スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリーシート考

アメフトのシーズンが終わり、jazz研も平常運転に戻り、臨床実習も慣れてきて、気を遣うのは就活だけになってきました。

といいつつ一番初めに出た結果は書類&webテスト落ちという最悪この上ない結果という。
完全になめてたね。がんばらねば。
見切り発車は良くないってことがわかりました。
(この次の結果は無事通過。その他はまだ結果出てない)


さて、第一志望である投資銀行業界のエントリーシートを準備しているわけですが、なかなか難しい。
自分の長所はなんだろうか。
いろいろ思いつくが(傲慢)、簡潔に自分を宣伝するに適したもの、という制約がつくとなかなか迷うものである。
目標さえあれば自転車で100km以上を移動することも何の苦もなくこなせる行動力か、それとも自分の無知をさらけ出して教えを請うことのできる鈍感さか、はたまた香川とうどん、そして日本を愛す郷土愛か。
思いつくものに、投資銀行業界のエントリーシートに合いそうなもの、というスクリーニングにかけて残ったものを再び足してみると、自分とは全く違った人間像が現れたりする。
逆にに短所はなんだろうか。こちらは長所とは比較にならないほど多くのものが出てきてしまう。馬鹿正直に書いてしまうとそれこそとってくれる企業などなくなってしまうだろう。

まぁ単純に考えれば、相手は400字であなたの全てを教えてくださいという意味で課題を出しているのではないのだろうけど、なかなか悩ましいものだ。
簡潔に相手の要求に応えつつ自分を表現するという作業なわけだけど、まだこれだ、というものが出来上がらない。

こういう時にある程度見切り発車して物事を進めるのも長所の一つだと思っていたが、それが短所の一つでもあったことが先日証明されてしまった。
また、納得するまで深掘りできるのも長所の一つだと考えているが、今度は時間とのtrade-offが出てくる。(本エントリーは早くしないと選考枠が埋まってしまう)


とりあえず一番自分に特徴的なのは囚われないことかなと。
いろいろな人を見るとこの部分は人と違うのかなと思う。
自分が何を欲しててそのために何ができるのかを考えて、使えるリソースを使って行動することができる。(と思っている)
ここで何に囚われないのかというと、自分のプライドとか相手の権威とか過去の実績とか常識とか。
当然長所も短所も含まれる。囚われない分、行動に一番生産的だと思う方法を取れるが、無謀なリスクをとってしまうかもしれない。(今)


また、本質を見抜いて行動しなければ、いくら行動しても意味がないばかりか、間違った考えに陥ってしまうかもしれない。
予定だけ埋めて悦に入っていては何もしないのとほとんど変わらないし、上っ面だけ格好良さそうなことを選んでいては結局何も結果がついてこないことに成りかねない。




で、結局今自分がしなければいけないことは何かというと、行動することではなく、エントリーシートを書くこと。
書くことも好きだが、お題を与えられて書くというのはどうやら苦手らしい。そういえば楽譜に囚われるのが嫌でjazzに興味が移ったって話を前に書いたなぁ。
なんか俺って一歩間違えれば世捨て人とかになりそう。




エントリーシートの内容を受験希望者に任せるという太っ腹な企業はないのだろうか、
なんて妄想をしてしまうテスト前の夜でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。