スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチ天国とシネマ地獄のパラダイスコード

約1年ぶりにビデオ借りて見ました。
次の3本。

黒澤明 監督「天国と地獄」
ジュゼッペ・トルナトーレ 監督「ニュー・シネマ・パラダイス」
ダン・ブラウン 原作「ダヴィンチ・コード」


まず、ダヴィンチコードは面白かった。5点満点で3点。


でニュー・シネマ・パラダイス。
これはすごく良かった。5点満点で4点以上。

だいたいのストーリー
内容は大まかに3部に分けられるんだけど、一貫して舞台はイタリアシチリア島の小さな町と、その町唯一の娯楽である映画館。映画好きなトトことサルヴァトーレ・ディ・ヴィータ少年と映画技師のアルフレードの話に始まり、青年トトの恋愛の話、そしてアルフレードが亡くなったとの知らせを受けて30年ぶりに故郷に帰った話。

ん~、面白そうに書けない。
感動ほどお高くなくて感傷よりは中身がある。
良い映画を見たい人、クリスマスでレンタルビデオでもみたいカップルなどにお勧めです。

イタリア公開版(155分)と海外公開版(123分)と完全オリジナル版(173分)があって、今回見たのは最後のやつ。
確かに切り貼りすればわかりやすい感動ものになるな、と感じたけど、とりあえずカットはしない方がいいと思います。


ちなみにこの映画のサウンドトラックはかなり有名で、テーマともいえるCinema Paradisoは名曲です。中学の時からこの曲だけは知ってて好きだったんだけど映画見てなかったんで今回良い機会だと思って見ました。



で「天国と地獄」。
この映画を見たきっかけは今年の初めに聞いた元産業再生機構COOの冨山和彦さんの話。
冨山さんは「昭和の30年代の現実というは決して『三丁目の夕日』のようなものではない。このころ作られた『天国と地獄』という映画が本当の日本だ」とおっしゃられてました。
なんで見なければと思って1年弱たち、ようやく見ました。

で、見てから結構前にやってた黒澤明に関するテレビ番組で取り扱われていた作品だったと気付いた。ある一シーンを撮影するために民家の二階をぶち壊したって内容。かなり重要なシーンなので監督も気合いが入ってたんでしょう。


さて、内容は身代金誘拐事件という言葉で言い表すことができるんだけど、それだけなら「天国と地獄」なんてタイトルにはならない。
あらゆる点で天国と地獄という対比がある。被害者と犯人、犯人とさらに恵まれない人、被害者の昔と今そして未来、被害者と被害者の周囲の人間など。
あと、俳優についても見てて迫力があった。演じている感は感じない。自然に作品上で描かれる喜怒哀楽は登場人物のものとして見ることが出来ました。
至る所で描かれるこの時代の日常についても、これがこの時代の風景だったんだと受け入れられるものでした。




と、この後いろいろと冨山氏の話題にもどっていろいろと考えながら書いてたんだけど、収集がつかなくなったので続きはまた改めて書きます。

冨山氏が話したセミナーが今年もある(1月5日)ので一緒に行く人募集中。
俺はもう申し込みました。

『“大混迷2009年の政治経済”〜竹中チーム始動”〜 at アカデミーヒルズ』
http://policywatch.jp/event_announcement_20090105/

さて、燃えるゴミを出さねば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。