スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噛む力 史上最強


http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=123486&media_id=4

で具体的にどれくらいなんか書いてないやん。気になるがー。

何か書こうとしたんだけど忘れた。

経済財政諮問会議で民間議員から診療報酬体系を現行の「出来高払い」から原則的に「包括払い」に見直すべきだ、とかいう意見が出たそうだ。
この経済財政諮問会議自体、かなり豊富で質の高い情報が集まってるんだけど、それを話し合う人間の視点がどんなものかイマイチよくわからないのであまりいい印象はもってないんだよなぁ。
別の政府系会議の民間議員は医療費は国際的に見ても高いと思ってたなんてこと言ってたし、所詮技術的なことはわからんのではないか、という思い。経済の動きは重要だけど、経済だけで物事は見えない。


前の歯科医学会会長の講演で「つくづく歯科は出来高払いで食ってるんだなぁと思った」みたいなことを聞いたんで、包括払いになったら歯科は厳しくなるんだろうなぁ。
もっとも「出来高払いだから得をする」といった無駄な治療はなくなった方がいいんだけどさ。


理想と現実をどのように埋めるのか。すでに建前とは違い歪みの生じてる現場に行政はどのような対応をとるのか。
誰が何をすればいいのか、何をすべきなのか。
これらについて考えるべき利害関係者は、広く捉えれば国民全体だし、少なく見積もっても医療者とその予備軍は意識すべきだと思うんだよな。
これはこの先にある避けては通れないとても大きな問題だと思う。


柿うまー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。