スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前休み

あと少しで忙しかった日々も一息つきそうです。
その前に少し息抜きができたので式内社巡りしてきました。


行ってきたのは調神社、氷川女体神社、足立神社、加茂神社です。
初めにことわっておきますが、今回は何故か絵心がまったくはたらかず、うまい写真が一枚も撮れませんでした。


はい、まず初めに行ったのは浦和にある調神社。

調神社
(調神社)

御祭神は天照大御神(アマテラスオオミカミ)、豊宇気姫命(トヨウケノビメノミコト)、素盞嗚尊(スサノオノミコト)の3柱。
さて、詳しい説明はwikipedia先生にお願いします。

----------
社名の「調」は租庸調の調である。社伝によれば、開化天皇3年(紀元前156年)に創建され、崇神天皇の時代に伊勢神宮の斎主・倭姫命が参向し、境内に神宮に献る調を納めるための倉を建て、武蔵・総国の調の集積所と定めた。この際、倭姫命の命により調の運搬の妨げとなる鳥居や門が取り払われた。
中世ごろから、調が月と同じ読みであることから月待信仰と結びつき、兎を神使とみなす兎信仰が行われるようになった。

----------

そういえば手水舎はしっかり見てませんでした。反省。
あと、鳥居はなかったんですが、注連柱とみられるものがあり、拝殿前では二本の木を注連柱代わりにして注連縄がかかっていました。

この調が月と同じ読みであるってのはこじつけな気がするかもしれませんが、こういうのは古来よりわりとよくあるようです。
代表的なのはお稲荷さんの狐。
お稲荷さんは宇迦之御魂神(うかのみたま)という神様を祀っています。
この神様は穀物の神様で別名御饌津神(ミケツカミ)とも呼ばれます。
このケツというのは食物のことを指しているのですが、これがキツネの古語であるケツと同一視され、お稲荷=キツネといった見られ方がなされるようになったそうです。



さて、そろそろ眠くなってきたので次にいきます。

次に行ったのは氷川女体神社。

氷川女体神社
(氷川女体神社)

御祭神は奇稲田姫命(クシナダヒメ)です。
この神社はさいたま市の中山神社とともに大宮の氷川神社と一体のものとされる神社です。
神社自体はこんもりした小丘にあり、とても神社らしい杜と空気をもった神社です。
神社から参道をまっすぐ歩くと明治時代までこの神社の祭祀が行われていた磐船祭祭祀遺跡があります。



次は大宮にある足立神社(あしたてじんじゃ)。


足立神社
(足立神社)

この神社の御祭神が多すぎる(18柱)ので略します。
こういった多数の神様が祀られてるのは大抵明治政府によって神社を減らされた結果(廃絶された神社の神様は付近の神社に合祀される)だったりします。国家神道をすすめるために素朴な土地の神様や集落の神様は迫害されたんです。


はい、次は大宮駅から北に一駅の宮原にある加茂神社。


加茂神社
(加茂神社)

この神社は上記足立神社と同じく式内社足立神社の論社です。
御祭神は別雷命ほか4柱。
この別雷命は京都にある賀茂別雷神社、通称上賀茂神社の御祭神です。
だから加茂神社です。
神社自体はごく普通の神社でしたが、コンパクトな両部鳥居が印象的でした。


つなみに氷川は出雲の暴れ川、斐川から、足立はこの地方の有力豪族であった足立氏からとられているそうです。
ちなみに賀茂神社は賀茂氏から。



さて、また夜更かししちゃいけない時に夜更かししてしまいました。
寝ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。