スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一皮剥けまし

正確には「一皮剥け中」。

なんで日記が二週間弱も途絶えていたかというと、それは苦しんでいたからなのであります。

原因は日焼け。


とりあえず香川は満喫できました。
神社巡りもしたし、幼稚園から中学までの幼馴染とも飲めたし、高校の補習科(浪人クラス)の友達とも飲めたし、高校の先輩後輩とも飲めたし。飲んでばっかだな。香川出るまでの各層の人と会えたのはよかった。
神社めぐりは一日目に加えて有名どころでは滝宮天満宮、金刀比羅宮、大麻神社に行き、それプラスちょっとしたきっかけで十河城跡という史跡にも行ってきました。
あと市内でグループ診療やってる歯科の事務長さんにいろいろと話聞いたりもしました。

で、最終日の前の日(金曜日)に高松市の沖にある女木島(フェリーで20分)にいって泳いできたわけですよ。朝10時半くらいから12時半くらいまで。

結果上半身、正確には普段シャツに隠れている部分火傷ですわ。
その日の夕方には痛くなり始めて、次の日には服を着るのにも一苦労、動くだけで痛い。
んで月曜日から研究室行く予定だったんだけどお休みし、あまりに痛いので皮膚科に行ってステロイド剤もらって家で寝てました。
んで火曜日からまた予定がいろいろ詰まってたので日常生活に復帰するも、その晩には日焼け部分全体に水疱。日焼けがひどい部分はまだまだ痛いし、水疱だらけで気持ち悪いしで散々。
痛みはようやく木曜日くらいに収まってきて、その後皮が剥け始め現在に至るわけです。

ただ、水疱ができて一日くらいで軽い気持ちで薄皮を剥ぎ取ってしまった部分は肌荒れがやばい。


まったく、散々です。もう日焼けはもうこりごりだわ。


写真
高松市民もほとんど知らない、史跡「十河城跡」

写真
写真
金毘羅山

写真
大麻神社
この大麻神社は金毘羅山のすぐ近くにあるんだけど、なんでも日本武尊(やまとたける)の妃の弟橘媛(おとたちばなひめ)はこの大麻神社の神主の穂積氏忍山宿弥(ほづみのうじおしやまのすくね)の娘として讃岐に生まれたらしい。
弟橘媛といえば日本武尊の東征の際に身を賭して海を鎮めたことでちょっと有名。意外なところに香川出身の有名人がいたもんです。

写真
女木島
桃太郎伝説の鬼が島とされ、山の頂上付近に洞窟なんかがあります。でいろいろと香川県の神社に関連してしらべてると桃太郎伝説と竹取物語が繋がるような話があって面白かったんだけど、それはまたこんど。

写真
松岡

写真
うどん市場

写真
大円

写真
一鶴
香川県民には割りとお馴染みの骨付き鳥の店。これがうまいんだわ。ちょっと前に横浜に進出してます。




この一週間、いろいろと書きたいこともあった気がするけど忘れたので思い出したらまた書きます。
明日からジャズ研合宿で菅平まで行ってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。