参加できるという事は公的な強制力への影響力を持つということ。外国人にあげるもんではないと思う。
今は勉強したい人間が勉強できないほど学費が高いとは思わないし、戸別所得保障された環境で農業が産業になるとは思えない。そりゃ公共事業だ。それにFTAを推進するといってるのと整合性はどう考えるんだ。

てか政策以前に執行部がうさんくさすぎる。
なぜこの党が政権をとる流れなのか理解できない。



今日公示か。

夏てか秋

アメフト合宿が終わりました。
館山で3泊4日。
初めて軽い熱中症っぽいのになりました。原因はおそらく、午前の練習の後、他のみんなが昼寝などをしてる間に1人で汗を垂れ流しながら自転車をこいで神社巡りし、そのまま午後の練習に突入したから。しかも練習終わった後水分全然とってなかった。



館山のある房総半島のさきっちょの当たりは安房国(あわのくに)という。これは徳島県の国名阿波からきている。
どういうことか、古語拾遺によると

初代天皇である神武天皇は忌部氏のリーダーである天富命に命じて各地の豊穣な土地を探していた。始めに天日鷲命の子孫を率いて阿波の国に行き開拓した。その後さらに肥沃な土地を求めて黒潮に乗り、房総半島に辿りついた。

ということらしい。
古語拾遺は忌部氏が朝廷に中臣氏に押され気味であった祭祀に関する権限の正当性を認めさせるために書いたものだから、当然すべてが真実だとは限らないけど、現に安房地域には天富命や天日鷲命、さらにそれらの祖である天太玉命を祀る神社が数多くある。また、名のある神社ではなく素朴な地域の神社も建築がそれらの影響を強くうけたもの(神明鳥居に神明造)が多かった。付近の土地には天富命の名からか、富山や富浦など富の付く地名も目に付く。
これに関連して、船橋にある意富比神社(おおい)の宮司は戦国時代までこの地で勢力を誇っていた富氏らしい。
安房の地名の由来は諸説あるようだけど、俺はこの説を信じます。


で、房総半島は肥沃な土地であったため総国(ふさのくに)と呼ばれた。総国はその後上総と下総に分割された。また、本居宣長の説によると、旧武蔵国(東京と埼玉)と旧相模国(神奈川)も古くは総国に含まれており、フサカミがサカミとなり、フサシモがムサシとなったという。


実におもしろいね。これだから神社巡りはやめられません。


他に気付いた事といえば鳥居や本殿を白く塗っている神社が多く見られた。調べてみれば今回は行けなかった安房国一の宮の安房神社の鳥居もすべて白いらしい。何か意味があるのだろうが、ググってもわからなかった。ざんねん。


結局式内社のうち今回参拝できたのは洲崎神社と洲宮神社だけだった。
洲崎神社は千葉県西端の岬の中腹にある神社で東京湾が一望できる場所にある。前述の天太玉命の后神が祀られている。旧准勅祭社(東京十社)の一つである品川神社はこの神社から勧請したものらしい。
安房国や上総国や下総国の内房線沿いには他にもいくつか式内社がある。それらは来週にあるjazz研の合宿の時にでも隙をみて参拝したいと思う。



とりあえず、3日目のバーベキューの時に亀田総合病院で働いている先輩が持ってきた大量のサザエとアワビがうまかった。黒アワビも食べられて幸せでした。



で、東京に帰ってきたわけですが、明日月曜日の患者さんがキャンセルになったのでTSUTAYAでビデオ借りてきて見てます。押井守監督の「人狼」「ロードオブザリング」「バタフライエフェクト」の3つ。100円でレンタルできるってすばらしいね。なんかおすすめ映画あれば教えて下さいな。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。