スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRICs

Brazil Russia India Chinaの頭文字を組み合わせてできた造語。

なんでも2050年までにこの4つの国が経済面で大きく台頭してくるらしい。
中国とインドはどこでも聞くけどブラジルとロシアはちょっと意外やわ。もともとアメリカのゴールドマン・サックスが2003年に発表したレポートで一気にBRICsの名が広まったらしい。
これによると2050年には世界のGDPランキングは
GDP(10億ドル)
1.中国   44453
2.アメリカ 35165
3.インド  27803
4.日本   6673
5.ブラジル 6074
6.ロシア  5870
となるらしい。
日本とアメリカを除く現在の先進国はみんな抜かれるんやね。

でも中国がこのまま発展していってアメリカと対等なレベルまで発展するとすれば、どちらの国も思想的に「自分達が一番」やから国際情勢はややこしいことになりそう。
なにより「急速な発展」がもたらすものなんて誰にもわかんないからそれが一番怖いんだろうね。

それと日本の経済が50年後も元気だって予測されてるのがすごい意外。


あとアジアではベトナムがクローズアップされていくらしい。
中国の人件費高騰で企業が生産拠点をどんどんうつしていくんだって。んでその先がベトナムになるんじゃないかって聞いた。
もうキヤノンはベトナムに生産拠点をおいてるらしい。
キヤノンといえば次期経団連会長の御手洗さんだね。さすが。
んでベトナムの次はカンボジアになるってもう予測されてるらいい。

日本企業は国内の評価よりも国外の評価の方が高いことが多々あるらしいね。武田薬品なんて企業総合力でいえば相当高い位置にいるって読んだことがある。ゆくゆくはビッグファーマの仲間入りするんかね。


50年後・・・。
石油はまだあるんかねぇ。
一体どうなってるんだろう。
イメージすることすら畏れ多いくらい全くわかんねーや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。