スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクキャンセル

先日MP3プレーヤー買いました。
SONYのWALKMAN、32GB。

mp3.jpg

初めてのノイズキャンセリングだったんだけど、これはすごい。
機能をONにした瞬間に周りの音が一気に低くなる。
「周りの音をオーディオでで低くする感じ」
というのが正に的を得た表現だと思う。
かなりいんでおすすめ。

ただ、楽曲管理はイマイチ。
アルバムのアーティストの名義と曲ごとのアーティストの名義をわけられない。で、この転送ソフトや本体でどちらが使われるかというと曲ごとのアーティスト名。
つまり、アーティスト名でアルバム検索するとコンピレーションはもちろんのこと、曲ごとに演奏者が違ってたり、表現が違うだけでもう分割されまくり。

あとDB作ってるgracenoteにいいたけどアーティスト名くらい統一してほしい。カタカナ英語、大文字小文字、その他いろいろ。同じアルバムの中ですらバラバラ。
でくそ重いX-アプリで3時間くらいかけてアーティスト名をシンプルに修正。
更新されるのはX-アプリ上だけかと思ってたらWMも大本のファイルの情報も更新されてた。前のままじゃ使い勝手が悪すぎるから仕方ないけどここはなんとかしてほしいわ。





さて、最近なかなか書けなかった時事ネタでも。

---------------
「鳩山政権」世界10大リスクの5位 米コンサル会社 2010年1月10日22時24分

 【ニューヨーク=山中季広】国際政治上の危険要因を分析している米コンサルティング会社ユーラシア・グループは、今年の世界10大リスクの5位に「鳩山政権」を挙げた。「気候変動」(6位)や「インドとパキスタンの緊張」(8位)などより危険な要因だとした。

 鳩山政権の「官界と産業界の影響力を小さくしようとする政策」が、世界的に見ると高い危険要因になっていると指摘。「参院選で勝つと、今よりマニフェストに忠実な政策を実行しようとして混乱するだろう」と予測した。

 「党の実権は小沢一郎氏が握っている。鳩山首相は選挙指揮が巧みなわけでも、政策決定に強いわけでもない。現政権は年末までもたない可能性が相当あり、ひょっとすると参院選までもたないかもしれない」とも分析した。

 リスクの1位は「米中関係の悪化」、2位が「イランの暴走」だった。
(asahi.comより)
---------------

他のも気になったので本家にもいってみた。

1 - US-China relations
2 - Iran
3 - European fiscal divergence
4 - US financial regulation
5 - Japan:Sweeping political change has transformed Japan from a one-party state to a zero-party state. The country may be set to continue with the post-Koizumi era succession of weak governments, but this time without the benefit of a strong unified bureaucracy to guide policy and with a much more worrisome economic situation. An anti-big business approach threatens financial confidence, deepening economic woes.
6 - Climate change
7 - Brazil
8 - India-Pakistan (no, not Afghanistan)
9 - Eastern Europe, elections & unemployment
10 - Turkey

http://www.eurasiagroup.net/media-center/view-press-release/Top+Risks+for+2010%3A+US-China+relations+tops+;the+list

だそうだ。

japanの部分の全文は見つからなかったのでググるとhttp://teamiwana.seesaa.net/article/137509582.htmlに貼られてた。

昨今の政権交代をSweeping political change has transformed Japan from a one-party state to a zero-party stateと書いてる。two-partyでもone-partyでもなくzero-party。政界再編がおこるとふんでるんでしょう。
で、鳩山首相をHe’s not a skillful campaigner nor an effective decision-maker, and has a scandal of his own around his neckと書いてる。要するに無能ですねってか。
で、鳩山政権は今年中に解散する可能性があり、内部では後継者探しが始まってる。つまり、ポスト小泉時代の安部→福田→麻生と脆弱な政権がまだ続くかもしれないと。それも政策を誘導してくれる官僚もなく、以前よりもずっと不安定な経済状況の中で。

民主党の政策を官僚と経営者達を抑える政策と評価し、現在は連立政権なため実行をためらっている政策も、夏の参院選で民主党が勝利を収めたならばそれらを一気に推進する可能性がある。で、それらは産業界ににも影響を与えるし、それが直接的にも間接的にも財政に影響を与えるかもしれない。要するに日本企業は政治リスクを負ってしまったと。

で、最後はこうしめくくられてる。
For 2010, the greater risk is that Japan might be starting another one.

