スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日目賀美郡那珂郡

普通の受験生と俺とで決定的に違うところはどこでしょうか。


答え:普通の受験生は試験の前に神社に行きますが、俺は受験の後にいきます。



てことで月曜日は神社巡りしてきました。
行ったきたのは埼玉北部。

0208.jpg

総行程は約25kmでした。


6時40分発の高崎線に乗り1時間半、まずは神保原駅へ。

寒い朝に頭が冴え、実に気持ちがよかった。


02081.jpg


写真は雪をかぶった男体山と一社目池上神社。正式名称は今城青坂稲實池上神社(イマキアラサカイナミノイケカミ)で同名式内社の論社。
神明鳥居を抜けて少し進むと玉垣と両部鳥居が見えてくる。
田舎の式内社は久しぶりだったので少し感動した。


02082.jpg


祭神は気吹戸主命(イブキドヌシノミコト)と豊受姫命(トヨウケビメノミコト)
この2柱のセットは見たこと無い。よくわからん。
この神社は一度洪水で流されたらしく、本殿が少し土が盛られた上に建ってたのが印象的。


次は熊野神社。式内社の今城青八坂稲實神社(イマキアヲヤサカイナミ)の論社

020833kumano.jpg



なんてことはない普通の神社。特に式内社っぽい雰囲気はなし。


次は天神社だが、この時点ですでに2時間歩いて1件もコンビニがなく、この先もあるかどうかわからなかったので、そばにあった関越自動車道の上里SAで豚まん喰って腹ごしらえしといた。


0284tenjin.jpg


駐車場っぽいところのそばにコンパクトだが木々に囲まれた神域を作っていた。
狛犬もまたコンパクトだが年期の入った独特の雰囲気を出しており、なかなかかっこよかった。


次は長幡部神社(ナガハタベ)。
式内社に同名社があるが、その神社以外にも3社の論社でもある。かなりあちこちの神社が合祀されており、かなり期待していた。が、実際に行ってみるとなんかイマイチだった。

0208chohata.jpg



イマイチに感じた原因はおそらくペンキで塗ったと思われる品のない色の鳥居、そのへんの倉庫を再利用したのかというような安っぽい拝殿だろう。
なんともいえずさみしい気分になった。


次は皇大神宮。長幡部神社と同じく論社の合祀を受けており3社の論社ってことになっている。

0208koutai.jpg



バス停になってた。


次は阿保神社(アボ)。


0208abo.jpg



---------------
阿保神社

當社は阿保朝臣人上の創立せしものにして、延喜式当國四十四座の一、則今城青八坂稲實神社なりと云傳ふ。朝臣は伊賀國阿保村の人なり。延暦3年(784)11月、從五位下に叙せられ、武藏介に任ぜらる。任地に來るや地を茲に相し、一城を築き、今城と称し、本國の地名を移して阿保村と云ふ。社號の依て興る所以なり。阿保、青、國音羽近し。故に式に青坂と証せり。其后治承4年(1180)阿保二郎丹次實光崇敬して、社殿を造営す。后建物頽破せしを以て、文政元年(1818)村民再建せしと云ふ。(神社明細帳)
---------------

付近の神社の名の由来がようやくわかった。
この付近の式内社はだいたい今城青坂稲實池上神社、今城青坂稲實荒御魂神社、今城青八坂稲實神社の論社だ。青八坂は青坂からの転化だろう。
この阿保朝臣をいたという伊賀国阿保村には阿保朝臣の始祖にあたる垂仁天皇の皇子息速別命(イコハヤワケノミコト)を奉祀した大村神社がある。この息速別命及び子孫が伊賀国阿保村に代々居住し、文化の移入、土地・産業の開発に尽くされ地名に因って阿保朝臣の姓氏を賜ったそうだ。
武蔵国は元々出雲族の影響濃い血だが、この付近は違ったらしい。


