スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重ライブとリーダー考(+α)

七夕ライブ終わった~!

7月7日七夕の日は朝から晩まで働きずくめでした。
以下単なる進行の記録。

朝8時半から11時半までバンド練、その後準備の指示を出して、今度退任なさる元顧問の教授への贈り物を買いに街中を右往左往。戻ってきたら思ってたより準備が進んでなくて大急ぎで準備。かなりがんばって準備が終わりいつでも本番を始められるような状態になったのが丁度予定してた前座セッションの開始時間。
セッションしてからプログラムが始まり、6バンド中4バンド出演してその他の時間はPAしたり進行したりして、5時に終了。

5時半から別の場所でのライブのリハが始まるので片付けと移動を同時進行で仕切り。ここで上の人が独断で俺の考えと違う指示を出したので少し予定が狂う。
片付けと会場の戸締りを終わらせ、5時半少し遅れで次の会場入り。
このライブは東京歯科大のOBの方々との合同ライブのようなもので東京倶楽部というバー貸切でやりました。
ここでは医科歯科側の挨拶と演奏して、あとは会計とかしてました。ちょっと休息。
で10時くらいに終わって撤収。医科歯科の部室まで運んで、機材類の片付けして家についたのが11時半でした。



今回は東京歯科大の先生方との調整事と東京倶楽部との調整事が増えたので事前準備がいつもより大変だった。部員の数も一年生が増えたおかげで一気に二倍近く(32人)になったし。でもなんとかタイムマネージもうまくいき、演奏会自体もほどよいお客さんとともに一年生のデビューという目標も果たせてよかったと思う。

でもこの仕事自体を割とすんなりこなせたのはやっぱ高校時代の吹奏楽での経験があったからだろうと思う。
吹奏楽の3月での定期演奏会では現役部員とOB1~2年くらいの若いOB、それより上のOBの計100人以上をマネージしなくちゃならなかって、あれはすごく大変だった。

高校の現役の時は何でもかんでも自分で仕事してて後になって結構後悔した。
仕事したいという人から仕事をとってたわけじゃないし、何より自分の描く目標像にするには他人に任せるより自分で動くのが一番だと思っていた。

だけど、後でそれは駄目だと気付いた。

いくら自分で目標像をもっていてもそれは所詮個人のものでしかない。それが集団のものであるなら、それはやはりその集団のコンセンサスが得られたものでなければならない。
また、集団が大きい場合や仕事が多岐にわたる場合、自分1人ですべてをやろうとすると、見落としや読み違えのリスクが高くなる。その場合、その集団みんなに迷惑をかけることになる。
そして、1人で仕事を抱え込みすぎると、その仕事に対しての理解が得られない。逆にいうと、ある程度仕事や責任を分散した方がその集団の意識が高まって仕事に対する協力が得やすくなる。
※さらに、構成員が次々変わるような集団の場合、次の世代への仕事引継ぎが困難になる。1人分の仕事が多ければ多いほど、それだけ多くの引継ぎをしなくちゃならず、引継ぎ不足のリスクが大きくなる。結局被害を被るのは次の世代の集団とその集団のリーダーだ。組織としての人格があるのなら(法的でなくとも)その永続性というのは重要な要素だろうと思う。


リーダーの仕事というのはその集団の構成員と対話して合意を得て集団の方向性を指し示し(調整)、それを実行するための最適な運営形態を作ることだと思う。仕事をするのは1人で全てやるよりも仕事を分担(委任)した方が効率はよくなる。分担して権限と責任を委譲することもリーダーの仕事だと思う。
俺はまだ所詮学生でしかない若造だけど、これまででも調整下手なリーダーや委任が下手なリーダーは何回か見てきた。もちろん自分も含めて。
しかし、それはリーダーが構成員を信用してないだけで、リーダーが思うほど人は拙くないものだと考えるようになった。


ちょっと前に「日本の行政は世話を焼きすぎ」という話題を書いたけど(http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-63.html)、日本の行政はこの「独りよがり」リーダーになってしまってるんじゃないかと思ってます。
というのも今回のライブで独断で指示を出してしまった人はこれまでの人生、大きな失敗はなかったであろう人で、指示は善意の元であったはずなんだけど、そこから、もしかしたら周りから常に信任を得ていて真面目な人間ほどこの「独りよがりリーダー」になりやすいのではないかという考えが出てきたから。正確にはもっと前からそう考えてたんだけど。

官僚は大部分真面目な人間だと思う。それだけに制度設計の段階で真面目に世話焼きすぎて、結局それは国家という集団の複雑性と将来の不確実性を十分に予測したものにはならず、いろいろなほころびがでているのではないかという仮説。「独りよがりリーダー」だから、その受益者は彼らの仕事を理解できず、ほころびに対してだけ怒っているという駄目な構造になっているのではないか。


社会って多様で複雑だから1人の頭で処理するなんて無理。
そのことは常に頭におきながら社会のことを勉強していこうと思う。



今日は深夜1時過ぎから深夜ジョギングしてきました。
東大回り約5km30分のコース。
さすがに適度な運動しないと体に悪いだろうと危機感もってます。
思ったより走れたけど、やっぱ筋肉のバランスとか崩れてるのが解って危機感増です。

はよ寝よ。

※追加の部分
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。