こわいこわい。
最後の一文は↓みたいなことも考えてもこわい。

小沢・民主幹事長:「永住外国人に地方参政権を」 法案提出要望--政府内に慎重論も
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100112ddm005010126000c.html


で現実にどうなっているか。
本家yahooから各国のインデックスもってきてエクセルでグラフにしてみた。



かぶ
(リーマンショック前の9/12を100として先週末まで)


かぶ2
(政権交代前の8/28を100として先週末まで)

dow:米大企業、nasdaq:米新興企業、FT100:イギリス、DAX:ドイツ。上海:中国です。

これまでも決して優れていたわけではないけど、解散前には割と良い位置につけてたのに、解散後他国が上昇するなか下降。11月下旬から持ち直してきてるけどまだ他国に届かない状態。


金がなくては産業も成長しない。
昨年度投資銀行のインターンに行った時に知ったんだけど、主な外資の銀行はほとんど上海やシンガポールに拠点をおいてて日本に拠点をおいてるのはJPモルガンくらい。で、大体日本株はアジア株とは別に置かれていたんだけど、最近はアジア株に含まれるようになってきたんだと。
東京証券取引所も昨年末でとうとう年間売買高で上海証券取引所に負けてしまった。
日本株の保有比率は20%、売買代金に占めるシェアは50%にのぼるともいわれる外国人投資家に見放されるのはかなり危険だろう。

産業が成長しなければ国が立ちゆかなくなる。逆も然り。
日本が抱えている最も大きく最も長期の問題は国の債務。
国債には当然金利があるわけだけど、これは日本のすべての債券金利の基本になってる。なぜならば国は強制力を使って企業から税金を取ることが出来るから、国は国内のどの企業よりもリスクが低いとされる。逆に企業は国よりもリスクが高いため、社債を発行するにしてもかならず国債よりも高い金利を払わなければならない。国債の金利が上がると企業はより多くの利益を金利に充てなければならずそれは当然利益を圧迫する不利な要因となる。
また、国債は発行し続けられない。国債は国内ですべて消化しているから大丈夫かというと、そういうことはない。国債の引き受け手は銀行や生保などの国民の預貯金だけど、これは当然有限。資金循環統計によると2009年3月末でだいたい1400兆円くらい。(2008年3月末は1500兆弱あった)
まだ少しは余裕があるけど、国債発行が増えるということは当然この限られた資金を巡る競争が厳しくなるということを意味する。するとクラウディングアウトっつって民間部門の資金が逼迫する。つまり金利があがる。今は不景気だから金利も低く収まってるけど、好景気になれば企業の資金需要も増す。すると資金供給が逼迫して金利が一気に上昇してしまう。国債も資金を調達するために金利をあげなくちゃいけなくなる。こうなりゃもう終わりだわ。
ちなみに日本国債の信用度を示すCDS(credit default swap)は昨年8月には債務1000万ドル相当に対して3万7000ドルだったのがいまでは6万8650というふうに跳ね上がっている。
つまり財政規律っつーのは今の日本にとってめちゃくちゃ重要ってこと。




もっと書きたいことはあるけど長くなっちゃったしもう朝なので切ります。とりあえず今の政治では日本がこの先どうなるのか全然わからない。
成長戦略はないし、無駄を削ったかと思えば別のところで無駄つくってるし。てか無駄を削るついでに必要なものまで削ってるし。
民主党内で建設的な方が台頭してくれるのを強く望みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。