神社自身はというと先の2社と違い神域をもち式内社っぽい空気があった。
ご神木が印象的。


02085sinboku.jpg




次は今城青坂稲実池上神社。1社目と同じく同名社の論社。

0208ikegami.jpg



この神社は古くは丹生社とと号したらしい。長幡部神社も同様な記述があった。この神社の神社明細帳によると、この丹生は丹生川上神社の勧請だそうな。
丹生川上神社は大和国南部にある神社で二十二社の一社。当然式内社であり明神大社であり、明治時代は官幣大社であった神社。これも阿保朝臣の影響だろう。



次は熊野神社。

0208kumano.jpg



この神社も社叢をもったなかなかいい神社だった。
拝殿の側では近所の人が2人でたき火してた。
この神社には獅子舞が伝わっているという看板がたっていたが、これまで巡った神社の多くには神楽やらなんやらが伝わっているというのが多かった。地域の崇敬篤いということだろう。



この次はJR八高線でちょうど一駅分ちょっと離れていたため電車で移動することに。
で行ったのが丹荘駅。思えばこの丹も丹生からきてるんだろうな。




八高線らしく実に小さな駅。
時刻表をみてさらに驚いたことに次の電車が1時間半後。
本を読みながら待ちました。


で行ったのがみか神社。漢字は↓同名式内社とみられている。

12534081_698201609.jpg
12534081_536249423.jpg



ミカというのは酒を醸すのに使う大型の甕のことでこの神社の祭祀にはこのミカを製作した集団であったとされる。御神宝として土師器も保存されているらしい。

0208mika.jpg



遠くから一目でわかるこんもりとした社叢をもっており、なかなかの雰囲気。
祭神は櫛御気野命(クシミケヌのミコト)、櫛甕玉命(クシミカダマのミコト)。前者はスサノオの別名、後者はオオモノヌシの別名。
もろに出雲族ですな。
オオモノヌシについてもスサノオについても酒と深い関わりがあり、その部分での繋がりもある。また、付近には製鉄とかかわりがあるとされる金讃神社もあり、この付近一帯は出雲族の土地だったのだろう。
おもしろいなぁ。

ちなみにこの神社には五角石柱があった。

0208mikagokaku.jpg



香川県以外で初めて見た。




これで終わり。
最後についた駅は松久駅。


0208matuhisa.jpg


便所か!と思ったら

0208toire.jpg



便所も兼ねてました。



あと道ばたで見た看板。

0208nihon.jpg



国試終えたばっかりの俺にとって怖すぎます。
日本のうえんと鶏卵って・・・。



あとお家についてからこの日いった神社を振り返りました。




1カ所行き忘れた!!
スポンサーサイト

国試終了

無事2日目も終わりました。

結構難しくなってるなぁと感じました。
過去問はシンプルな問題が多いけど、今年のは一ひねり二ひねりが多く感じました。てか聞いたこと無い単語、見たこと無い器具がいくつかあったし。
昨日つぶやきで合格点て書いたけど、必修と禁忌のことを考えると全くもって安心できないことに気付きました。
とりあえず今は開放感でいっぱいなので答え合わせはまた気が向いたら早いうちにやっときたいと思います。
ま、俺の場合は落ちても浪人しなくてすむんで気は楽です。


とりあえず京都移住まであと1ヶ月半少し。
東京でやり残したことを片っ端からやるつもりです。
読みたい本、会いたい人、行ってみたいところなどを考えると割と時間がないかもしれない。

ではでは。

1wICT

雪ですね。
前に降ったのは2年前の2月3日。雪の中氷川神社に行って節分のおかしもらったので良く覚えてます。


今週末が国試。
ここにきてやっぱ受かりたいなぁと思ってきたのはまぁ予想通りとして、生活リズムがここまで狂ってるのは予想外。
あまり生活リズムを急激に変えようとすると勉強の効率が落ちるが、はっきりいってギリギリなのでそんな暇はない、と。
さて、どうしたものか・・・。


