スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を各層


おおひなたごうの漫画が好きです。たぶん誰も知らないと思いますが「フェイスガード虜」とか「おやつ」とかが代表作です。
クロマティ高校よりもギャグマンガ日和よりも好きです。

平成の次の元号は「豪傑」だそうです。
コックリさんで円周率を聞くとひたすら円周率を答えつづけるそうです。
上の標識は

「最新型自転車”Tuフラッシャー5dx”
 少年はそれが欲しくて欲しくてたまらなかった。
 少年の家は子だくさんで両親も食べさせるだけで精一杯。
 とても自転車など買える余裕はなかった。

 そんなある日、子供の一人を養子に欲しいという紳士が訪れた。
 その紳士は資産家ですでに結婚しているが、
 子宝に恵まれないという。
 両親は一人でも食いぶちが減るならと
 一番末の娘を養女に出すことを決めた。
 少年は反対した。
 いくら貧しいからといって妹を養女に出すことなどできなかった。
 彼はまた来ると言い残して去っていった。

 あくる日少年が自転車屋の前を通るとあの自転車はなくなっていた。
 売れてしまったらしい。
 お金さえあればあの自転車が買えたのに・・・・・・
 そう思うと少年は自分が貧乏な家に生まれたことが悔やまれた。

 家に帰ると少年は目を疑った。
 あの自転車が玄関に置いてあるではないか。
 あの自転車を買ったのは昨日の紳士だった。
 紳士は妹を養女にくれるなら少年に自転車をあげてもいいと言った。
 この自転車が自分のものになる!
 もう少年は迷うことはなかった。
 妹は養女として紳士に引きとられていった。

 何も知らずに連れられていく妹の姿を見て少年の心は痛んだ。
 少年は自転車一台と妹を引きかえにしてしまった。
 その事実は少年を苦しめた。
 少年は二度と忘れることはなかった。
 二人が自転車の向こうに遠ざかってゆく姿を・・・」

といういきさつでできたそうです。(「おやつ」一巻より)
もう一つその標識は「パパあれ買って」という名前があるという説がありますが、俺はおやつ説の方が好きです。

ちなみに俺は小さい頃「手を繋げ」だと思ってました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。