スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川日記

『仏で“香川ブーム” 食品見本市「SIAL2008開幕』

 世界最大級の食品見本市「SIAL2008」がフランスのパリで、23日まで開催されており、ちょっとした“香川ブーム”を呼んでいる。
 同見本市には香川県が日本の地方自治体として初めて単独出展。同県のブースには、海外への販路開拓を目指す県内食品企業9社が讃岐うどんやしょう油、ポン酢、日本酒など香川を代表する加工食品や調味料などを出品した。
 現地からの報告によると、日本食ブームもあり、欧州連合(EU)をはじめ、世界各国のバイヤーが香川ブランドに注目。
 実演コーナーは各国のバイヤーでにぎわい、試食にも長い列ができた。うどんの実演を見るのは初めてというバイヤーも多く、商談の問い合わせが相次いだという。
 同見本市は1960年から2年に1度開催しており、前回は世界99カ国から5256社が出展した。


『ロシアでうどんブーム。』

 「エビテンウドン」「ワカメウドン」―。カウンターに並んだロシア人のお客が次々に注文する。昨年7月の開店以来、盛況が続く。「スシ」に続いて「ウドン」が日本料理としてモスクワでも知られるようになった。
 「1日当たり平均で約600人の来客がありますが95%をロシアの方が占め日本人は少ないです」。高級志向の日本料理店が多いモスクワで、「和のファストフード」という逆転の戦略で道を切り開いた。うどん一人前が日本円で600~800円という価格設定だ。
 うどんは日本から取り寄せた小麦粉を材料に店内で打つ。「猫舌」といわれるロシア人に合うようつゆの温度を低めにしているが、味つけは日本と変わらない。

 開店当初は「スシがないと聞いて店を出て行く客も多かった」といい、当地の英字紙には「スシを置いていない初の日本料理店」と紹介された。しかしロシアで2007年に開店したレストランを品評するコンテストで準優勝し、今年1月にロンドンで開かれた世界大会に「ロシア代表」として招かれた。フランチャイズ展開により、11月までに7店舗に増やす計画だ。




うどんブーム global ver.こいこい。
ただし、下側のうどん屋やってんのは徳島の人らしい。


さて、香川帰ってた時に神社巡りまくったのでその記録でも。

08夏讃岐神社

全部で参拝した式内社は22社。
3日間でチャリ漕いだ総距離は178.95km也。

讃岐国で参拝してない式内社はとうとう残り3社となりました。
そのうち1社は駅から割と近いからいいけど、残り2社は最寄り駅から片道6~7kmあるんだよなぁ。バスもなさそうだし。大変そうだわ。

まぁ、次に香川でゆっくり休めるのは来年の夏休みだからその時に考えればいいか。

かまら

大水上

多和

つくもやま


途中にあった↓の看板は一体なんだったんだろう。

かんばん


讃岐は目処がついたので、あとは武蔵国と22社だな。
なんとか卒業までに全部参拝したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。