スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISTA

さて、VISTAだけどwindowsじゃないものってなんでしょう?


後輩の日記を見て興味をもった帚木 蓬生(ハハキギ ホウセイ)著の「アフリカの瞳」という本を最近読み終わりました。
その後輩はこれを映画化してみたいらしい。

ちなみにこの著者は東大文学部仏文科卒業後TBSに入社して、その後退社して九大医学部に入り現在精神科医と小説家という異色の経歴の持ち主。


テーマはアフリカのエイズ渦。
主人公は現地のタウンシップで働く日本人医師。
トピックは先進国巨大ファーマの治験とエイズ渦に対して現地政府によって作られたきかない薬。

最後は笑いそうになってしまったけど今後大きく広がりそうな問題をよく取り込んだ良い本だと思う。


全世界のエイズ患者3860万人のうち3分の2がアフリカに集中している。ちなみに日本は1000人ほど。
エイズに対する治療法は確立されているとはいえず、治療費も高額になる。
といわれてもピンとこないと思う。

この本の中に「あと5年生きられるなら子供が1人で生きられるようになる」という描写がいくつかあった。
USAID(アメリカ国際開発庁)は、南アフリカはエイズ渦により平均寿命が2002に48.4歳であったものが2010年には36.5歳まで落ち込むと予想している。ちなみに90年から95年の平均では61.7歳。
http://www.usaid.gov/our_work/global_health/aids/News/lifespans.html
人生80年といわれ、家族にじいちゃんばあちゃんがいる日本と比べるとよくわかるのではないかと思う。

また、作品中にもでてくるんだけど、いまでこそ撤回しているもののアフリカ政府は近年まで「AIDSはHIVによって起こるのではない」というスタンスをとってきていたそうだ。

コンドームを普及させようとしても貧困のためにコンドームをかえなかったり、主要な宗教であるカトリックが避妊具の使用を認めなかったりでなかなか普及しないらしい。


しかし希望もあるようだ。
ファイザー元CEOのハンク・マッキンネル氏の本で知ったことだけど、ウガンダは1991年にHIV感染率15%になったのをピークに2001年には5%まで低下したそうだ。
これはヨウェリ・ムセベニ大統領の功績が大きい。
医療従事者を訓練するインフラを整備し、国民に対しては一夫一婦制を説き、若年層に対しては性行為の自制を訴え、そしてハイリスクグループに対しては最後の手段としてコンドームを提供したそうだ。そしてキャンペーンを学校や境界、地域のセミナーや各種マスコミで広げただけでなく、宗教とも連携して取り組んだらしい。(ファイザーがこれらに協力したことも一応書いておく)



しかし、ポストBRICsというわれるVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)の一角である南アフリカ。
アパルトヘイト時代の名残としてタウンシップが残り、成人の約20%がHIV陽性であるということを知ってしまうと甚だハテナが頭の中に浮かぶんよなぁ。

尤もBRICsもまだ発展の段階に在って、都市部を除いて貧困が渦巻く国だから、その次世代と言われている南アフリカの現在の姿に対してハテナが浮かぶのは仕方ないんだろう。日本だって平均寿命が40歳を越えたのは大正時代の話だ。

とりあえず最近よく目にする格差社会という言葉は日本のような国に対して使うのではなくこういう国に対して使うんだと思います。社会的に上層にいる人間が変わらなければどうあっても階層間の移動はおこらないし、下層の人間が救われることも無い。



うむむ、巨大な製薬企業のこととか南アと製薬企業の裁判のこととかも書きたかったけど今日はjazz研卒業ライブなんで寝ます。


あ、この「アフリカの瞳」、新品のがあるんで欲しい人がいたら2日以内に連絡くれればただであげます。
amazonで注文して届くまでに本屋で見つけたので買ったら思いのほか早くにamazonから本が届いた(2~3週間とあったのに5日で届いた)のでまだ封もあけてないです。
なんか返品するのもめんどくさいし、配送料損した感がするんでいっそのことあげます。誰もいなければ母校に寄付しちゃいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

udnkui

Author:udnkui
香川県出身。
京大大学院の博士院生。医科歯科卒。jazz好き。神社巡り好き。独学での法律、政治、経済、経営等社会科学の基礎知識と国会議員、外資投資銀行(米・英・欧)、学際系研究室などでのインターン経験があります。
興味事項:社会、科学、自然、芸術
日々精進してます。

注意事項


Twitter
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。