スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

か~ま~ど~

土曜日はばなきと共に東大法学部の公開シンポジウム
「ボーダレス化時代における法システムの融解と再構築-現場との対話」
『第2部 国際関係をめぐる法システムの再編成』
ってのに行ってきました。

会場が六本木ヒルズだったのでその前にヒルズで昼飯喰いました。中華料理屋で1000円の定食。

めちゃくそうまー!!
味付けがちげー。やっぱうまいもんはうまいんだなぁ。
4階の中華料理屋、今後も行くことになりそうです。


んでもって肝心のシンポジウムの内容はというと、東大の教授4人と元イスラエル大使と国際問題研究所所長代行の計六人による研究発表のようなものでした。


感想。
元々このプロジェクトは特定のテーマに対して分野横断的な研究チームを作って研究するってコンセプトで、今回はその成果発表らしかったんだけど、印象としてはそれぞれバラバラに自分の研究をしていた感じだった。

中身は国家の統廃合による国籍・市民権の問題だとか在日外国人に関する不法行為の問題だとかパレスチナ問題だとか。んで正直いって中身もそれほどおもしろいとは思わなかった。
というのも研究発表というよりなんだかただの現状の解説に思えてしまったからっていうのもあるだろうし、いまいちoutputがはっきりしていなかったからだろうと思う。

その中でも長谷部恭男教授の「リベラル・デモクラシーの行方--レオ・シュトラウスの政治思想によせて」っていう発表はすごくよかった。元々俺が哲学好きってのも影響してるかもしれないけど。

他の発表とは異質で、問題に関する研究ではなく、最終的に命題を証明しようとする形の研究発表だった。手元に資料とメモがないからうまく要約はできないんだけど、現象としてシオニズムを提示し、それに対してシュトラウスの哲学を「書く技法」の中に隠されたホッブズやスピノザの思想との関係を解き明かしながら明らかにしていっていた。
だめだ、うまく要約できない。

長谷部教授はその発表の仕方がまず絶妙だったんだと思う。
論理構成が見事だった。


その後ラーメン食って帰宅した。
ばなきもいろいろと悩んでるんやなぁ。
見たことないことはわからんし、いわんや先のことなんてわかるはずもない。
大学生って悩むもんやね。当然か。今の自分じゃなくて将来の自分を縛ってしまうことになるんやから。


んで日曜はだらりとテスト勉強とレポート作成、のはずが夜7時から11時まで寝てしまってレポートが終わってなかったのでそっから朝までせっせと作ってました。

んで今日新たに「レポートは木曜まででいい」っていう情報が。
俺の徹夜(もどき)は一体なんだったんだ・・・。


そのレポートってのは去年唯一落としたテストで「歯の鑑別」。
歯を提示されてそれがどこの歯なのか当てるってやつ。
どうやら俺はセンスがないらしい。あかんわぁ。
彫刻の方は割りと好きなんやけどなぁ。



最近ほんま勉強せないかんな、と思います。

このままじゃやりたいこと何もやれん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。