スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10000&10000

10000hit目はsatchmo先輩でした。
踏んだ人にはNY土産でも買おうかと思ってたんですけど全く必要ないですね。
体調も回復したんで本番はがんばります。

去年の12月末に始めたので約1年で10000。
初めは毎日更新してたけど3月の事件でいったんやられ、5月にバイトと五月病でやられ、それ以降はまったり日記書き続けています。
日々生活している中の出来事や感じること・考えることを書くことの意味を考えてみた。
・日常の観察
・現在の把握
・思考経験の再構成とその文脈化→情報の論理的な整理整頓の訓練
・自己顕示(?)
他にあるかな・・・。
とりあえず尤もらしいものの他に俺の場合自己顕示てのもあるんと思う。学校の授業には全くでてないから一日で会う人間が少ない。やからそこでアピールしてるのかもしれない。
冷静に分析しすぎ?なんにせよ一人じゃ生きていけません。
あと日々の観察でなにげないものをネタにできるようになりたい。(これは「笑いの文化人講座」からの教訓ね。)
そういうところからウィットとかユーモアが生まれると思う。

はい、ちょっとした思考でした。深入りはしません。
そもそも普段箇条書きにしたことを意識しながら書いてるわけじゃないんで、後付けの意味なんて無意味です。


でもう一つ。
7月15日に買ったgigabeatで聴いた曲数が10000曲を超えました。
全曲ランダムにして聴いてるんで10000曲目が何になるのか楽しみでした。
んで10000曲目は「St.Thomas」。
これは俺にとって最高の記念の曲。

ドラムをはじめたきっかけの曲であり、音楽の幅を広げるきっかけの曲でもあり、そしてなによりjazzとjazzdrumでのライブの楽しさを教えてくれた曲。
はじめてjazzを演奏した曲がこの曲なんです。
この曲を演奏するためにドラム以外しか叩いてなかった俺がドラムをはじめました。

曲はテナーサックスの巨匠SONNY ROLLINSの名曲で、原曲では途中にドラムのフリーソロがあります。んで俺が練習してたのは完全コピー譜だったので一生懸命練習してました。
でもドラムにはなれてないし、無意味に完全コピーなんてしてるもんだから途中でアホらしくなってソロとか細かい部分は自分で勝手に叩くようになりました。自分の中で湧き上がるリズムはあったからそれを叩くようになりました。こうして生まれて初めて楽譜から解放されて演奏するようになりましたとさ。
今思えばjazz一曲目にして自分で勝手に即興演奏して勝手に即興演奏の楽しさに目覚めてしまったってことです。
だから俺の重要な成長過程はこの「St.Thomas」にあるんです。
そういえば演奏会ではなくライブという形式のもこれが始めてやったなぁ。

思い入れのある曲が記念の曲になってよかったです。


さて日付かわったから出発まであと二日。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。