スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐってきました。

今週の火曜日くらい、アドバイザーの先生と雑談をしてて、先生の趣味が神社巡りだと知りました。日本中かなりまわってるらしい。

神社巡りの面白さとは。
まず、北海道と沖縄をのぞくと街中や田舎を問わずどこにでもある。
次に、それらは地域の生活や文化に深く根付いていて、神社をめぐることでその土地の文化にも触れることができる。
あと、日本において最も古い文化であり、非常に長い歴史をもっている。
等々、いろいろと洗脳されてしまいました。

確かに神社はおもしろそうだ。
日本中のいたるところにあるのは間違いない。ビルの屋上にもあるし山奥の誰もこないようなところにもある。
そしてそれらは非常に多様性に富んでいる。呼び方もいろいろだし、鳥居の形やご神体と呼ばれるもの、神社の特徴も様々なものがある。その神社の祭りも土地によって違う。
なのに神社には流派のようなものもないし、そもそも布教すらしない。
元々は自然崇拝だから、本殿がない神社だってある。

いろいろと面白そうな話もある。
熱田神宮のご神体は剣で天叢雲剣(草薙の剣)だそうだが、本当にあるのかどうかは謎で宮司とか天皇しか確認できないらしい。
天叢雲剣って。神話の話に出てくる剣が受け継がれていることもすごいし、それが本当にあるのかわからないってのもミステリーでおもしろい。

奈良の大神神社の神体は三輪山。この神社には本殿がなく、拝殿の先の三つ鳥居(鳥居が三つくっついた形)より先は禁足地となっている。
自然信仰は最も原始的な宗教の形なんだろうけど、ここでも現代までこれが脈々と受け継がれてる。鎮守の森どころか山一つが結界で禁足地ってことはその古代の姿が残ってるわけだ。大神神社のご祭神(大物主大神というらしい)が守ってきたともいえるかも。

ほかにも出雲大社と熊野大社の餅の話とか御輿を担ぐ時の掛け声のかけ方とか、ちょっと調べると神社に関連しておもしろそうな話がでてきた。興味でてきた。

ちなみにその先生のお勧めは和歌山の紀ノ川沿いらしい。古い神社が多く、神社独特の空気があるらしい。

で、まわってもようと思い、東京には比較的新しい神社しかなくて、由緒あるのは蒲田のひえ(稗に草冠)田神社くらいだが、なんでも東京十社というのもあるらしい。



ということで今日東京十社めぐりしてきました。
東京十社http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%8D%81%E7%A4%BE

北から王子神社→白山神社→根津神社→神田明神→亀戸天神→富岡天満宮→日枝神社→赤坂氷川神社→芝大神宮→品川神社の順に巡りました。

12時半くらいに出発して、品川神社に着いたのが6時すぎでした。
一番好きなのは赤坂氷川神社ですわ。古くていい感じ。ご神木の銀杏も立派だった。

ホントは王子神社行く前に十条まで行ってじゅうじょうの讃岐うどん屋「すみた」と根津の讃岐うどん屋「根の津」に行ったんやけどどちらも行列してて時間かかりそうやったから諦めました。
こっちの讃岐うどん屋は大抵客の開店が恐ろしく悪いんよなぁ。残念。


さっきgoogleMAPで大体の距離しらべたら6~70km走ってました。高校のとき、うどん屋巡りした時にはとてもおよばんけど、結構走ったわ。割と暑かったんで手足が製塩マシーンになってました。

アルバムに写真があるんで興味あればどうぞ。芝大神宮だけ写真とるん忘れてた。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=3205890


とりあえずええ運動になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。