ということは考えつつ木曜日に日経主催のICT医療フォーラム『ICTによる高度医療社会の実現』第1回遠隔医療とやらに行ってきました。

遠隔医療については存在は知ってたけど積極的に情報収集したことはなかったのでいい機会でした。ちなみに座席数610席の日経ホールが満席で、ホワイエにモニターと椅子をおいてそこも満席っていう状態でした。



まず、遠隔医療のタイプとしては3つある。
D to D:医師対医師。具体的には一般医が放射線や病理の専門医に画像を送って意見を聞くというもの。
D to N:医師対看護師などのコメディカル。リハビリや在宅看護などに対する指示。
D to P:医師対患者。在宅の患者や診療所のない僻地の患者に対する医療など。

少なくとも技術的にはすでに可能で、CTやMRIのような比較的大きなサイズのファイルでもやりとりにかかるコストはゼロに近い。

すでに数多くの病院や診療所、地方公共団体で行われてるんだけど、実態としてはかなり厳しく、プロジェクトの総数は右肩下がりらしい。

なぜか。
答えはシンプルで、事業として成り立っていかないから。
事業として成り立つには収支のバランスがとれていないといけないが、現状はかなり厳しいらしい。

当然医師は高コストであるし、そのくせ勤務医不足で調達できない。
また、現在の遠隔医療に対する診療報酬は低い。
これを解決するには、例えばクラウドコンピューティングやコールセンターといったシステムの集積、共用をしたり、コメディカルスタッフで代用できる業務は代用するなど効率化出来る部分は効率化していかなければならない。
また、法律面でも解決すべき問題がある。
医政局局長通知で遠隔医療は無診察診療にあたらないとの解釈は出されたが、あくまで対面診療の補完的なものという位置づけであり、診療報酬も病理と放射線読影にしか認められていない。
また情報管理の面でもリスクがある。個人の身体所見や病歴は個人情報のうちでもかなり秘匿性の高いものであり、医師や歯科医師への罰則は刑法に定められている。これらの情報が漏れるようなことがあればその辺の企業みたいに「ごめんなさい」じゃすまない。
この部分についての責任の所在についても明確にする必要がある。


今後の可能性としては、例えば救急車の中で患者の映像を病院に流して指示を仰ぐとか、刑務所の中の病人に対する医療とか、さらに、在外邦人に対する在日医師による診療、在日外国人に対する在外医師による診療などが考えられる。




こんなとこか。
元々技術的には可能であっても、日本の大部分の地域では病院へのアクセスは非常に良く、DtoPで本当に需要があったのは僻地や離島だけだろう。こういった地域では当然事業として成立するはずはなく、政策がカバーするものだ。救急車や刑務所についても同じ。
今後民間の事業者が参入する余地があるのはDtoDとDtoNだろう。
このうちDtoDはこの行為自体の付加価値というのはそれほど大きくないので注目すべきはDtoNか。
物理的な距離の意味をほぼなくすことで、1人の医師がより多くのコメディカルスタッフに指示を出すことが出来る。つまり、医師一人あたりの生産性が高くなる。逆に1カ所に医師を集めることが出来る。つまり、スタッフステーションを作り、そこに患者を集める。個々の患者の主治医が遠隔医療システムを使ってそのステーションに指示を出す。
一定の人口毎にこういった施設を作れば患者の移動にかかる負担は減る。
ただ、当然医師の側の物理的制約を超えることも考えられるのが難点か。まぁそれは予約でもいいわけか。


まぁまだしばらくは社会的にいろいろな試行錯誤が必要だと思う。
そもそも遠隔医療というのは情報の物理的な散らばりをなくすことであり、こういったことは大学の役目だと思う。
まだ診療報酬的に厳しいかもしれないけど、なんとか大学が主導してあたらしい仕組みを作ってもらいたいところ。まさにイノベーションの分野なんだし。


そういえば昨年末に大学の先輩が近々遠隔医療の会社立ち上げるかもって言ってたので、それに期待。




さて、受かるんだろうか、俺は。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。