スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金築上

月曜日は臨時休講で四連休♪

今日は少しの開放感を味わうため学校終わってから少しばかりぶらぶらしました。
まずはつつじまつりを鑑賞しに根津神社へ。
つつじは確かにきれいだったのだけど、まだ七分咲きというところか。
涼しい日がつづいているからだと思うけど、満開まではあと少しだな。

その後は谷中のお寺群の中から谷中霊園を通りうろちょろしながら北へ。
ふと目の前に杜があったので近づくと案の定鳥居が見えてきた。
神社の名前は諏方神社(すわじんじゃ)漢字は違うが諏訪大社の分社らしく、諏訪大社と同じ建御名方命(たけみなかたのみこと)を祀る。 
江戸時代には谷中・日暮里の総鎮守だったそうな。

この神社遠くからでもわかった通り、なかなか社叢がしっかりしていてとても居心地のいい神社だった。神社は高台の上にあり東隣はJRが走っていてなかなか見晴らしもよかった。



(諏方神社 境内)

この神社の倉庫らしき建物の前にあった狛犬には彩色がされてあったんだけど、目が真ん丸な上に口から微妙にたれてて実に変だった。鼻の穴まで塗るかよ。



(諏方神社 狛犬)

後で神社を去るときに西にある鳥居を見ると扁額に「谷中・新堀総鎮守」とあった。現在の地名だと日暮里だが、昔は新堀だったということか。

ということで調べてみると、ここはかつて新堀という地名であると同時に墨田川や筑波山までみえる景勝地であり、日が暮れるまでいても飽きない「日ぐらしの里」と呼ばれたことから、「日暮里」となったのだそうだ。しかもこの神社の宮司は「日暮」という苗字らしい。
この神社がそうなのかどうかはわからないが、世襲制の神社などは宮司の苗字が神社の由緒に関連していることが多く、面白い。


その後千駄木付近をぶらぶらしてたら住宅地の中に神社を発見したのでそこを参拝して、またぶらぶらしながら家まで帰ってきた。


諏方神社を参拝して、地域の総鎮守を巡るのもいいなと思い始めた。手軽やし、チャリやから金がかからん。
区のHPなどでも割と情報が整備されているのでちょこちょこまわろうかと思う。



最近機種変したのだが、どうもきれいに写真がとれない。一応カメラ機能は落とさなかったんだが。
きれいに写真がとれないのはちょっと悩みどころやわ。




ところで全然話変わるけど、下の写真の詳細を知ってるひとがいたら教えてください。
拾いもんだけど、超気になる。
気になりすぎる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。