スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきまとめ2

考えを書き留めるというのはすごく良いことだと思ってます。

つぶやきのまとめ(前回の日記)
http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-811.html


4/21
---------------
病院は内面的な意味で本当に非営利なのだろうか。俺はそうは思わない。医師、歯科医師の歩合のアルバイトなんかはその典型で、法律的な解釈をぜひ詳しい人に聞いてみたい。
病院の非営利性を担保するために現状で株式による資金調達と利益の配当の禁止という規制がかかっているが、医師や歯科医師の歩合性アルバイトは営利のインセンティブが働く利益の分配ではないのだろうか。
さらに病院が営利企業ならば不採算医療から撤退して儲かる事業だけやるといわれることもあるが、現状の病院も不採算部門から撤退しているという事実がある。
結局のところ営利だろうが非営利だろうが、さらに外的に公共性があろうがなかろうが、民間人による民間事業主体なんだから営利性を排除することなんて不可能。中医協でも医療者側は常に理屈をつけて医療費を増やすことを要求する。そういうインセンティブがあるんだから仕方がない。
---------------
病院経営への株式会社の参入という問題がある。
医療業界でいえば株式会社参入=市場原理であり=アメリカ医療ということになってる。
株式会社というのは資金調達の方法であり、組織ガバナンスの方法であるのだからいささか論理の飛躍であって、その間の考察を行ってるものは見たことがない。
現状で民間病院の98%は民間人が持ち分を持つ社団であり、配当こそないものの病院が儲けることでキャピタルゲインを得ることが出来る。そして役員には定額の役員報酬とは別に役員賞与を出すことも出来るし、従業員は売上げなどに連動した歩合給にすることもできる。開業地や診療科目は自由。経営者はベッドがあれば患者を入れようとするし、診療報酬が高ければ高い治療をすすめるわけです。何よりreguratorの方も診療報酬のインセンティブを使って診療行為の政策的な誘導を行ってるし。
つまり現状で病院の非営利性に関してはスカスカの穴だらけなわけで有名無実もいいとこ。医療の美徳を高らかに謳ったところで現実には勝てません。そしてなによりガバナンスシステムがいけない。外からは病院経営がどのように管理され、執行されてるのかさっぱりわからない。
こういう中途半端なものよりも委員会設置会社あたりに手を加えた形に限定して株式会社化を認めて公に病院のガバナンスに参加する仕組みを作った方が「真っ当」な組織になると思う。
株主が病院の使命を放棄して利潤に走る恐れがあるというのなら公益に関する監査人をつけるなり配当の基準をつけたらいい。
そもそも日本は会社は株主のものではないという風土なんだから案外なじむかもしれない。



4/21
---------------
社会人なら必ず所属があり、意識無意識に関わらずポジショントークを行う可能性がある。もしくは自らの所属以外のことを知らない無知。 社会のことを勉強するならなるべく多くの立場を知り、多くの人々の考えを聞く必要があるな、と思った今日。まぁあたりまえのことなんだけど書きながら再確認。
---------------
前のつぶやきに関連して書いたもの。
医療業界の人の株式会社参入に関しては、社会のためというより、自分達の利益を守るため参入障壁を高くするというポーターの教えに忠実に従った業界の競争戦略という見方をした方が納得がいくかもしれない。
自分がこういう風に医療業界を見れるようになったのも医療業界の外で勉強したから。市場のことも政策のことも在る程度見れるのはそれぞれ興味をもって勉強し現場をみてきたから。逆に勉強しなかったら物事をみても頭の中で連鎖することはないし、物事に対する考察も変わってくる。実際自分も社会のとらえ方は全く変わったし、歯科業界に対する見方も変わった。
これも学生が社会の中で特有の中立の立場であり、それが貴重なことであることを意識してたからであり、社会人になればいろいろなものが自分に付属して自由に動くことができなかっただろう。
ちなみに今の自分も自分の望む社会があり、その道を選んでしまったので、その意味でポジションがあります。「今後病院の資金調達は銀行融資以外の広がりはない」などという考えは受け入れたくない。
なぜならば所属ができることでその人のインセンティブができるから。一般の社会人は給料というインセンティブを与えられている。その源泉は競争であり、競争主体の政治がある。
話が飛んじゃったけど社会は事実の数よりもはるかに多い価値判断が折り重なってできていて、一つや二つの価値判断じゃ社会はわかんないってこと。




4/23
---------------
漠然とした問いに対する解答にMECEは必須だなと。数学だと問われてなくても場合わけするのに、社会問題に対する議論では視点がどうしてもミクロになりがち。
---------------
数学と違って社会はすごく物事が複雑だからMECEにするのも難しいけど、だからこそMECEにできればそれはもう問題を理解したにも等しいんだよね。
ただ問題を理解することと、その結果を実行して解決に至るのはまた別の問題なんだけど。




4/23
---------------
医科歯科と京大の差を思い知ったのは学生証。電子マネー機能がついてて生協で利用できるんよね。すげー。
---------------
やっぱインフラが違うわけですよ。学食のメニューも多いし、値段も割安。医科歯科なんて医療系大学のくせに学食のメニューは揚げ物ばっかだったもんなぁ。




4/24
---------------
久しぶりに山登ったらびっくりするくらいふくらはぎが張ってるわ。ブランク恐るべし。
---------------
京都の山の代名詞、大文字山に登ってきました。
daimonji.jpg

いくつかルートはあるらしいんだけど、直線距離で一番近いルートをとったらなんかすごい道だった。5m先の道はわからないけど1m前の道ならわかる、という道。しかも結構な勾配。山歩きはわりと慣れてる方だと思うけど楽しめました。

で大文字からの眺めが下
kyotoue.jpg


盆地を囲む山がほとんど同じような標高だからまるで箱庭のようでした。
かなり良い眺めだし、いい運動になるので季節毎くらいには登ろうかと思います。

ちなみに火床と右だれの部分。
migidare.jpg








続きはまた次回。


---------------
※ なお、ここに書かれている事はすべて私個人の見解であり、所属する組織・その他関係機関とは関係ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。