スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリアと仮説

今日は昼飯食ってミクロ経済やった後、六本木ヒルズにヒルズセミナー行ってきました。

講師は石倉洋子で演目は『世界級キャリアの作り方 〜 実践的国際派プロ論』。
別にキャリアがどうのこうのっていうのではなく、講師の経歴見て一流の人だと思ったから行ってみました。
期待を裏切らず非常に得るものの多い講演でした。


現代の特徴は、時間や距離、境界などが曖昧になり、社会において個の意味が強くなっているということ。
それは情報のコモディティ化を促進し、権威を分散させることになる。例をあげるとブリタニカよりもウィキペディアへと人々が移っていくということ。今や情報を持つことの意味は薄れてきている。

アメリカで「なぜシリコンバレーが復活しとR128は沈んだか」というアナリー・サクセニアン著の本がある。シリコンバレーでは企業はopenであり、技術に対して価値を認めていた。一方ルート128では企業はclosedであり、経営者は金融出身だったため技術を十分に評価することができなかった。
これから示唆されるものは企業と人はお互いに集積し交通することにより高い技術と高い能力をもった人を生み出すようになるということ。
世界に目をむけると、シリコンバレーをはじめとして、インド、中国、台湾、イスラエルと各地に人と技術が集積するような「核」ができてきている。はたして日本に世界から人が集まってくるような「核」はできているのか。これは産業政策をどうとかインフラがどうとかいう問題ではないのではないだろうか。

終身雇用だとか年功序列ではグローバル化の波に太刀打ちできないばかりか、世界的な技術と人材の高度化に遅れてしまうのではないか。そして、何より現在日本人のpossibilityは下がってきているのではないだろうか。

個人間、個人企業間などあらゆる面でフラット化が進行する現在では、より仕事をパーソナライズすることが必要。例えばジュースを売るのでも商品を渡す時に瓶を回すパフォーマンスをすれば客はよってくる。それがプロフェッショナルということ。


などなど。一流の人の講演はたとえ演目がどんなものであれ、得るものはあることを再認識いたしました。

以下ある企業の新卒採用で求める資質
--------------------
【Problem Solving】:
枠のない自由な、独自の発想。創造力を伴う構想力
具体的、数値的な事象、および、概念的な事象についての論理的な理解能力
未知なるものへの探求心
不確実な状況においても粘り強く思考し続けることができる姿勢
社会的な活動やビジネス遂行に必要な判断力

【Influencing others】:
個人としてのインパクト。対話の相手へのよい意味での影響力
自分に自信を持ち、一方で、他の人の考え方や行動に関心をもつ態度
他人の意見をよく聞き、正しく理解し、適切に返答できる態度、コミュニケーション・スキル

【Leading others and building relationships】:
機会を自ら捉えて、自主的に行動する姿勢
リーダーとしての責務を引き受ける意欲
目的を共有する仲間を、高い生産性を有するチームとして組成、指導できるスキル
他人の感情や自分とは異なる考え方に対する敏感さと寛容さ

【Achieving goals】:
挑戦することをおそれず、個人でリスクをとった判断、行動ができること
自分自身に高い目標を課し、かつ、結果を出すことへのこだわり
様々な障害があってもあきらめずに努力し、成果を出す力
(McKinsey & CompanyHPより)
--------------------

おそらく社会のどの業界であれ求められる人材像なんだろうなと思う。
日本の人材育成はどうなってるんだろう?ゆとり教育に明確なポリシーはあったんだろうか。
ある程度基礎教育は整ってるんだから資質をもった人はいっぱいいるんだと思う。だけどそれを優れた人材に伸ばす環境にはなってないんだと思う。医科歯科にしても、それなりに能力をもった人たちをいきなり2年間遊ばせてる。遊んで学ぶこともあろうかと思うけど、それに大きな期待をできるような環境でもない。

過剰な中でどのようにプロフェッショナルを育てるか。
上にもあるように職能をパーソナライズし、個人の価値を高めることだろう。研究でも技術でもいい。画一では育たない。

医療もマーケティングするなら技術提供の数を増やすよりも技術水準を高めた方がはるかに効率がいい。歯科が医科に遅れをとっているのはこの部分だろう。医科において技術革新が次々と進み、一つの技術に対する付加価値が高まる間に、歯科では新しい技術は数えるほどしかないのではないだろうか。



と、また長くなるからここで終わり。
まぁ、演目は「キャリア~」でも周り見れば中年とかで、自分の若さと自由度を再認識できました。

あ、仮説関連書くん忘れとったけんまた今度。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。