スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓べき

今日は東京玉翠会でした。高校の同窓会。毎年1000人以上集まる高校の同窓会なんて他にないらしい。

吹奏楽で校歌とか応援歌とか演奏したんで飯は食い放題。
うまかったぁ~。

それにしてもOBでも旧制中学だとか女子中だとかの人たちってほんとにすごいんだろうなあと思った。以下略。


んで帰った後、ETV特集「爆笑問題×東大」というのがあったので見てみた。中身は教養について。
番組自体の感想として、一応VSの形はとってるけど、太田は言いたいことをだーっていって、それを教授がそれを受けつつうまく主張(?)をして進行するって感じに見えた。ま、それはいいや。

純粋に自分が向いた先のものを見つめること、という共通点があっても、それが実際には学問研究であったり、金儲けであったり、恋愛であったり、といろんな姿をみせたりするんだよなぁ。
そのすごく気まぐれな自分を自分は知らなくて、自分がどういったもので、どこにいるのかも知らない。
番組内では教養とは自分の立つ場所を知ることというのがあった。(いくつかあったうちの一つ)
俺は哲学というものが好きだけど、自分の考えとして自分がどこにいるか、とか自分がなぜここにいるのかとかいった問いは明らかに思考の範疇の外にある問題、と思ってるからふとそこに吸い込まれそうになっても早めに引き上げることにしている。でもその果てしなく答えがないものにもやっぱりそれは論題になり得、俺はそれを無意味なことだとは思わない。そもそも俺がどう考えているかなんてのは全く問題ではなくて、そこに一つの生きる糧となりえるような「問題」があれば、それはすごく尊敬すべきことだと思う。
「問題」にはすごくいろんな種類があって、それはほぼ欲と同じ意味なんだと思う。
例え閉鎖的であろうが、人の役に立ってなかろうが、それをマイナスにとらえるのはあくまで比較社会的な価値観であって、絶対的にとらえるなら、根源の欲の話になるんじゃないかなと思う。
学問っておもしろい、楽しいものなんだ、と爆笑問題の相手をしてた教授は言ってたけど、その言葉が最も学問の正当性を立証するんんではないかと思う。


でこういう理想論みたいなのはおいといて。
実際の社会において、自分の興味をもったことに対して純粋に行動しようと思っても、やはりそれがどういうことなのか、というのは自分で理解しながらでないとあまり具合がよくないようだ。
例えば研究の世界では自分が出した説について継続して責任をとらなければいけないってのは番組の教授も言ってたし、一度どこかの会社なりの組織に属したらある程度自分を犠牲にしなければいけない部分も多々ある。
逆に今の社会の中で自分の興味に対して純粋に従うことが出来る人間というのはすごく優秀な人間だと思う。最近でいえば、中田なんてのはたぶんその典型だろう。
俺は小学生の時に学研漫画でレオナルド=ダ=ヴィンチを見て彼のような万能人になりたいと思った。今、自分の興味に対して自分の可能性に対して信頼し、ある程度従うことができるのはその時の気持ちがもとになってるのかもしれない。もちろんそうすることができるのは学生という束縛されないかなり自由な身分だからであり、すること自体は誰にでもできること。社会にでて同じことをできるかどうかは今の努力と自分が持っているものにかかってくるんだろう。

できるだけ自分に正直に生きたい。
だけど社会に生きる限りそれを簡単に実行することはできない。だからこそ、今自分が得られるものを最大限得ようと思っている。得たものは自分の中で自分を形づくり、その積み重ねたものが自分。それ自体がどんな意味をもつのかは知らないけれど、少なくとも現在の自分を満たしてはいる。

自分が自分をより学習させることに対して根本の欲があるのなら、その活動ははじめの生命体が遺伝子に情報を集め始めた時からその活動は始まってるんかなぁ、とちょっと思った。


とりあえず今の問題は月曜日テストなのに、自分のうっかりで教科書が休日は閉鎖されてる校舎の中にあること。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。