スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Midnight姫宮参り

また自転車武勇伝つくってきました。


金曜日の出来事。
いつも忘れてしまう自転車のライト用の単5電池を秋葉原のヨドバシに買いに行ったのが午後21時40分頃。
この日は満月です。夕食前に一眠りしたので気力十分です。
となるとこのままおうちに選択はなく、どこか行くことにしました。

その時の選択肢は以下の3つ。
・真夜中東京十社巡り
・市川方面に行くときに電車から見える神社巡り
・北東の方角にある式内神社参拝

ということで3つ目の「北東の方角にある式内神社参拝」にしました。
このときにわかってた情報は
・この神社は8方位の北東の方角にある
ってことと
・鷲宮神社に行くときに使った電車の途中の駅に同名の駅があり、その近くである
ってこと。
交通の便的に他の式内社とはちょっと離れた場所にあるので良い機会だと思って決定しました。



てことで夜の22時に北東の方角に向かって出発。
浅草、小菅を通り、「鷲宮神社に行くときに使った電車」が東武鉄道であり、目的地が姫宮であることがわかったのが東武鉄道の谷塚駅に着いたとき。草加の一つ手前の駅です。

その後北東北東と思い走ってるとどうも併走している高速の道路標識がおかしいことに気付きました。(なんか松戸とか銀座とか書いてる)
そこでセブンイレブンに立ち寄り地図を確認することに。
どうやら大幅に東にずれているらしいということと、目的地に行くにはまず春日部にいけば良いということを把握し、再び行軍開始。この時点でだいたい0時過ぎです。

んでもって春日部についたのが1時45分くらい。
タクシー待ちの行列を見ながらチャリを飛ばし、目的地姫宮についたのがちょうど2時くらいでした。丑一つ。

姫宮



姫宮神社(村社・延喜式内論社)

御祭神:多紀理毘売命(タキリビメ)・市寸鴨比買命(イチキシマビメ)・多岐都比買命(タキツビメ)
本殿:覆屋の中に流造
由緒:
創建伝承として以下の話が伝わる。天長五年(824)に桓武天皇の孫に当たる宮目姫が滋野国幹に伴われて下総国に下向の途中に当地に立ち寄られた。付近の紅葉の美しさにみとれているうちに、宮目姫はにわかに発病して息絶えてしまった。後に当地を訪れた慈覚大師円仁が、姫の霊を祀り姫宮明神としたのが創建とされている。
その他:
姫宮古墳群がある。境内社の八幡社付近は周囲より2mほど高く、姫宮神社本殿も1mほど高くなっており、古墳の上に立てられたとみられている。
この神社の分祀である柏市の姫宮神社では姫様が着ていた籠目、椿の柄、黒塗りの下駄、椿は屋敷に植えないなどの禁忌があるそうなので、この神社にもあるんだろうと思う。


実に素朴な神社でした。
境内入り口にはかっこいい両部鳥居があったようですが、行ったときには創建工事中でした。
さすがにゾクゾクしました。

姫宮拝殿

普通に参拝して普通に退出。



さて、帰り道です。
来るまでに4時間かかったので、帰り道を間違わなければ3時間で帰れるだろうと踏んでたんですが、南西に向かうべきところをいきなり道を間違えて北西に向かってしまいました。
ていうか埼玉の田舎の道路標識なんて全然わからんわけです。菖蒲町とか白岡町とかって書かれても知りませんって。

とりあえず帰り道は結構厳しかったです。
電池を入れたはずのライトはいつのまにかつかなくなってるし、東北自動車道下の歩道は道がめちゃくちゃ悪いし、で集中を切らすことができませんでした。途中、東北自動車道に併走する前から荒川手前まで30km以上道なりの場所もありました。


結局おうちについたのは6時5分。
結局行き4時間、帰り4時間でした。初めは往復5時間くらいで帰ってくる予定だったのに・・・。見通しが甘すぎました。
途中のコンビニで目が血走ってて顔色が土色だったんで自分でびっくりしてしまいました。

で今日googlemapで距離を測ってみたら118.32kmだそうで。実際には120kmを超えているでしょう。
ちなみに自宅から直線距離で120kmですと軽井沢とか富士市あたりです。甲府も水戸も前橋も宇都宮も超えてしまいます。

姫宮行程



その後ぐっすり眠り、今は手首が痛いです。
今回は結構過酷だったのでもう埼玉に自転車で行くことはないでしょう。

終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。