スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日歯連事件 まとめ

この本を読んで思ったこと。

ほんとに頭が悪い。
まさに
「品格の微塵もない組織」
という言葉があてはまる。

特に中医協関連。
医科と比べても絶対的にも不当に低い歯科の保険点数。
そのことはデータを集めれば論理的に説明できたはず。
実際どうであったかは知らないけど少なくともそれをしようとした姿勢は見られなかった。

権力に溺れ、手柄をあせったあまりの暴走だと思う。


大体日本の歯科医師会は海外の同組織と大きく違う点がある。
それは主人公。
海外の同じような組織は患者の利益を守るための組織であるのに対し、日本の歯科医師会は歯医者の利益を守るための言わば同業者ギルド的な組織。
まずその点でおかしい。


最後に今の歯科医師会が日歯連に関して出した文書をはっておきます。
http://www.jda.or.jp/text/toushin20041216.pdf
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。