スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

budroot25

25歳の総括。

21歳総括:http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-26.html
22歳総括:http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-92.html
23歳総括:http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-297.html
24歳総括:http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-778.html



25歳の中で最も大きな位置をしめていたのは病院実習だった。
大学内のスケジュールが一番だったのはこれまでの大学生活でははじめてかもしれない。

3ヶ月毎のメンテナンスの患者さんを含めれば全部で22名の患者さんを担当した。
当然全員の顔を覚えているし、口の中も覚えている。
みなさんいい方ばかりで本当に勉強になった。

ただかなりのストレスがあったことは事実。
指導医同士の治療方針の違いで学生が板挟みに遭う、みたいな何年も前からあるのに加えて、自分の場合は一般的なキャリアを歩まないことが知られていたので「診療をいい加減に思ってるんだろ」的な偏見で無駄に絞られたりもした。実際は学校内でも平均より上でいようと心がけてたし、歯学部のカリキュラムの一部であり学生生活の総括である病院実習をおろそかにする考えはなかった。
あとでそのことでその指導医と話して「勘違いしてた」と聞いた時にはどうしようもなく怒りがこみ上げたが、閉鎖的な環境下の指導医と学生という立場上どうしようもなかった。
てか本人の話も聞かずに他人からの話で勝手に偏見持ってそれを態度にしめすって教育者としてどうのなのよ。

愚痴というより恨み節ですわ。
まぁもう終わったことだけど。




話はもどって5月には京大の研究室訪問。
大学院説明会+研究室訪問の前日に京大病院の研修医説明会があったので両方参加した。そこで研修医の生活に自分にとっての意義と魅力を見出せなかったことと、研究室の教授に自分がしてきたことと興味を持っていることを語って「普通はまずは臨床経験積みなさいっていうけど、あなたはそのまま進んだ方がいいかもしれませんね」という言葉を頂いたことが決定打となり大学院に進むことを決意した。


4週間の夏休みにはjazz研とアメフトの合宿が終わって9月。
突然の父の死。
58歳。急性大動脈乖離。
はじめに聞いた時は血の気が引いたが、後のことに関しては冷静でいられたように思う。
自分の中でこれまでに想像していたほどの動揺や混乱はなかった。医学、医療を学んできたからなのか、実家を離れて一人暮らしをしていたからなのか、自分の中の父の影響力が小さくなっていたからなのか、なぜなのかはわからない。
今後は母を香川に残しているので孝行したい。



この後、お茶祭やアメフトのシーズン、病院実習のラストスパートなどと平行して院試の勉強をして無事合格。定員141人に対して出願が200人弱なので元々倍率が高いわけじゃないが素直にうれしかった。

そして病院実習が終わった後は怒濤の国試勉強。
私立大の人は4月から、国立でも夏か遅くてもでも秋には始めてるのに12月中旬になってしまった。
国試をなめてたのと、モチベーションが上がらなかったことと、余裕がなかったことが重なってのことだったんだが、どうなることやら。



国試が終わってからは溜まっていたストレスを解放すべく自分の興味をもっている分野の勉強と人と会うのと神社巡りとその他美術館行ったりDVD見たり三昧。
楽しい。京都が楽しみ。引っ越ししなきゃ。お金がない。
の日々。




自分はこの一年でどう変わったか。
今年は何をするか。


一番の大きなのは目の前の勉強に対する位置づけ。
これまでの勉強はゼロベースの一学生という立場で社会の様々なことを勉強し、色々なキャリアを模索してきた。しかしここで博士課程というキャリアが決定し、自分の専門ができることになった。これはもはやモラトリアムではない。
専門ができたからには専門家にならなければならない。また、博士課程にすすむからには自分で新たな価値を生み出せるようにならなければならない。
そしてキャリアももはやゼロベースで何でもというわけにはいかない。このまま中退せずに卒業するとすれば学歴的にも年齢的にも進むことができるキャリアは限られてしまう。
つまり自らのキャリアに合った勉強、自らの進路に合った勉強というものを意識しなければいけない。もうoutput無しにはいられない。
「医療を産業として発展させたい」という大きな目標は変わらないのでこれまでの勉強、経験をこの目標に対する具体的なoutputに落とし込んでいきたい。
あとmixiは知識の整理と思考の記録に良いのでもっと日記を書ければと思う。





今年度、つまり25歳で7年間の東京での生活に区切りをつけ、京都という新しい環境で時間を過ごすことになる。
ふらふらといろいろな場所や分野で大学生活を送っていた自分が、1つの場所で自分の興味に突っ走ることになる。とにかく楽しみだ。
この26歳も実りある一年にして着実に自分の中に積み上げていきたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まず、卒業、お誕生日、新生活開始、全てにおめでとうございます。
いろいろあったんですね。
これからも頑張って下さい。応援してます。
私も既にいろいろ憤慨ですが、自分に集中しよう。
プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。