スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社

さて、靖国神社参拝してきました。

 
靖国2 靖国1


一の鳥居の外でビラ配りや演説してたり、少し離れた道路で街宣車がいたり、近所の公園に「靖国解体」とかかいた幕を掲げた集団がいた以外は普通でした。参拝者の数は多いけど、めちゃ多いってわかでもなく、拝殿の前で5mくらい並んだだけでした。チラホラと外人さんもいました。


さて、靖国神社はなぜそこにあるのか。
宮元健次氏の著書「神社の系譜」によると、靖国神社は、夏至の日の出の方向に筑土神社・神田明神と浅草寺、冬至の日の出の方向に江戸城大手門、冬至の日の入りの方向に明治神宮があり、真東、つまり秋分・春分の日の出の方向に旧国技館がある位置にある、という。
寛永寺は江戸幕府により寛永寺にその場を奪われるまで江戸総鎮護だったお寺、明治神宮は明治天皇・皇后を祀る神社、てことで将門公の神威は借りつつも江戸幕府からの脱却をはかってるとといてます。でも、まぁ明治神宮は九段の地に靖国神社がつくられた後にできたものだからそこだけ順序は逆ですね。

実際にgoogle mapで確かめてみました。

080815


お見事。
かつ、靖国神社の地は九段坂の上にあり、古くは江戸随一の大変見晴らしのいい土地だったそうです。



靖国神社は誰でも知ってると思うけど、国のために死んだ人を祀ってます。詳しくは「幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の御霊」(靖国神社HP)だそうで。
これは神社としてはめずらしいけど、招魂社という形で同じ形態のものは明治時代に各地にたてられてます。香川県にもあります。




さて、もうちょっとつっこんでいきます。

今靖国神社で問題とされているのはwikipedia先生でも見て下さい。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%95%8F%E9%A1%8C
その上で自分なりの問題の解釈を書きます。


諸外国への配慮とやらは、前にも書いたけど1980年以降になって日本のマスコミが諸外国とやらにご注進して湧き上がった問題です。要するに純粋に人為的で政治的な問題。論理で解決はしないけど、時間がたって人々が忘れれば跡形もなく消える問題。その諸外国でも日本でも世代交代が起きるからそこでいいかげん忘れてくれというしかない。

政教分離の問題。まぁ政治家の参拝がどうのとかは法学者さんに任すとして、少なくとも事実として戦前は国家神道が国教であり、軍人さんは靖国神社に祀られることになってたわけです。他に国立の追悼施設を作るにしても国家神道時代に亡くなった軍人さんは靖国神社で祀るのが筋なんじゃないかと思う。要するにその施設でまとめて追悼するにしても、追悼する場所が二カ所になるだけなんじゃないの、ってこと。
んで、戦前は国家神道が国教であった事実、その中でも靖国神社は戦争に関わるハイポリティックスな存在であったことを認め、現在の御祭神に対しては国が祭祀を執り行ったらええんちゃうかと思う。
神社ってのはその神社を崇敬する人がいて、逆に崇敬する人がいて神社が存在するわけです。つまり、その存在は人々の意識の集合体であり、政治と同じものだと思います。
戦前から戦後にかけて人々が靖国神社を崇敬しなくなったわけでもないのに、突然国民の集合体である政治だけが不連続点を作ってそっぽを向くという部分がどうも腑に落ちない部分なのです。

反実仮想をするなら、アメリカの占領が終わった時点で、さっさと憲法を改正してもうちっと現実にあったものにしてたら問題は少しはシンプルなものになってたんだろうと思います。現在の日本国憲法は時代を先取りしすぎたという意見に賛成。

ちなみにA級戦犯に対しては、事後法による刑罰で法の不遡及の原則に反しているばかりか、その方法に関しても偏った裁判によるものであり、問題の多かったものだと思っています。そしてその刑も執行され、既に戦後の国会において全会一致で名誉が回復されています。今時A級戦犯がどうのいう方が筋違いだと思ってます。




とまぁ、この話題はわりと気軽には話しにくいものだと思うんですが、議論がおきないと前にすすまないと思うんで書いてみました。

八重洲のとある外資系の会社で社員さんが言ってたこと。
「日本人は日本を知らなすぎる。」
外人さんと交流してると痛感するそうです。異文化交流するには自分の文化を知らないとだめよってことだと思います。

自分のような戦後生まれの人間にはわからない部分かもしれないけど、過去、人々の間で靖国神社がどのような存在であり、現在はどのような存在であるのかということについては知っておいた方がいいのかなと思います。過去の日本にとって重要な存在であったと思うし、そのへんの人ならまだしも、俺は神社好きだし。
上の方で「忘れたらいいんじゃない」って書いたのと矛盾してるけど、いちいち修正したり文考えるのが面倒なので察して下さい。





あー、また夜更かししてしまった・・・。
寝ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。