スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車事故

なんともいえない悲劇だと言わざるを得ない。
どうしようにも自分には考えが及ばないしあまりに自分は無力だ。

ただよくみるサイトに乗客から話を聞いた記事が載っていてその中の一部に憤りを覚えたので抜粋。

「レスキュー、消防、警察の方は次から次に乗客を助け出していました。
立てなくなった私に対しても、
「大丈夫か?」「怖かったな」「よく頑張ったな」といって、もう少し安全な所へ行こうと連れて行ってくれて、親切に対応してくれました。
しかし、マスコミ関係者は怪我人に対し、勝手にカメラを回し、事故状況を半ば強制的に尋ねていたのがとても不快でした。」
引用:http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop_2005/04/26_01/index2.html

マスコミというものは変わらないのか。
自分勝手な正義を振りかざして他人を傷つけるは許されるのか。目の前の人を傷つけてどこに報道の大儀があろうか。

力をもつのならそれにみあった制御力を持たなければならないと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。