スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきまとめ3

京都って良い天気の時は本当に最高なんだよなぁ。


つぶやきまとめ1:http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-811.html
つぶやきまとめ2:http://udnkui.blog50.fc2.com/blog-entry-812.html



4/24
---------------
日本を含め、世界中が首を傾げるPM。落ちつくとこに落ちつくよねと思ってたらもうひっくり返してた。

>『米紙の普天間報道「事実ではない」 首相、現行案受け入れを否定』
>
> 鳩山由紀夫首相は24日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)
>移設問題に関し、岡田克也外相が23日のルース駐日米大使との会談で
>現行案(沖縄県名護市辺野古沿岸部への移設)を大筋で受け入れると伝
>えたとの24日付米紙ワシントン・ポスト(電子版)の報道について
>「事実ではない。辺野古の海が埋め立てられるのは自然に対する冒涜
>(ぼうとく)だ。現行案が受け入れられるなどというような話はあって
>はならない」と否定した。
> ただ、岡田氏とルース大使の会談があったという事実は認めた。視察
>先の群馬県大泉町で記者団に答えた。
---------------
結局ほぼ現行案てとこを見ると、かなり強気のこの台詞は本当に蚊帳の外だったってことか?




---------------
この問題って米ロに中という第三極が台頭してきた火薬庫に北という導火線をかかえたバランスオブパワーの最前線に駄々をこねる平和ボケの坊ちゃんが混ざってるイメージ。
すくなくとも安全保障上日本はアメリカの保護下にあるんだから家賃だけは入れてる居候状態。「だったらもう保護してやんないから自立して」といわれる可能性はないのだろうか。
まぁ現実では先ほどのバランスオブパワーの最前線であるし、日米関係もあるからないんだろうけど、それくらいのシリアスな問題だと思ってる。 なにしろ中国も北朝鮮も日本一国の手には負えないだろうし。
結局のところバランスオブパワーの最前線という言葉が意味するところはどっちかを選ばなければいけないということ。具体的にはアメリカと中国。この問いに中国と答える人がどれだけいるだろうか。どっちにしろどちらにもつかず主張さえすればポジションを得られる状況にはない。日本はアメリカや中国よりも弱いんだから、その現状の環境に不満を言うのではなく、その中でベストを尽くせばいい。とりあえず足を引っ張ってるだけの現状は日本に利はないと思う。
トップマネジメントの関係悪化の影響はこの問題にとどまらない。外交上の問題なんて大抵価値判断に関わる問題なんだから信用関係が損なわれることは大きな損失に繋がるだろうに。それこそこの問題の解決策こそ政権交代することだったりする。
なんてこと思いつくまま書いてみたけど、マイミクに外交の専門家が二人もいるもんだから恥の垂れ流しですわ。
---------------
実にまとまらない文章。
ま、いいや。つぶやきだし。
安全保障のこの問題もすべては現在の日本がzero-party stateになってしまってることに起因するんだろう。政権をとった民主党が政権政党の体ををなしておらず、各々が好き勝手放言して責任のある決定ができない。
結局は実務上の案は落ち着くところに落ち着くのだが、一度かき混ぜた澱は早々簡単に落ち着くものではなく、ますます日本における政治の持つ力は弱まっていくんだろう。
違った視点だと辺野古の保証金についてもそう。これについては定期チェックしてるblogをみてなるほどと思った。(http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/diary/201004190000/
町への経済支援や住民への保証金も含め、前と同じになったんで前と同じでお願いします、という訳にもいかない。なにしろ世論が反対方向に動いてしまったから。これは名護市としては強力な交渉材料になる。財源は税金。直接の利害関係者でなくともしっかりと割をくう羽目になるわけだ。
9ヶ月の空白は実に高くつきそう。



4/26
---------------
昨日京大と府立医科の研修歯科医の合同飲み会を主催してしまった。いやぁやっぱ面白いね。
ちなみに9割西日本出身でした。ただし愛知は中央とカウント。
---------------
これ間違いで愛知を中央とカウントすると8割でした。出身地別ね。
大学は北大、北海道医療大、昭和、神奈川歯科、愛知学院、阪大と医科歯科。参加者は府立4人、京大5人と俺。
やっぱ研修医の始めの方って暇みたいね。
やたらエプロンつけたりライト当てたりするのがやたらうまくなるみたい。
今年度中にあと3~4回は開催するつもり。




4/27
---------------
の、のれん…
---------------
病院の資金調達を考える上で、病院自体の価値評価は欠かせないわけです。のれんってのは財務諸表に現れない価値なんだけど日本の病院の場合は実にやっかいなわけです。
個々の病院によっても違うし、金融機関によっても違うよう。
実際のM&A事例とかで検証できればいいけど公開市場で取引されてないし、債券発行したり格付け取得してたりしてるとこも数えるほどしかないから情報の集めらんない。
むしろこれらの情報の公開をテーマとする方が先なのかもしれないけど、やってる人いるし、あまり面白そうではないんだよなぁ。




4/27
---------------
アメリカでも病院経営はビジネス主導なのかな、という印象。まぁ経営一般に言えることかもしれないけど。
---------------
アメリカも予想してたより論文の数が少ない。市場では結構派手に資金調達してるのに。日本では言わずもがなビジネス主導。




4/27
---------------
久しぶりのissue analysys演習。4日前に確認したがMECEの重要性を再び確認。情報の整理整頓だなぁ。
---------------
切り口の勘をはやく育てたいなぁ。勘を育てるには数かな。




4/27
---------------
「情報」の定義の一つを知り、だいぶ納得した。あえてここに書かずに問題提起してみる。
---------------
原著論文がどれか特定できなくて日本語訳になっちゃうんだけど、Claude Elwood Shannonという人の定義
「不確実性を減ずるもの」
だってさ。
この人は電気工学者でもあって数学者でもある人で、実際は数学的に証明をしてるらしいんだけど、このシンプルな定義は感覚的にも実に据わりが良い。
ちなみにこのShannonという人、デジタル回路の創始者で、その論文を書いたのは修士論文だと。「今世紀で最も重要で有名な修士論文」らしい。その他も業績多数。
すげー。







つぶやきのまとめ、そろそろいいかって思い始めてきた。
まぁ残りは気が向いたら日記にでも書きます。

今日は何勉強しようかなと。


---------------
※ なお、ここに書かれている事はすべて私個人の見解であり、所属する組織・その他関係機関とは関係ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。