スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tigerおこぜニューイヤー

おこぜって虎魚と書くらしい。

皆様新年あけましておめでとうございます。

私は今香川に帰省しています。
国試の勉強に専念するつもりが、お正月を満喫し、体重ばかりが増えています。
てかうどんうまい。


書きたいことは山のようにあるけど、勉強が思うように進んでいない後ろめたさから日記からも遠ざかってしまいます。
卒業にも進学にも全く影響を及ぼさない歯科医師免許だけど、とっといて損はないし、大学で学んだことを形にするというのも重要なこと、というのはわかってるんだけど、どうも気が散っちゃいます。
おいしいご飯と新生活への期待が頭の中を飛び交ってる状態。

とりあえず香川は早めに切り上げて京都で部屋をさくっと決めて先生方にご挨拶して、残りの時間がっつり東京で集中予定です。
まぁこんな予定たててる事自体が気が散ってる証拠だわ。



さて、初詣は毎年恒例の高校時代の友人4人でいってきました。
31日の23:30くらいに出発したんだけど、満月で結構明るいし、空気も澄んでるしでなかなかの初詣日和。
まずはじめに4人のうち2人の家が所属する神社に行き、この神社の拝殿前で年越し。
高松市鶴尾地区の氏神である鶴尾八幡神社。特に知名度があるわけではなく小規模な神社だけど、石積式古墳が点在する峰山を背景になかなかの堂々とした佇まいで、深夜にもかかわらず地域の参拝客が結構集まっていた。
wikipediaで調べるとなんと創祀は806~809年で、境内には古墳時代前期の古墳があり、出土品には国の重要美術品になった鏡も含まれるそうな。
式内社にも式外社にも含まれていないが、古代より脈々と祀りが続き、現代でも大切にされてる様でちょっとうれしいです。なんでだろね。


で、甘酒を頂いた後、山を越え、すり鉢谷を超えて高松の氏神さん、石清尾八幡宮へ。
1時前だったがさすがに人が多い。拝殿前に大階段があるんだけど、それまでに100mほど並んでいた。人出としては讃岐一宮である田村神社と同じくらい。
拝殿にいくまでの行列の途中には2つのテントが張られ片方ではうどんを配っていて、片方では謎の巨大虎の張子と謎のおばちゃんがいた。

はりこ

参拝をすませた後は近くに張られていたテントで甘酒とぜんざいをいただく。他に鏡開きの餅や生姜湯、御神酒などが配られていた。

その後ガストでだべって解散。
だれかが結婚するまで続ける予定。


そういや全然話題は変わるけど最近周りで結婚する人が出てきた。
いや、出てきたどころじゃなく多い。
はよ相手見つけななぁ・・・。
その前に国試やな。
だけど、さらにその前に飲みが3件控えてたりする。
いろいろなところで勉強するのも刺激があって実に楽しいことだけど、故郷に帰って懐かしい友人と話をするのはまた格別に楽しい。
やっぱり土地と人を含めて香川が好きなのでした。

終わり。

いぬ

うどんや「さか枝」にいた犬。
可哀想との意見もあるが、端で見ている人間様としては実にほほえましかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。