スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋島




今日は昼前に起床してさか枝(うどん屋)へ。
一時期まずくなってたけど、元に戻ってたなぁ。大将が倒れたかなんかしてたんかなぁ。
竹清は激混みだったのでパス。

その後瓦町から琴電で屋島へ。
屋島ってのは不思議山で、縦長の台形の山。
詳しくはwikipediaどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8B%E5%B3%B6
源平合戦の屋島の戦いで有名やね。
義経の弓流しとか那須与一の扇を矢で射た話とか。

屋島駅を降りて早速遍路道の方へ歩き出す。
一応山頂にある屋島寺が四国八十八カ所の札所なんで道は整備されてます。
屋島は幼いときに何度か登ってるから、あちこちに懐かしい風景が。懐かしいどころか、過去に夢に見た風景の元風景だろうと思われる風景もかなりあった。

遍路道に入ってからは単調な坂の繰り返し。おそらく30分ほどで登りきったと思う。途中結構急なところもあって割としんどかった。

山頂についてから細長い尾根上に海の方へ。
屋島は細長く海に突き出してる山なんで尾根上に歩くと両側が海です。途中にある展望台の何と景色のいいことか!
瀬戸内海の美しさを見るのに屋島はかなりええとこやね。天気が最高に良かったのもあるかもしれん。

で最北端の展望台まで行くと、今度はそこから下へ。
車で山頂まで来る観光客用の道じゃないから、幅50cm傾斜角度70度くらいのひたすら急な岩の道を通って、山道へ。途中に沢があったのと、思いがけず洞窟があったのがかなり印象的でした。洞窟は暗く鬱蒼とした中にあったからかなり雰囲気あったなぁ。あれに一人で入る勇気はなかったわ。

その後周回道路までおりてそこからまた屋島駅まで歩いてチャリのところまでもどって帰宅。

ホントはもっと入りやすい洞窟も行く予定だったんだけど今回みつけられんかったけんまた次の機会やな。

疲れたわ~!


左:右端に見える町はセカチューのロケ地の庵治町。
中:鬼が島といわれてる女木島。
右:屋島の先端、長崎の鼻とフェリー。長崎の鼻は高松の自殺の名所です。

写真は前2つの日記もどうぞ~。
アルバム代わりにしてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。