スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日歯連事件①

とりあえず
「自民党迂回献金システムの闇」~日歯連事件の真相~
東京新聞取材班著/角川書店
という本を読んでのレビューです。
以下敬称略。

まず基本知識として。
日本歯科医師会と日本歯科医師連盟という組織があります。
日本歯科医師会は社団法人という公益法人であるのに対し、日本歯科医師連盟というのは政治連盟です。ちょっと前まで歯科医師会に入会した歯科医師は強制的に歯科医師連盟に入会させられてました。最近裁判で連盟側が敗訴したことにより強制がなくなったところです。
以下、日本歯科医師会は日歯、日本歯科医師連盟は日歯連と記述します。


日歯側の中心にいるのは臼田貞夫と内田祐丈という人物紹介から。
臼田貞夫は日歯会長・日歯連・日大歯学部同窓会長を兼任。
内田祐丈は臼田の日大歯学部の後輩で日歯と日歯連の会計担当に抜擢された人物。
そしてこの二人で日歯と日歯連の会計をにぎっていました。
臼田が自由自在に利用した日歯連の年間予算はなんと18億円。

そして、この巨額な資金を使って全面的支援を約束してもらう代わりに臼田の子飼いになったのが元衆議院議員吉田幸弘。
この人も歯科大学を卒業してます。探したんですけど歯科医師免許をもっているかどうかはどこにものってませんでした。


まず一番有名な一億円事件から。
まず臼田は日歯会長になった時、中原爽というライバルがいました。この人物は臼田の前まで日歯・日歯連の会長をしていた人物で現在は参議院議員をしています。
中原はいつでも自民党支持だったので橋本元首相と仲が良かった。
それが気に入らなくて臼田は橋本とそりがあわなくなります。
しかし、日歯・日歯連としては自民党有力議員だった橋本と仲良くしなければいけません。そこで橋本氏の政治資金管理団体である平成研究会に一億円の献金をしようってことになったわけです。

赤坂の料亭にいたのは、日歯側が臼田・内田、自民側が橋本・宮沢・青木の計5人。
その場で一億円の小切手をわたしました。

しかし、それから二ヵ月たっても一億円の領収書がこない。
そして平成研に問い合わせたところ領収書はだせないと言われ、そのままうやむやになってしまったということです。
法律上違法となるのはこの部分です。
政治献金を受け取ったのに政治資金収支報告書に記載しなかった政治資金規正法違反。

この平成研の会計責任者が滝川俊行、事務総長だったのが野中広務、会長代理だったのが村岡兼造。このうち起訴されたのが滝川と村岡です。
不記載を実行したのが滝川で、それを指示したとされる村岡と野中の二人も起訴しようと東京地検は動きます。
しかし、野中は元幹事長、村岡は元官房長官という二人。
地検の上級丁である東京高検と最高検は大物議員二人を起訴するのはやりすぎだから責任の重い方一人にしろ、という決定を下し、最終的に村岡が起訴されました。

しかし、村岡はスケープゴートではないかという疑いがあります。村岡は会長代理という肩書きでしたが実質の責任者は野中の方であり、会計責任者の滝川と連絡をとっていたのも収支報告書を見ていたのも野中の方だったらしいです。

ちなみに野中にたいしては検察審査会で不起訴不当になっています。

たぶん疑問に思う人もいると思うので解説すると、橋本が臼田から一億円を受け取ったこと自体には違法性はありません。
問題はそれが政治資金収支報告書に記載されずヤミ献金として処理されたことなので、捜査は処理したものと直接処理を指示したものに向きます。なので橋本はただ「記憶にございません」っていってればいいのです。

ただ例によって検察審査会では橋本も不起訴不当になっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。