スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充実な日々



タイトルの通り。

月曜日は研究室主催のシンポジウムがあった。
タイトルは「医薬品産業ビジョン-医薬品産業の国際競争力強化に向けて-」。
で講師は厚労省医政局経済課課長 武田俊彦氏、アステラス製薬代表取締役共同会長 竹中登一氏、ナノキャリア(創薬ベンチャー)代表取締役中冨一郎氏にPBI教室准教授の星先生。
パネルディスカッションでは4氏に加え、女子医科の大学発ベンチャーの根幹技術を開発した岡野光夫氏にPBI教室教授の木村先生。

なんだこの講師陣は思った。
本省の課長にアステラスの会長って。


いろいろとメモったことは多いんだけど、めんどくさいんでここでは書きません。また何かあれば関連して書きます。

気に止まったのは、医薬品業界の再編により企業を去った人材が他の分野にいくことにより、よりその業界の可能性が広がった、ということ。医薬品業界もこれまでは規制が多く護送船団方式がとられ、限られた世界の仕事であったけど、護送船団から離れM&Aが進むことにより、人材が流動するようになった。
人材が流動するということはどういうことか、それは専門化され、縦割りとなった構造が崩れ、価値観の交流が生まれ、そこから新たなイノベーションの可能性が生まれるということ。

組織や業界が硬直しようとも人材が流動すれば、自然にそれは溶けていく。これは自分にとって大きなヒントだなぁ。


あと、医療費の問題。
抗がん剤など、高価な医療では100万や200万を超える治療もある。しかし、医療保険制度や高額療養費制度があるので、100万の治療でも一般の患者が払うのは8万円ほど。
財政難も医療技術の進歩も今後進んでいくとすると、残りの92万円は誰が払うのかという問題はどんどん深刻になっていくだろう。
これに関連して、大腸の抗がん剤であるアバスチンは日本で薬科収載された時、その諸外国に比べて薬価が安く、販売を行う中外製薬の株価が下がるまでになったそうだ。
これについて、医療制度も違えば薬価の考え方も違う日本において、諸外国と同じような高価な価格を望み、それを株価にまで織り込むというようなことは馬鹿らしく、それを助長するようなアナリストも勉強不足だという意見が出されていた。

これこそ専門分野を持った人間が十分に流動していない現状を表しているよなぁ。


あと、誰とは言わないけど「理系が大事にされない国は発展しない。今のように理系の人間が将来の不安から博士課程に進むか迷うような状態では駄目だ。正直いって今の日本は文系がだめにしたんじゃないかと思う」というような意見が出されてた。

武田課長はなかなか面白い人でした。


シンポジウムは3時間で終わり、その後は懇親会でした。
かなりいろんな人がきているので今回は一部の学生じゃなくて出来るだけ社会人の方と話すようにしました。

結果16人の方々と話すことが出来ました。
経産省や厚労省の役人、広告代理店、メーカー、化粧品、金融コンサル、MR、人材系ベンチャー等など。
面白かったのは薬剤師系の人材派遣ベンチャーやってる人との話。俺はMRという職をはじめて聞いたとき、いろいろな企業のいろいろな薬の情報を集約して医者に提供する個人の医薬品卸のような存在だと思ってた。んで今でもそうあった方がいいのではないかと思ってる。そのことを率直にぶつけてみると、「全くその通りだと思います」とかってかなり同意してくれて、さらに歯科医師の可能性や医療全体での人材の流動性の必要性についても理解し納得してくれてかなり話がはずんだ。飲みに誘われたので機会があれば誘われてみよう。

あと化粧品関連の人と話している時、その人が行っている歯医者がどうもかなり適切でない診療をしているような話まで聞いた。ん~、どうしたものか。


とにかく、社会に出てないひよっ子の自分にとって、社会の一線で働いている人とコミュニケーションをとれる機会というのはめちゃくちゃありがたい。ただの学生がアステラスの会長と自由に話せる機会なんてそうそうない。
とにかくこの機会に感謝しつつ、最大限吸収できるものは吸収しながら機会を活かせたと思う。



んでこの日は夜11時にすべて終了して、12時前くらいに帰宅して就寝。
次の日は朝7時15分集合で会議。

アメリカのLOUISVILLE大学からBrad Rodu教授を招いての無煙嗅ぎたばこに関する意見交換の会。
ちなみにこのRodu先生は歯科医師でもあり、公衆衛生学の専門家。タバココントロールやタバコのハームリダクションの研究をしているらしい。

スウェーデン製嗅ぎたばこの評価を軸として、今後のたばこ産業のあり方、変化の方向性、JTの企業戦略までかなり幅広く議論がなされていた。
この研究にもちょっと関連させてもらってるので興味深く聞けた。

その後議事録作ったり、大学のお茶祭会議出たり、なんやかんやして夜帰宅して、なにもする気力も起きず就寝しました。



んで今日は、途中で医科歯科側のアドバイザーを加えての三者面談を加えつつ、平常運行に戻ってました。
んであまりに夕日がすばらしかったのでチャリで大塚のほうまで大回りしながら新宿へ行き、帰ってきました。
東京でも良かったんだから、今日の夕日を瀬戸内海で見れたら最高だっただろうなぁ、なんて思いつつそろそろ寝よう。

いやぁ充実。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。