スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残心

三泊四日のアメフト合宿終わりました。
三日目に獨協医科と簡略化した練習試合のようなものをしたんだけど、合格点には遠いけど前の試合よりかはいい動きができたと思います。
シーズン開始まで二ヶ月。
動きはよくなってきたけど、体重が増えないのが悩み。
減るのだけは防いでる感じです。

まだまだ先の予定が詰まってるので気が休まらない。



さて、オリンピックですね。

内柴選手と谷本選手の試合をテレビで見ることができなかったのでYouTubeで探したんだけど、谷本選手のしか見ることが出来ませんでした。著作権厳しいね。

で、関連動画で古賀稔彦の動画があったから見たんだけど、めちゃくちゃすごい。背負い投げがまさに必殺技という感じでした。
外人さんのコメントばかりってのを見るとやっぱ世界を代表する柔道家の一人なんだなぁ。かっこえー。

そんで気持ちが盛り上がってきたので剣道も探してみることに。
4・5年前に見た栄花 直輝選手のドキュメンタリーの動画があったので見ました。

この試合は何度見ても感動できること間違いなし。
世界選手権の団体戦決勝、相手は韓国、2-2で勝敗は大将戦へ。
相手は決勝で日本と戦うことを想定して緒戦は出場せずに体力を消耗していない選手。
勝負は規定時間では決まらず、延長戦へ。
その延長戦も10分ちかく続くが、一瞬の隙をつき、栄花選手が片手突きで相手の喉元を一突きし、勝負有り。
技術云々というより、まさに精神の勝負だった試合だと思います。
試合後感動した外人さんが泣きながら栄花選手に抱きついてた。やっぱ伝わるもんなんですね。
でも勝負に勝って涙ぐみこそすれ、浮かれた様子を一切みせないのにはやっぱ格好いいと思うし、日本の武道家の姿なのかなと思うわけです。
これと比べるのは適当じゃないけど、柔道の試合で勝った後に飛び跳ねたりするのはちょっと違うのかな、と。残心こそ日本特有の文化じゃないのかと。
ま、別に日本文化を競うスポーツじゃないし、何が日本文化なのかの定義なんかも難しい上に、柔道も好きだからいいんだけどね。


そういえば、前に書いたかどうか忘れたけど、俺も小学校の低学年のころに剣道してました。
てか兄貴二人も剣道してたし、父親もしてました。
俺は割と筋はよかったけど、元々自分の好きで始めた事じゃなかったことが影響してか、練習に対しての集中力がもたず、野球に乗り換えてしまいました。
でもやっぱ、やった試合は覚えてるし、初めての個人戦で負けた時はくやし泣きしました。
こういったことを人格形成期に経験したのはやっぱどこかで生きてるのかなと思います。



もう一つ。
最近吹奏楽の曲を改めて聞きたくなって、上京した時にもってきたMDを聞いてます。
前にも書いたけど、やっぱ俺の音楽の基礎はここだなと再確認。
何がというと、求められる音の表現力の高さです。
jazzももちろん表現力が必要だけど、一つ一つの音に求められる表現力は段違いだと思う。
吹奏楽には、やったこと無い人には想像もつかないほど激しい曲もあるし、ころころと場面が入れ替わる曲や、とてつもなく変な曲もあります。

で、やっぱ演奏者として意識しなければいけないのは、全体をどのようにしたくて、自分がどのようにするのか。
そこで最も重要なのが音の表現なのです。何をやるかは楽譜に書いてる。
俺がどのようにしたかというと、まず参考音源を入手してひたすら聞く。他のパートがいつどのように吹いているのかが分かるくらい聞く。
その上で全体が自分のイメージ通りになるように自分の演奏をする、となる。当然、それはあくまで自分の解釈なので指揮者の指示には従うけど、その楽器について一番理解があるのは自分で、一番活かせるのも自分なはずなので大抵は任せてくれます。

で、表現のことを知ることは、すなわち楽器のことを知ること。
表現ができるということは、客の心に訴えることができるということ。
JAZZやってるとたまに技術に囚われたり、音選びに気を取られがちだけど、やっぱ基本は表現だと思うのです。
で、この場合の表現って何だっつーと、一つ一つの音の質や形に加えて、フレーズの強弱や繋げ方、リズムの付け方から、演奏者の表情、体の動きまで全部含まれると思います。
ようするに技術も音選びも重要だけど、やっぱ最終的に表現としてまとまっていないと意味ないよってこと。逆に技術や音選びの知識がなくても、客を感動させることはできる。
何をすればいいのかっていうと、やっぱ技術の練習だったり、音選びの勉強だったりするわけだけど、同時に、全体として聞き手にどのような印象を与えるつもりなのか、とか、その中で自分はどの部分を担当しているのかを明確に意識しないと駄目ってことだと思います。





だめだ、考えながら書くとあちこちに話が飛びすぎるし、一人で考えてるもんでやたらえらそうになってまう。
ま、いいか、日記だし。
さて、流星でも見て寝ます。
見えるかいな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。