スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科医療を変えるために 3

とりあえずシリーズラストかな。

合理性論理性の話でいいたかったことは、いくら論理的で正当な主張でも、社会全体の、そして行政庁自身の合理性になじまなければ受け入れられることはあまりないだろうということ。

社会の中で一番有名な合理的システムといえば政治家-官僚-業界団体の「鉄の三角同盟」と言われているものだと思う。
業界は自分達の利益を守るために政治連盟をつくり政治家に献金したり圧力をかけたりする。政治家は活動資金を得るかわりにその業界のために議員連盟をつくり活動をする。官僚は円滑に行政を執行し、天下り先などを確保するためにこの二者に協力する。
これが三角同盟の基本形。

この関係により国のシステムを限られた少数によって管理することになる。
しかしこれは国民全体の利益を守らなければいけない、との観点から許されざることであるはず。
ではなぜこのような関係が存在しているのか。

それは合理的であることが必ずしも悪いことではないからだと思う。
牧歌的な少数の不変的社会ならまだしも、ここまで複雑化した社会だと、常に合理的なシステムを作ろうとしなければ社会自体がそのスピードについていけなくなってしまう。
その中でこの関係は合理的であり、社会に対するすばやい対応や適応を可能にさせている。
さらに特定の利益集団には、必ずカウンターパートとなる利益集団があり、その微妙な関係において社会が成立していることから極端に特定集団に対して傾かないようバランスが保たれている。


つまり、現在、あるシステムや構造があるのならば、それは必ず合理的な判断の積み重ねによってできているものであり、簡単に「間違っているから変える」ということはできないということ。

つまり、俺が「歯科医療を変える」には、現在の医療制度・歯科医療制度にどのような問題と解決策があるのかを考えるのはもちろんのこと、現在の問題点がどのような合理的判断によって作られてきたものであるかを知り、その合理性を上回る合理性を作るにはどうしなければならないかということを考えなければならない。

どんなにすばらしい着眼点と解決策を持っていても、現在の合理性を上回る合理性がなければ社会を動かすことは出来ない。

ある問題点に対しその問題点を発生させる黒幕がいるのならその部下を糾弾しても意味がない。現実では「黒幕」がいるようなわかりやすい構造をしていないからややこしい。

例をあげると、「現在の歯科医師は多すぎるから歯学部の定員は減らすべきだ。だから私立歯学部も分校はすべて閉鎖し、定員も減らそう」といっても、減らされる側の歯学部からしてみると私立だから国に何かを言われるいわれもないし、自分達が閉鎖するとOBの数が減り日本歯科医師会への影響力も薄くなるし、学費収入も少なくなるから、過剰ということがわかっていても分校の閉鎖なんかしないし定員も大きくは減らさない。

「現在の歯科の保険点数は不当に低いから点数をあげよう」といっても、その2(http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-300.html)で上げたように様々な点で点数を上げるような合理性が働かないようにできているので点数は上がらない。


歯科の抱える様々な問題に関して単純な解決策ではなく、複合多層的に合理性を含んだ本質的解決策を考えなければならない。

ただ一つ確かなことは、この解決策を考えるのには膨大な量と質の勉強と広い視野での綿密な分析が必要であり、俺はまだまだそんなことができる域には達していないということ。

今出来ることは「歯科医療」または広く「医療」という一つの社会を構成する様々なものを勉強し、問題点を構成した合理性を知るために現状を知ること。
あと現状を解決するための自分のキャリアプランニングもしなければならない。「歯科医療を変える道」なんてものは存在しないので自分で道を作らなければならない。



ふぅ。

とりあえずその1から3まで、一年を終えるにあたっての歯科に関しての分析や考えの総括でした。

全くやっかいな道を選んだもんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。