スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月14日

つい先日、デコポンに負けました。
衝動買いです。

写真

御値段380円也。
ただここまでデコられたら買うしかないです。10人中3人くらいは同意してくれるはず。
うまかった。


あと、風邪気味なのでオニオンスープ作りました。(論理的な繋がりではなく気分)
買ってきた玉ねぎ3個をオリーブオイルで軽く炒め、厚切りベーコンと冷蔵庫に残ってた人参2分の1本を切ったものと一緒にコンソメスープで4時間くらい煮、最後にホワイトペッパーたくさんとブラックペッパー少しを入れて完成。

めちゃうま。

それが昨日の話で、今日はシチューが食いたくなったんで、このオニオンスープに牛スネ肉とマッシュルームを加えて一時間くらい煮たあと、シチューの元を入れてビーフシチューにしてみました。

これまためちゃうま。

ただ、スネ肉とマッシュルームとシチューの元だけで1702円もかかってしまった。スネ肉は肉の中で一番好きだけど高いんよなぁ。てか牛が高い。
明日と明後日の晩飯はシチューです。




さて、出来事日記。
先週蒲田の薭田(ひえた)神社に行ってきました。
場所は大田区蒲田の京急蒲田駅とJR蒲田駅の中間点からちょっと北に行ったとこ。
由緒は、和銅2年(西暦709年)に僧行基が天照大神、応神天皇、春日大神三柱を奉ったのが創建で、この地に集落ができると同時にできたらしいです。延喜式内社。

延喜式神名帳を見ると、東京都内で記されているのは大田区と西の府中だとか調布だとかにしかないので、おそらくほとんど人が住んでなかったんだろうと思われます。

俺に神社めぐりを教えてくれた先生に都内で由緒ある神社を聞いたときに教えてくれたのがこの神社でした。んで先週の日曜に突然思い立ってチャリを飛ばしたっていう次第。

勉強が一段落ついて銀座を出たのが16時30分で神社についたのが17時30分でした。

蒲田駅間のちょっと北くらいにしか場所を覚えてなかったけど、うどん屋めぐりで培った勘で社叢らしきものを発見し、無事到着。17時30分というと神社の閉店時間なんでぎりぎりでした。

写真

神社自体は小さかったけど境内はきれいに整えられていました。
さっさと参拝をすませ、帰途へ。

途中で三田に住んでたころに好きだったどんぶりやで晩飯食ったのもあるけど家についたのは17時半でした。
Google EARTHで測ると計約40kmの道程でした。さすがに少し疲れた。

そういえば途中で山王鳥居(珍しい。赤坂の日枝神社の鳥居が有名)を発見し、早速くぐってみるとそこはなんと寺でした。
寺に鳥居があってそれが山王鳥居ってことで帰宅後調べてみたんだけど、寺の名前が大福生寺という名前で割りと名のある寺だってことがわかっただけで、なぜ山王鳥居があるのかまではわかりませんでした。残念。



でこの週末はというと、用事のついでだったり、勉強後の気分転換がてらに日枝神社・赤坂氷川神社・芝大神宮・富岡八幡宮に行ってきました。何れも東京10社の神社。
一回まわってるけど(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=520141459&owner_id=271459)、これらの神社に初詣してないのでちょこちょこ行ってます。あとは亀戸天神と品川神社だけど、2社とも離れてるんんだよなぁ。

とりあえず東京都内では赤坂氷川神社が一番好きです。
都会にありながら神社の周囲だけ木々が生い茂り、空気が静かで落ち着いてて、境内には神木や明らかに古い狛犬などがあり、最高です。





で、この間に何があったかというと2月14日ですね。

さて、何の日かというと当然平将門の命日です。
平将門というと江戸においては特別な人です。

将門で特に有名なのは大手町の将門首塚。
都内の有名な心霊スポットでもあります。


なんで大手町のビル群の中、この首塚が残されているのかというと、過去幾度となく祟りがあったからだとか。

簡単に紹介すると、

首塚は江戸時代には大名屋敷の中で残り、明治時代には大蔵省の庁舎が屋敷跡に建ったが首塚はそのまま保存されていた。

関東大震災で庁舎が消失し、その整理の際首塚も崩して整地してし、その上に仮庁舎を建ててしまった。

仮庁舎で怪我や病気になる者が続出、ついに大蔵大臣や幹部職員14名が変死し、これに震え上がった役人が仮庁舎を取り払い、神田明神の社司平田盛胤(将門公の末裔)を招いて将門公の鎮魂を行った。

本庁舎に落雷があり、多数の死傷者が出た。この年が将門公没後1000年であったことから、急遽一千年祭を執行し、将門首塚保存費をあたらしく出すことに。古跡保存碑には大蔵大臣自らが筆をとった。

敗戦後、GHQが駐車場にしようとブルドーザーで整地しようとしたところ、何か石にあたって二人がその下敷きになり、1人が即死。その後この石が首塚であることがわかり、首塚が保存されることになった。

首塚の隣の土地が旧長銀と三井生命のものとなりビルが建てられたが、行員が次々と病気にかかり、神田明神の神職を招いてお払いをした。

首塚をはさんで2つのビルが建てられることになったが、供養してから工事をした方はなんともなかったが、もう一方は地下の工事中に二人が死亡し、同じ場所で怪我人も続発したとか。

「神社の系譜-なぜそこにあるのか」という本の内容を要約しただけだけど、財務省やGHQについてはそれぞれの資料が情報元だとか。



あと祀られ方もおもしろいです。
例えば神田明神は体、首塚は首というようにして体をバラバラにして祀られてます。
その神社が東京の各地にあるわけだけど、それぞれを江戸につながる街道と江戸城の門に対応して配置にされていて、江戸城に結界が作られていたらしいです。

具体的には
首塚(首)-大手門(奥州道)
神田明神(胴)-神田橋門(日光道)
鳥越神社(手)-浅草橋門(奥州道)
世継稲荷神社(首桶)-田安門(中山道)
筑土八幡神社(足)-牛込門(中山道)
兜神社(兜)-虎ノ門(東海道)
鎧神社(鎧)-四谷門(甲州道)
てな感じ。

さらに朝廷に反乱したこの平将門を祭る神田明神を江戸総鎮守とすることで、江戸の民を天皇から引き離す意図があったんだとか。



神社ってほんまおもろいですわ。
日本という国固有の宗教であり、同時に深く関わってきた宗教というだけでなく、それぞれの神社に由緒がありそれに関わる人々の生活が見える。
知識欲も刺激されるし、神社めぐりで土地めぐりもできる。
神社おすすめです。
興味あればもれなく洗脳してあげます。





ほんとは別に書きたいテーマがあったんだけど、明日のPBLの予習をしなけりゃならんので、ただの日記にしようと思って神社めぐりの話を書き始めたはずが、結局2時間半かかってしまった。
てかどんだけ神社好きやねんってくらい神社のことばっかやな、最近。
あくまで実生活は、一に勉強(自分の)・二にJAZZ・三に授業で空き時間に気が向いたらやってます。

あぁ、予習せな。
書き始めるんが遅いんよな。

とりあえず敬体で書くんはなんか疲れるわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。